Getting Started with Amazon FreeRTOS

迅速に開始するには、Amazon FreeRTOS の機能がサポートされているハードウェアを、Espressif、Microchip Technology Incorporated、NXP Semiconductors、STMicroelectronics、Texas Instruments などのプロバイダーから入手します。すぐに開始したいがハードウェアをお持ちでない場合は、Amazon FreeRTOS Windows Simulator をご利用いただけます。

準備ができたら、Amazon FreeRTOS コンソールでユースケースに該当するライブラリを選択し、オペレーティングシステムのカスタムダウンロードを入手します。コンソールによりプロセスが案内され、すぐに開発を始めることができます。

Amazon FreeRTOS は GitHubSourceForgeFreeRTOS.org から入手することもできます。これにはすべてのライブラリおよびハードウェア固有のポーティングレイヤーが含まれ、ダウンロード後にユースケースに基づいて選択または削除できます。また、スタンドアロンの FreeRTOS カーネルには、これらすべてのチャネルからアクセスできます。

Amazon FreeRTOS はオープンソースで、あらゆるソースコードライブラリを自由に拡張、変更、削除できます。

簡単で実践的な入門ガイドをご覧ください。

Amazon FreeRTOS の開始方法

サポートされているハードウェア


ESP32-DevKitC と ESP-WROVER-KIT

ESP32-DevKitC は、Espressif によって製作された小型の ESP32 ベースの開発ボードです。ESP-WROOM-32 または ESP32-WROVER モジュールの 2 種類があります。

ESP-WROVER-KIT は Espressif が製作した開発ボードで、LCD、MicroSD カード、USB JTAG インターフェイスをサポートしています。ESP-WROOM-32 または ESP32-WROVER モジュールの 2 種類があります。

ハードウェア別の入門ガイドを参照して、すぐに使用開始できます。Amazon FreeRTOS は、これらのキットでイーサネット、Wi-Fi、OTA 更新をサポートしています。

Espressif

Curiosity PIC32MZ EF Amazon FreeRTOS バンドル

このバンドルでは、Curiosity PIC32MZ EF Development Board が採用されています。この開発ボードは、完全統合型 32 ビット MCU 開発プラットフォームで、415 DMIP で動作する高性能 PIC32MZ EF を搭載し、2 MB フラッシュ、512 KB RAM、内蔵 FPU、暗号アクセラレーター、豊富な接続オプションを備えています。ハードウェア別の入門ガイドを参照して、すぐに使用開始できます。Amazon FreeRTOS は、このバンドルでイーサネット、Wi-Fi、OTA 更新をサポートしています。

Microchip

LPC54018 IoT モジュール

LPC54018 は MCU ベースの IoT モジュールで、Wi-Fi によりシームレスに AWS と接続できます。ベースボードと組み合わせて迅速なプロトタイプ作成が可能な高性能 MCU プラットフォームです。ハードウェア別の入門ガイドを参照して、すぐに使用開始できます。Amazon FreeRTOS は、このモジュールでイーサネットと Wi-Fi をサポートしています。

NXP

STM32L4 ディスカバリキット IoT ノード用

B-L475E-IOT01A ディスカバリキットは、設定なしで AWS をサポートしています。WiFi®、BLE、サブ GHz 帯無線、NFC、マルチウェイセンシング、超低消費電力 ARM® Cortex®-M4 コアベースの STM32L475 が搭載され、さまざまなアプリケーションに最適です。ハードウェア別の入門ガイドを参照して、すぐに使用開始できます。Amazon FreeRTOS は、このキットでイーサネットと Wi-Fi をサポートしています。

STMicro

SimpleLink™ Wi-Fi® CC3220SF Wireless Microcontroller LaunchPad™ 開発キット

SimpleLink™ Wi-Fi® CC3220SF LaunchPad™ 開発キット (CC3220SF-LAUNCHXL) は、シングルチップワイヤレスマイクロコントローラー (MCU)、CC3220SF を搭載し、1 MB の Flash、256 KB の RAM、高度なセキュリティ機能を備えています。CC3220SF-LAUNCHXL にはオンボードエミュレーションとセンサが搭載され、設定なしですぐに利用できます。ハードウェア別の入門ガイドを参照して、すぐに使用開始できます。Amazon FreeRTOS は、このキットでイーサネット、Wi-Fi、OTA 更新をサポートしています。

TI

Amazon FreeRTOS の開始方法

icon1

AWS アカウントにサインアップする

開始方法は簡単です – Amazon FreeRTOS コンソールを参照してください。
icon2

ドキュメントで詳細を見る

詳細については、 Amazon FreeRTOS ドキュメントをご覧ください。
icon3

AWS で構築を開始する

Amazon FreeRTOS の機能について詳細は、 こちらをご覧ください。

Amazon FreeRTOS のよくある質問で詳細を確認する

よくある質問のページをご覧ください
始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ