FreeRTOS の開始方法

素早く開始するために、AWS Partner Device Catalog から FreeRTOS の機能をサポートするハードウェアを選択することができます。ハードウェアなしで開始したい場合は、FreeRTOS Windows Simulator をご利用いただけます。

次に、FreeRTOS コンソールを使用して、ユースケースに適切なライブラリを選択することによってオペレーティングシステムのカスタムダウンロードを取得します。コンソールによりプロセスが案内され、すぐに開発を始めることができます。

FreeRTOS は GitHubFreeRTOS.org から入手することもできます。これにはすべてのライブラリおよびハードウェア固有の移植レイヤーが含まれ、ダウンロード後にユースケースに基づいて選択または削除できます。また、スタンドアロンの FreeRTOS カーネルには、これらチャネルのどれからでもアクセスできます。Bluetooth Low Energy (BLE) については、FreeRTOS GitHub リポジトリからソースコードを、GitHub から AndroidiOS のコンパニオン SDK をダウンロードできます。

FreeRTOS はオープンソースであることから、ソースコードライブラリを自由に拡張、変更、または削除できます。

簡単で実践的な入門ガイドをご覧ください。

Amazon FreeRTOS の開始方法

AWS Partner Device Catalog

AWS Partner Device Catalog には、AWS IoT と連動する IoT デバイスがリストされています。このカタログでは、新しいデバイスを構築するための開発キットと埋め込みシステム、そして IoT プロジェクト統合のためのゲートウェイ、エッジサーバー、センサー、およびカメラなどの市販のデバイスを選択することができます。

厳選されたカタログからの AWS 対応ハードウェアの選択は、AWS IoT サービスと連動するように設計されたハードウェアを提供する APN パートナーの専門知識に基づいた構築を可能にし、IoT プロジェクトの展開を容易にするために役立ちます。AWS Partner Device Catalog にリストされているデバイスはすべて、評価、試作、および概念実証を素早く開始するために購入可能です。

AWS Partner Device Catalogで FreeRTOS と連動する IoT デバイスを見つけてください。

AWS Device Qualification Program でパートナーが FreeRTOS 向けに IoT ハードウェアの認定を受ける方法に関する詳細については、こちらをご覧ください。

FreeRTOS の開始方法

Step 1 - Sign up for an AWS account

AWS アカウントにサインアップ

開始方法は簡単です。 FreeRTOS コンソールを参照してください。
icon2

ドキュメントで詳細を見る

詳細については、 FreeRTOS ドキュメントをご覧ください。
icon3

AWS で構築を開始する

FreeRTOS の機能について詳細は、 こちらをご覧ください。

FreeRTOS のよくある質問で詳細を確認する

よくある質問のページにアクセスする
始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ