Amazon FreeRTOS の開始方法

迅速に開始するには、Amazon FreeRTOS の機能がサポートされているハードウェアを、Microchip Technology Incorporated、NXP Semiconductors、STMicroelectronics、Texas Instruments などのプロバイダーから入手します。すぐに開始したいがハードウェアをお持ちでない場合は、Amazon FreeRTOS Windows Simulator をご利用いただけます。

準備ができたら、Amazon FreeRTOS コンソールでユースケースに該当するライブラリを選択し、オペレーティングシステムのカスタムダウンロードを入手します。この手順はコンソールで説明が提供され、すぐに開発を始めることができます。

Amazon FreeRTOS は GitHubSourceForgeFreeRTOS.org から入手することもできます。これにはすべてのライブラリおよびハードウェア固有のポーティングレイヤーが含まれ、ダウンロード後にユースケースに基づいて選択または削除できます。また、スタンドアロンの FreeRTOS カーネルには、これらすべてのチャネルからアクセスできます。

Amazon FreeRTOS はオープンソースで、あらゆるソースコードライブラリを自由に拡張、変更、削除できます。

簡単で実践的な入門ガイドをご覧ください。

Amazon FreeRTOS の開始方法

サポートされているハードウェア


Curiosity PIC32MZ EF Development Board (近日提供予定)

完全統合型 32 ビット MCU 開発プラットフォームで、415 DMIP 動作の高性能 PIC32MZ EF 搭載です。2 MB フラッシュ、512 KB RAM、内蔵 FPU、暗号アクセラレーター、豊富な接続オプションを備えています。

Microchip

LPC54018 IoT モジュール

LPC54018 は MCU ベースの IoT モジュールで、Wi-Fi によりシームレスに AWS と接続できます。ベースボードと組み合わせて迅速なプロトタイプ作成が可能な高性能 MCU プラットフォームです。ハードウェア別の入門ガイドを参照して、すぐに使用開始できます。

NXP

STM32L4 ディスカバリキット IoT ノード用

B-L475E-IOT01A ディスカバリキットは、設定なしで AWS をサポートしています。WiFi®、BLE、サブ GHz 帯無線、NFC、マルチウェイセンシング、超低消費電力 ARM® Cortex®-M4 コアベースの STM32L475 が搭載され、さまざまなアプリケーションに最適です。ハードウェア別の入門ガイドを参照して、すぐに使用開始できます。

STMicro

SimpleLink™ Wi-Fi® CC3220SF Wireless Microcontroller LaunchPad™ 開発キット

SimpleLink™ Wi-Fi® CC3220SF LaunchPad™ 開発キット (CC3220SF-LAUNCHXL) は、シングルチップワイヤレスマイクロコントローラー (MCU)、CC3220SF を搭載し、1 MB の Flash、256 KB の RAM、高度なセキュリティ機能を備えています。CC3220SF-LAUNCHXL にはオンボードエミュレーションとセンサが搭載され、設定なしですぐに利用できます。ハードウェア別の入門ガイドを参照して、すぐに使用開始できます。

TI

AWS の開始方法

icon1

AWS アカウントにサインアップする

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。
icon2

10 分間チュートリアルで学ぶ

簡単なチュートリアルで学習します。
icon3

AWS で構築を開始する

詳細手順のガイドで構築を開始することで、 AWS プロジェクトを開始します。

Amazon FreeRTOS のよくある質問で詳細を確認する

のよくある質問ページを参照してください
始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ