シンプルで直感的に操作できるウェブベースのユーザーインターフェイスから、アマゾン ウェブ サービスにアクセスして管理します。AWS コンソールモバイルアプリを使用して、外出先でリソースをすばやく確認することもできます。

AWS を無料でお試しください

今すぐ無料でお試し
またはコンソールにサインイン

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムなど、AWS の基本的なサポート機能をご利用いただけます。

console_snippet

コンソールでは、お客様の AWS アカウントに関するあらゆるクラウド管理を行うことができます。月間ご利用額をサービス別に見る、セキュリティ認証情報を管理する、新しい IAM ユーザーをセットアップするといったことが可能です。

日本語版も順次提供中!

AWS マネジメントコンソールは、順次日本語版もご提供しています。現在日本語に対応している製品コンソールは以下となります。(2016年2月末現在)

AWS コンソールモバイルアプリ

AWS コンソールモバイルアプリを利用すると、既存のリソース(例えば CloudWatch アラーム)の確認や運用タスクの実行を、モバイルデバイスからすばやく簡単に行えます。AWS のモバイルアプリは、Amazon AppstoreGoogle PlayiTunes からダウンロードできます。

リソースグループを使うと、一般的なタグを共有するリソースのコレクションを表示できます。アプリケーション、サービス、またはよく作業する関連リソースのコレクションに対してそれぞれリソースグループを作成して、コンソールの使用を合理化することができます。

[AWS] メニューを使って、保存した各リソースグループにすばやく移動します。リソースグループは各アイデンティティに固有のものです。そのため、アカウントの各ユーザーは、よくアクセスするリソースや一般的なタスクに対して一意のリソースグループを作成できます。URL を使って、同じアカウントの他のユーザーとリソースグループの定義を共有することもできます。

タグエディターを使うと、あらゆるリージョンのタグをサポートする、すべてのリソースタイプのタグを簡単に管理できます。複数のリソースに一度にタグキーと値を適用します。タグエディターは、グローバルのタグ検索や一括編集をサポートするため、特定のタグを持つリソースの検索や、複数のリソース間でのタグの変更もわずか数回のクリックで簡単に行うことができます。


  • 作成済みの AWS アカウントが必要です。
  • AWS Identity and Access Management(IAM)ユーザアカウントでサインインする場合は、管理者から届いたメールに記載されているアカウントエイリアスを使用します。
  • よくある質問のページに、サポートされるブラウザとプラットフォームの一覧を掲載しています。

AWS マネジメントコンソールをお使いになった感想をぜひお寄せください。感想をお送りいただくには、ログイン後にコンソールの一番下に表示される [フィードバック] ボタンをクリックしてください。