AWS クラウド
まずは無料で始める »

AWS を開始するには、主に次の 3 つの方法があります。

プロジェクトについては日本担当チームにお問い合わせください。

まずは無料で検証を始めたい方、技術的な知識をお持ちの方、AWS のサービスをすぐに活用することを希望される場合は、下記の簡単な手順で始めてください。

AWS サポートには、技術的な課題を解決するためのツールと専門家が用意されています。

お客様が技術的な知識をお持ちではなく、アプリケーションの構築に技術的なサポートが必要な場合は、幅広いエコシステムから日本のパートナーのサポートを受けることができます。

認定 AWS パートナーと協力して、クラウドベースのニーズを解決します。

直接 AWS にお問い合わせが必要な場合は、AWS の日本担当チームまでご連絡ください。

10 分間チュートリアルは AWS を始める際に役立つ簡単な初級技術ガイドです。
はじめての AWS クラウド起動手順では、無料で数分でクラウドソリューションを作成し、実行できます。

10 分間チュートリアルを開始するには、AWS アカウントを取得します。
新しく AWS アカウントを取得すると、12 か月の AWS 無料利用枠をお使いいただけます。AWS 無料利用枠は、サインアップしてから 1 年間、AWS を無料で実際にお使いいただけます。AWS 無料利用枠の詳細はこちら »

AWS アカウント作成を行うには、このリンクをクリックします。
AWS アカウント作成の流れはこちら »

操作手順が詳しく説明されているガイドを使用して、AWS で最初のプロジェクトを構築し、立ち上げることができます。

AWS を使用して、クライアントサイド技術 (HTML、CSS、JavaScript など) を使用し、サーバーサイド技術 (PHP、ASP.NET など) を必要としないウェブサイトをホスティングします。

スケーラブルで堅牢なウェブアプリケーションを AWS インフラストラクチャにホスティングします。

スケーラブルで堅牢なウェブアプリケーションを AWS インフラストラクチャにホスティングし、サンプルの .NET アプリケーションをデプロイします。

Amazon Redshift を使用して、フルマネージド型でペタバイト規模のデータウェアハウスをクラウドで作成します。

サンプルの Amazon EMR クラスターを作成し、Hive スクリプトを実行して、Amazon S3 に保存されているサンプルデータを処理します。

AWS IoT にモノを接続し、モノから送信されるメッセージを処理するルールを作成して、Thing Registry と Thing Shadows サービスを使用してデバイスとのやり取りを行います。

AWS プラットフォームの詳細につきましては、以下の動画をご覧ください。

editorial_wicc_lightblue
2:57
AWS とは?(日本語字幕)
editorial_amazon-ec2_green
4:01
Amazon EC2 のご紹介(日本語字幕)
editorial_storage_yellow
3:16
Amazon S3 のご紹介(日本語字幕)
editorial_products-services_orange
50:41
AWS Services の概要(英語)

制限を超過しないように、無料利用枠の条件をご確認ください。

変動、固定両方のワークロードのコストを最適化しましょう。

Amazon Cloudwatch で、指定したメトリックスの請求アラートや、その他の通知を設定します。

この計算ツールを使って、オンプレミスまたは従来のホスティング環境におけるアプリケーション運用コストと、AWS での運用コストを比較できます。

入門ガイド、製品情報、詳細な API リファレンスなど、各ウェブサービスの資料です。

こちらでは、AWS アプリケーション開発および管理に役立つ主な SDK、IDE ツールキット、およびコマンドラインツールに焦点を当てます。

アーキテクチャ、セキュリティ、エコノミクスなどのトピックをカバーする技術的な AWS ホワイトペーパーの包括的リストです。

AWS クラウドでインフラストラクチャとアプリケーションを設計、デプロイ、運用するためのスキルを高めるためのリソースです。