一元化されたバックアップ管理

AWS Backup には一元的なバックアップコンソール、バックアップ API のセット、コマンドラインインターフェイスが用意されています。Amazon EBSAmazon RDSAmazon DynamoDBAmazon EFSAWS Storage Gateway など、アプリケーションを実行する AWS のサービス全体でバックアップを管理できます。AWS Backup を使用すれば、バックアップ要件を満たすバックアップポリシーを一元的に管理し、AWS のサービス全体の AWS リソースに適用できます。整合性とコンプライアンスを確保しながらアプリケーションデータがバックアップされます。AWS Backup の一元化されたバックアップコンソールでは、バックアップとバックアップアクティビティログが一括で表示されるため、バックアップの監査とコンプライアンスの確保が容易です。

ポリシーベースのバックアップソリューション

AWS Backup を使用すれば、バックアッププランと呼ばれるバックアップポリシーを作成することで、バックアップ要件を定義して、バックアップ対象の AWS リソースに適用できます。特定のビジネスおよび法規制上のコンプライアンス要件を満たすバックアッププランを、別個に作成することもできます。それぞれの AWS リソースを確実にバックアップして保護することが可能です。バックアッププランにより、組織全体、また全アプリケーションにわたるバックアップ戦略を簡単に導入できます。

タグベースのバックアップポリシー

AWS Backup では、タグ付けをするだけでバックアッププランを AWS リソースに適用できるため、アプリケーション全体にバックアップ戦略を簡単に実装し、すべての AWS リソースを確実にバックアップして保護できます。AWS タグは、AWS リソースの整理と分類に最適です。AWS タグと統合されているため、AWS リソースのグループにバックアッププランを迅速に適用し、整合性と適合性を確保しながらバックアップできます。

自動バックアップスケジューリング

AWS Backup を使用すると、ビジネスおよび法規制上のバックアップ要件を満たすようにカスタマイズしながら、バックアップスケジュールを作成できます。一般的なベストプラクティスに基づく、事前定義されたバックアップスケジュールから選択することも可能です。AWS Backup は、ユーザーが定義したポリシーとスケジュールに従い、AWS リソースを自動的にバックアップします。バックアップスケジュールでは、バックアップの開始時刻、バックアップの頻度、バックアップウィンドウを指定します。

自動保持管理

AWS Backup を使用すると、ビジネスおよび法規制上のバックアップコンプライアンス要件に従ってバックアップを自動的に保持または失効させる、バックアップ保持ポリシーを設定できます。自動バックアップ保持管理では、バックアップを保持する期間を限定できるため、バックアップストレージコストを簡単に最小化できます。

バックアップアクティビティモニタリング

AWS Backup のダッシュボードでは、AWS のサービス全体でバックアップおよび復元アクティビティの監査を簡単に実施できます。AWS Backup コンソールで数回クリックすれば、AWS のサービス全体にわたる最近のバックアップジョブや復元ジョブのステータスが表示されるため、AWS リソースを確実に保護できます。AWS Backup は AWS CloudTrail と統合することで、統合されたバックアップアクティビティログが表示されます。バックアップされているリソースとバックアップ方法をすばやく簡単に監査できます。また AWS Backup を Amazon Simple Notification Service (SNS) と統合すれば、バックアップの成功や復元の開始などのバックアップアクティビティについて、自動的にアラートが表示されます。

ライフサイクル管理ポリシー

AWS Backup では、低コストのコールドストレージ層にバックアップを保存してバックアップストレージコストを最小にしながら、コンプライアンス要件を満たすことができます。また、定義したスケジュールに従ってウォームストレージからコールドストレージにバックアップを自動的に移行させる、ライフサイクルポリシーを設定できます。ライフサイクルポリシーの詳細については、ここをクリックしてください。

増分バックアップ

AWS Backup では、定期的なバックアップが増分として効率的に保存されます。AWS リソースの最初のバックアップでは、データの完全コピーがバックアップされます。連続するそれぞれの増分バックアップについては、AWS リソースに対する変更だけがバックアップされます。増分バックアップでは、ストレージコストを最小にしながら、高頻度のバックアップでもデータが保護されます。

バックアップデータの暗号化

AWS Backup では、保管と移行の際にバックアップデータが暗号化されます。バックアップデータを保護してコンプライアンス要件を満たすための、包括的な暗号化ソリューションが実現します。AWS Backup では、AWS Key Management Service (KMS) によって管理される暗号化キーによってバックアップデータを暗号化するため、キー管理インフラストラクチャを構築および維持する必要はありません。AWS Backup データの暗号化に使用するキーは、バックアップのベースになっているリソースの暗号化に使用するキーとは異なります。本番稼働用データとバックアップデータで別個の暗号化キーを使用することで、アプリケーション用の重要な保護レイヤーが得られます。

バックアップアクセスポリシー

AWS Backup を使用すれば、Backup Vault でリソースベースのアクセスポリシーを設定できます。Backup Vault は、バックアップの整理に使用するコンテナです。リソースベースのアクセスポリシーを適用すれば、ユーザー別に許可を定義しなくても、全ユーザーについて Backup Vault 内のバックアップへのアクセスを管理できます。それにより、AWS のサービス全体のバックアップに対するアクセスを簡単かつセキュアに管理し、バックアップコンプライアンス要件を満たすことができます。

Amazon EC2 インスタンスバックアップ

AWS Backup は、カスタムスクリプトやサードパーティーソリューションを必要とせずに、インスタンスレベルで Amazon EC2 のバックアップおよび復元ジョブを自動化します。お客様は、EC2 インスタンス全体を含むバックアップジョブをスケジュールできるようになり、ストレージ (EBS) レイヤーと対話する必要性が制限されます。さらに、単一の復旧ポイントから EC2 インスタンス全体を復元できるため、復旧プロセスが大幅に簡素化されます。

Amazon EFS のアイテムレベルの復元

AWS Backup は、お客様が Amazon EFS ファイルシステムのバックアップから個々のファイルまたはディレクトリを迅速かつ簡単に復元する方法を提供します。AWS Backup を使用すると、ファイルシステム全体を復元することなく、集中管理されたコンソールから個々のファイルをすばやく復元できるため、復旧時間が数日から数時間に短縮されます。

クロスリージョンのバックアップ

AWS Backup を使用すると、中央コンソールから複数の AWS サービスのさまざまなリージョンにバックアップをコピーできるため、コンプライアンスと災害復旧のニーズに容易に対応できます。AWS Backup を使用すると、顧客はバックアップを手動で、オンデマンドコピーとして、またはスケジュールされたバックアッププランの一部として複数の異なるリージョンに自動的にコピーできます。また、新しいリージョンのバックアップから復元することで、顧客はダウンタイムのリスクを軽減し、災害対策とビジネスの継続性の要件を引き続き満たすことができます。

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
料金の詳細を確認する

AWS Backup を使用するのに初期費用はかからず、リソースを使用した分にのみ支払いが発生します。

詳細 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
コンソールで構築を開始する

AWS コンソールで AWS Backup を使用して構築を開始します。

サインイン