AWS Backup では、使用するバックアップストレージの量、AWS リージョン間で転送するバックアップデータの量、復元するバックアップデータの量、バックアップ評価の回数のみを支払うことになります。最低料金および初期費用は発生しません。

製品料金における用語

GB-月: 1 か月あたりの平均バックアップストレージ使用量 (ギガバイト) の測定単位

バックアップストレージの料金

AWS Backup ストレージの料金は、バックアップデータが消費するストレージ領域の量に基づきます。1 か月に請求されるストレージの量は、月全体を通じて使用される平均ストレージ領域に基づきます (GB-月で課金されます)。

* コールドストレージは現在、Amazon EFS、 Amazon DynamoDB、 VMware Backup のバックアップのみをサポートしています。

** DynamoDB のコールドストレージのバックアップは、DynamoDB のアドバンスト機能にオプトインした場合のみ利用可能です。

*** 128 KB 未満の S3 オブジェクトの場合、128 KB のバックアップとしてバックアップの料金が設定されます。S3 バックアップの GB-月あたりの料金に加えて、S3 オブジェクトに対する GET リクエストと、バックアップの作成に必要な EventBridge イベントの料金がかかります。下部の料金の例をご覧ください。

^ オンプレミスの VMware、VMware CloudTM on AWS、VMware on AWS Outposts を含みます。

^^ コールドストレージに移行されたバックアップは、最低 90 日間保持する必要があり、90 日が経過する前にバックアップが削除された場合、その 90 日の残りのストレージ料金が日割りで請求されます。

† EFS、S3、VMware、DynamoDB (高度な機能を選択) のバックアップは、GB-時間単位ではなく GB-日単位で課金されます。これは、これらのリソースのバックアップストレージが 1 日単位で課金されることを意味します。

復元の料金

ある月に課金される復元の量は、該当月に復元されたデータの量に基づきます。 ある月に復元されたデータ量は GB 単位で測定され、これは該当月に実行された復元すべてにおけるデータ量の合計を表します。

* AWS Storage Gateway の AWS Backup サポートは現在 AWS アジアパシフィック (大阪) リージョンでは利用できません。

** コールドストレージは現在、Amazon EFS、 Amazon DynamoDB、 VMware Backup のバックアップのみをサポートしています。

*** DynamoDB のコールドストレージの復元は、DynamoDB のアドバンスト機能をオプトインした場合にのみ利用できます。

^ サポートされる復元ターゲットは、オンプレミスの VMware、VMware CloudTM on AWS、VMware on AWS Outposts です。ソースの AWS リージョンからオンプレミスのゲートウェイ、またはソースのリージョンとは異なる AWS リージョンのゲートウェイにデータを復元する場合、前述のデータ復元料金に加えて、標準的な AWS データ転送 (アウト) の料金を支払います。

† 現在、Item-level restore はご利用いただけません。

†† S3 URI がわかっていれば、個々の S3 オブジェクトを復元できます。

クロスリージョンのデータ転送の料金

月に請求されるクロスリージョンの量は、1 つの AWS アカウント内、または 2 つの AWS アカウントにまたがって 2 つのリージョン間で転送されるデータ量です。データ転送料金は、AWS リージョン外へのデータ転送時のみ発生し、同一 AWS リージョン内の転送は無料です。データ転送料金はデータを転送する AWS アカウントに請求され、バックアップストレージ料金はデータを受信する AWS アカウントに請求されます。

なお、Amazon Relational Database Services (RDS)、Amazon Aurora、Amazon Neptune、Amazon DocumentDB (MongoDB 互換) は、クロスリージョンバックアップとクロスアカウントバックアップをサポートしていますが、同じバックアッププランで両方を行うことはできません。

* AWS Storage Gateway の AWS Backup サポートは現在 AWS アジアパシフィック (大阪) リージョンでは利用できません。
** Amazon DocumentDB (MongoDB 互換)、Amazon Neptune は、サービスが利用可能な AWS リージョンにのみコピーできます。

AWS Backup Audit Manager の料金

AWS Backup Audit Manager は、事前に定義されたカスタマイズ可能なコントロールをお客様に提供し、お客様のバックアップ使用が定義されたポリシーに準拠していることを確認します。AWS Backup Audit Manager の料金は、バックアップの評価に対する料金と、AWS Config で記録された設定項目に対する料金の 2 つの要素に基づいています。AWS Backup Audit Manager では、実際に使用した分のみお支払いいただき、最低利用料金や前払いの義務はありません。

バックアップ評価
バックアップ評価は、バックアップボールトやバックアッププランなどの特定の AWS リソースがコントロールに対して評価されたときに発生します。
 
設定項目
AWS Backup Audit Manager の評価は、AWS Config で記録された設定項目を利用します。これらの評価には AWS Config が必要であり、設定項目は AWS Backup Audit Manager とは別の料金が設定されています。バックアップ評価が実行されるたびに、AWS Config によって 1 つの設定項目が記録されます。さらに、基盤となるバックアップリソースに変更があった場合 (例: バックアッププランの変更やリカバリーポイントの作成など) にも、設定項目の記録に課金されます。 詳細については、 AWS Config の料金をご覧ください。 
* バックアップ評価の料金は、評価ごとに比例配分されます (1 バックアップ評価あたり 0.00125 USD)。

料金の例

  • 例 1: All-in

    Amazon EFS バックアップが米国東部 (バージニア北部) リージョンに保存されるとします。月の 15 日間で Amazon EFS バックアップストレージを 400 GB 使用し、その月の別の 15 日間で 800 GB を使用したとします。月末の時点で、バックアップストレージ使用量 (GB-日) は次のようになります。

    総使用量 (GB-日) = [400 GB × 15 日] + [800 GB × 15 日] = 18,000 GB-日
    GB-日を合計し、30 で割って GB-月に換算します。
    合計 GB-月 = 18,000 GB-日/30 = 600 GB-月
    ストレージ月額料金 = 600 GB-月 × 0.05 USD = 30 USD

    米国東部 (バージニア北部) リージョンから米国西部 (北カリフォルニア) リージョンへ、それぞれ 40 GB のバックアップコピーを 10 回行ったとします。月末に、クロスリージョンのデータ転送使用量と送信先リージョンのストレージ料金が次のようになります (合計 6,000 GB-日です)。

    合計使用量 = 10 回のクロスリージョンデータ転送 × 40 GB = 400 GB
    月間クロスリージョンデータ転送料金の合計 (送信側アカウント) = 400 GB × 0.04 USD = 16 USD
    送信先リージョンでの合計 GB-月 = 6,000 GB-日/30 = 200 GB-月
    月間送信先ストレージ料金の合計 (受信アカウント) = 200 GB-月 × 0.06 USD = 12 USD

    さらに、各 1 GB のバックアップを 10 個復元したとします。月末の時点で、バックアップ復元使用量 (GB) は次のようになります。

    総使用量 = 10 個の復元 x 1 GB = 10 GB
    復元月額料金 = 10 GB x 0.02 USD = 0.20 USD

    続けて、2 つの別々のトランザクションで、それぞれ 100 MB のファイルを 10 個復元したとします。月末の時点で、バックアップアイテムレベルの復元使用量 (GB) は次のようになります。

    総使用量 = 10 個の復元 x 100 MB = 1 GB
    アイテムレベルのリクエスト総数 = 2 リクエスト (1 リクエストあたり 5 アイテム)
    アイテムレベル復元月額料金 = 1 GB × 0.02 USD + 2 リクエスト × 0.50 USD = 0.02 USD + 1.00 USD = 1.02 USD

    最後に、2 つの AWS リージョンで 1 か月間に 1500 回のバックアップ評価を行うとします。また、これらのバックアップ評価により、2000 の設定項目が記録されたとします (バックアップ評価ごとに 1 つの設定項目、基盤となるバックアップリソースへの変更により 500 の追加設定項目)。月末には、以下のような AWS Backup Audit Manager の使用量となります。 

    総バックアップ評価数 = 1500 バックアップ評価 × 2 リージョン = 3000 バックアップ評価
    バックアップ評価のコスト = 3000 バックアップ評価 × (1.25 USD/1000) = 3.75 USD *
    AWS Config による設定項目のコスト = 2000 × 0.003 USD = 6.00 USD **
    AWS Backup Audit Manager の月額料金合計 = 9.75 USD

    バックアップストレージ料金、バックアップコピー料金、およびバックアップ復元料金を合計すると、AWS Backup の総月額料金になります。

    AWS Backup 総月額料金 = 30 USD + 16 USD + 12 USD + 0.20 USD + 1.02 USD + 9.75 USD = 68.97 USD
     
    * この部分は AWS Backup によって課金されます。
    ** この部分は AWS Config によって課金されます。
  • 例 2: AWS Backup for S3

    米国東部 (バージニア北部) リージョンに保存されている 500 TB の Amazon S3 データがあると仮定します。また、S3 バケットには、それぞれ 500 KB の 1,000 万個のオブジェクトがあるとします。AWS Backup を使用して S3 バケットのバックアップコピーを作成したいと考えています。 毎月の TCO は以下のように計算されます。

    ストレージ月額料金 @0.05 USD GB-月 = 500,000 × 0.05 USD = 25,000 USD

    500 TB のバケット内のすべてのオブジェクトで、最大 2,000 万件の EventBridge イベントが発生すると予想しています。EventBridge でマッチしたイベントは、100 万イベントあたり 1 USD の課金となります。

    S3 バケットで想定される EventBridge の最大課金額 = (1 USD/100 万) × 2,000 万 = 20 USD
    ウォームバックアップストレージの月間 TCO 総額 = 25,000 USD + 20 USD = 25,020 USD

    また、2.5 TBのバックアップを復元することにしたとします。

    復元の合計料金 = 2,500 × 0.02 USD = 50 USD

    1 か月あたりの AWS Backup 請求額 = 25,000 USD (バージニア北部のバックアップストレージ) + 50 USD (復元) = 25,050 USD

    Amazon EventBridge の月間請求額 = 20 USD

    合計 TCO = 25,050 USD + 20 USD = 25,070 USD

    S3 オブジェクトの S3 Versioning と S3 GET リクエストには追加料金が発生しますのでご注意ください。

料金に関するその他のリソース

AWS 料金計算ツール

AWS の料金を簡単に計算

エコノミクスリソースセンター

AWS に切り替えるための追加のリソース

開始方法を確認する

AWS Backup の詳細を確認し、シンプルな開始の手順を参照してください。

詳細 
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
コンソールで構築を開始する

AWS マネジメントコンソールで、AWS Backup を使った構築を開始しましょう。

サインイン