Amazon Web Services ブログ

Tag: AWS Well-Architected

AWS Well-Architected フレームワークホワイトペーパー 日本語版の更新

みなさん。こんにちは。アマゾン ウェブ サービス ジャパン 株式会社 Well-Architected リードの高山です。 このたびクラウド設計・運用のベストプラクティス集である”AWS Well-Architected フレームワーク“に関して、最新の日本語版ホワイトペーパーを公開しましたのでお知らせします。このホワイトペーパーは、2018年6月に内容が更新された”AWS Well-Architected フレームワーク “ホワイトペーパー(英語版)を日本語に翻訳したものです。 ダウンロードはこちらから> AWS Well-Architected フレームワーク ホワイトペーパー(PDF) ■AWS Well-Architected フレームワークとは? AWS Well-Architected フレームワーク(以下W-A)は、AWSのソリューションアーキテクト(SA)が、AWSのサービス開始から10年以上に渡り、様々な業種業界、数多くのお客様のアーキテクチャ設計および検証をお手伝いしてきた経験から作成したクラウド活用のベストプラクティス集です。具体的には「運用の優秀性」「セキュリティ」「可用性」「パフォーマンス効率」「コスト最適化」の5つの観点について、クラウドをより活用するための設計原則と、お客様システムがベストプラクティスに沿っているかを確認するための質問と回答で構成されています。 ■AWS Well-Architected フレームワークの活用について W-Aは設計・構築・運用の各フェーズでご活用いただけます。また一度だけではなく定期的にW-Aレビューを実施することで、よりWell-Architected(優れた設計がされた)なシステムを保つことが出来ます。活用方法については後述のBlackBeltオンラインセミナー「クラウド設計・運用のベストプラクティス集 “AWS Well-Architected Framework”」も是非ご参照ください。 一番大事なこと なお、オンラインセミナーでも触れていますが、W-Aの活用時に一番大事なことは(必ずしも全てをベストプラクティスに合わせるのがゴールではなく)「ベストプラクティスを理解した上で、ビジネス的な判断を行う」ことです。同時に「ベストプラクティスに適合させないことによる、各種リスクや改善点を顕在化させて認識し、チーム内に共有する」というのも非常に大事なポイントです。 ■今回のホワイトペーパー更新のポイント 運用の優秀性 構成を変更して、全ての基礎となる「運用の優秀性」を1つめの柱としました。ここでは「ビジネスの成功」を最終的な目標として、どのように準備して、どのように運用して、どのように進化させるべきかについてをご説明しています。ベストプラクティスには「ビジネスの成功可否を数値で判断するための各種メトリクスをあらかじめ定める」のような、一見するとAWSの範疇に収まらないのでは?という内容の記載もありますが、これはAWSが長年に渡ってお客様のシステム設計・構築・運用のお手伝いをする中で、非常に重要だと考えているポイントです。このようなメトリクスが事前に設定されていないために、ご苦労されているお客様をお見かけして来ました。 W-Aのレビュープロセス また「W-Aのレビュープロセス」についても記載しています。一部抜粋しますと… アーキテクチャのレビューは、一貫性のある方法と「誰も責めない」アプローチで詳細に行う必要があります。レビューは短時間 (数日ではなく数時間) で行います。これは話し合いであり監査ではありません。アーキテクチャをレビューする目的は、対応が必要な深刻な問題や、改善できる部分を特定することです。レビュー結果は、お客様の改善のためのアクションとなります。 など目的とレビューの進め方についてご説明しています。是非ご一読ください。 最新サービスの反映 セキュリティ関連のマネージドサービスを始めとして、前回のホワイトペーパー公開後に追加された各AWSサービスの内容を追加しています。 ■AWS Well-Architected 個別相談会のご案内 お客様は、ベストプラクティスに沿っているかの質問と回答(ホワイトペーパーの付録部分が該当します)を用いて、ご自身のシステムをセルフレビューいただけます。もし改善方法でお悩みであったり、より効率的な解決方法を知りたい場合は、AWSのSAにご相談いただくことも出来ます。是非「AWS Well-Architected 個別技術相談会」にお申込みください。 ■関連資料 AWS Well-Architected フレームワーク ホワイトペーパー(PDF) […]

Read More

AWS FinTech リファレンス・アーキテクチャー日本版の公開について

アマゾン ウェブ サービス(以下 AWS )は、日本の金融機関の皆様が参照される FISCのガイドライン や PCI DSS, ISO27001, ISO27017 などの様々な統制やセキュリティ基準への対応をしてきました。現在ではグローバルに世界各国の金融機関やFinTech のお客様にAWS のサービスをご活用いただいております。この度そうした知見や実績を活かし、日本の金融機関やFinTechのお客様が主に参照される各種のガイドラインの主要な要求事項と技術的検討が必要な項目を網羅的に確認し、「AWS FinTech リファレンス・アーキテクチャー 日本版」を作成し、本日AWSコンプライアンスWEBサイトの日本のFinTech向けのページにて公開しました。お客様は、このアーキテクチャーを活用することにより、 AWS 上に FinTech サービスの環境の構築を迅速に実現する、あるいは、既存環境に関連したセキュリティや統制についての確認を行うことが可能となります。 今回の取り組みは「AWS FinTech リファレンス・アーキテクチャー日本版のホワイトペーパー」、「AWS FinTech リファレンス・ガイド 日本版」、「AWS FinTech リファレンス・テンプレート 日本版」の3つの要素で構成されています。

Read More