AWS Elemental MediaPackage

インターネットデバイスに配信する動画の準備や保護を簡単に実行する

AWS Elemental MediaPackage では、インターネット配信に向けた信頼性の高い動画の作成と保護を行うことができます。AWS Elemental MediaPackage を使用すると、単一のビデオ入力から、インターネット接続対応の TV、携帯電話、コンピュータ、タブレット、ゲームコンソールで再生可能な形式のビデオストリームを作成できます。また、多くの DVR で見られるように、視聴者に用意されている一般的な機能 (初めから再生、一時停止、巻き戻しなど) を簡単に実装できます。また、AWS Elemental MediaPackage ではデジタル著作権管理 (DRM) を使用してコンテンツを保護することもできます。AWS Elemental MediaPackage は、負荷に応じて自動的に拡張されます。そのため、動画配信者は容量を正確に予測する必要がなく、視聴者に対して常に優れたサービスを提供できます。

AWS Elemental MediaPackage Explained

仕組み

product-page-diagram-Elemental-Mediapackage@2x

利点

インターネット接続対応のさまざまなデバイスに動画を配信可能

AWS Elemental MediaPackage を使用すると、コンテンツを簡単にパッケージ化し、さまざまな動画再生デバイス (ウェブプレイヤー、スマートフォン、ゲームコンソール、タブレット、インターネット接続対応の TV など) に簡単に配信できます。

高度な動画サービスとコンテンツ保護

AWS Elemental MediaPackage を使用すると、ライブストリームの視聴者に対し、DVR のようなサービスを提供できます。また、20 を超えるデジタル著作権管理 (DRM) プロバイダーがサポートされており、高度な音声機能や多言語対応の字幕トラックもサポートされています。

スケーラビリティと信頼性

AWS Elemental MediaPackage は、動画視聴者の増加に応じて自動的にスケールされます。複数のアベイラビリティーゾーンにまたがるリソースが自動的に管理され、状態が自動的にモニタリングされます。これにより、ライブ動画ストリームの配信を停止させることなく、発生する可能性のある問題を見つけて解決することができます。

AWS クラウドサービスとの統合が容易

AWS Elemental MediaPackage では、 Amazon CloudFront CDN と組み合わせてグローバル配信を行うことや、 AWS Elemental MediaLive と組み合わせてライブエンコーディングを行うことができます。これにより、ライブ動画の処理と配信を行うための総合ソリューションを構築できます。 Amazon CloudWatch と統合することで、リアルタイムのモニタリングと通知を行うことができます。

お客様事例

  • Imagica
  • Imagica
  • 「エンドツーエンドのワークフローで使用するサービスは AWS コンソールベースなので簡単に使用でき、私たちの業界における柔軟性や効率を革新的に高めてくれます。その一方で従来のオンプレミスのライブやオンデマンドのインフラストラクチャのデプロイと共存することもできます」

    – Ian Parr 氏、BT、テレビ兼ブロードバンドインフラストラクチャディレクター

    BT について

    BT は世界で最も先進的な通信サービス会社の 1 つで、英国をはじめとした 170 か国以上の顧客にサービスを提供しています。

     

コンソールで AWS Elemental MediaPackage の使用を開始する

ご質問がありますか?
お問い合わせ
構築を始めましょう。
AWS Elemental MediaPackage の使用開始
さらにリソースを調べる
リソースのページにアクセスする