この AWS ソリューション実装では、どのようなことが可能ですか?

アマゾン ウェブ サービス (AWS) は、2 つのオーバーザトップ (OTT) ライブ動画ストリーミングソリューションを提供して、AWS クラウドで世界中の視聴者にメディアコンテンツを費用効果の高い方法で配信しています。どちらのソリューションも、信頼性の高いリアルタイムの視聴体験を提供する高可用性アーキテクチャを構築します。このページでは、ビジネスニーズに最適なライブビデオストリーミングソリューションを選択するためのガイダンスを提供します。

AWS 上のライブストリーミングソリューションはどれを選ぶべきか?

機能  AWS でのライブストリーミング  AWS でのライブストリーミング
MediaStore で
AWS のサービス  AWS Elemental MediaLive
AWS Elemental MediaPackage
AWS Elemental MediaLive
AWS Elemental MediaStore
カスタマイズ  その他  少ない 
入力  URL_PULL、RTMP_PUSH、RTMP_PULL、RTP_PUSH、MediaConnect の入力を冗長化し、サポート
冗長性のない URL_PULL、RTMP_PUSH、RTP_PUSH、Elemental Link デバイスをサポート
出力 CMAF、HLS、DASHを含む複数の出力により、さまざまなプレーヤーでの再生をサポート  HLS のみ 
コンテンツ保護のサポート  DRM  該当なし 
DVR ライクな機能
(ライブリワインド、リスタートなど) 
   
ライブから VOD へのワークフローを構築します     
関連コンテンツを確認するにはこちらをクリック 

AWS は、2 つの OTT ライブ動画ストリーミングソリューションに加えて、インタラクティブな動画エクスペリエンスを作成するための Amazon Interactive Video Service (Amazon IVS) を提供しています。詳細については Amazon IVS ページをご覧ください。 

  • MediaStore を使用した AWS ライブストリーミング
  • AWS ライブストリーミング
  • MediaStore を使用した AWS ライブストリーミング
  • AWS ソリューション実装の概要

    下の図は、ソリューションの実装ガイドと付属の AWS CloudFormation テンプレートを使用して、自動的にデプロイできるサーバーレスアーキテクチャを表しています。
    MediaStore を使用した AWS ライブストリーミング | アーキテクチャ図
     クリックして拡大

    MediaStore を使用した AWS ライブストリーミングのソリューション実装アーキテクチャ

    AWS CloudFormation テンプレートは、ライブストリーミングビデオの取り込み、トランスコード、配信に必要な AWS の製品とサービスを起動させます。

    1. AWS Elemental MediaLive は、1 つの入力フィードを取り込み、お客様のコンテンツを 1 つの適応ビットレート (ABR) HTTP ライブストリーミング (HLS) のストリームに出力として変換します。
    2. AWS Elemental MediaStore は、エンコードされたセグメントをホストするためのスケーラブルで高可用性のストレージコンテナを提供します。
    3. MediaStore カスタムエンドポイントをオリジンとして使用するために、Amazon CloudFront ディストリビューションが設定されます。CloudFront ディストリビューションが、お客様のライブストリームを視聴者に低レイテンシーかつ高速転送で配信します。
    4. Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットには CloudFront のログが保存され、Amazon CloudWatch ダッシュボードは MediaStore コンテナの入出庫アクションをモニタリングします。
    このソリューションは、Real-Time Transport Protocol (RTP)、Real-Time Messaging Protocol (RTMP)、HTTP Live Streaming (HLS) コンテンツ、または AWS Elemental Link デバイスからのライブ動画を取り込むように設定できます。

    MediaStore を使用した AWS ライブストリーミング

    バージョン 2.0.0
    最終更新日: 2021 年 9 月
    作成者: AWS

    見積りデプロイ時間: 5 分

    予想費用  ソースコード  CloudFormation テンプレート  
    下のボタンをクリックして、ソリューションの更新を登録してください。

    注: RSS 更新を購読するには、ご使用のブラウザで RSS プラグインを有効にする必要があります。

    このソリューション実装は役に立ちましたか?
    フィードバックを送る 
  • AWS ライブストリーミング
  • AWS ソリューション実装の概要

    下の図は、ソリューションの実装ガイドと付属の AWS CloudFormation テンプレートを使用して、自動的にデプロイできるサーバーレスアーキテクチャを表しています。
    AWS ライブストリーミング | アーキテクチャ図
     クリックして拡大

    AWS ライブストリーミングのソリューション実装アーキテクチャ

    このソリューションの AWS CloudFormation テンプレートは、ライブストリーミングビデオの取り込み、トランスコード、配信に必要な AWS の製品とサービスを起動させます。

    1. AWS Elemental MediaLive が 2 つの入力フィードを取り込み、お客様のコンテンツを 2 つのアダプティブビットレート (ABR) HTTP Live Streaming (HLS) ストリームに出力として変換します。
    2. AWS Elemental MediaPackage は、MediaLive の ABR 出力を取り込み、3 つの MediaPackage カスタムエンドポイントに配信される HLS、Dynamic Adaptive Streaming over HTTP (DASH)、Common Media Application Format (CMAF) の各形式にライブストリームをパッケージ化します。
    3. Amazon CloudFront ディストリビューションは、そのオリジンとして MediaPackage カスタムエンドポイントを使用するように設計されており、リクエストを承認するために、CDN 識別子カスタム HTTP ヘッダーが含まれています。MediaPackage は、CDN Identifier を使用して MediaPackage と CloudFront の間で認可された再生リクエストのみを実行します。この CDN Identifier は、CloudFormation のデプロイの一部として作成され、AWS Secrets Manager に安全に保存されます。
    4. CloudFront ディストリビューションが、お客様のライブストリームを視聴者に低レイテンシーかつ高速転送で配信します。
    5. このソリューションをテストするために、デモの HTML プレビュープレーヤーが用意されています。プレイヤーは、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットでホスティングされる静的ウェブサイトです。Amazon CloudFront は、ソリューションのウェブサイトバケットのコンテンツに対するアクセスを制限するために使用されます。

    AWS の ライブストリーミング

    バージョン 3.0.0
    最終更新: 2021 年 8 月
    作成者: AWS

    見積りデプロイ時間: 20 分

    予想コスト  ソースコード  CloudFormation テンプレート  
    下のボタンをクリックして、ソリューションの更新を登録してください。

    注意: RSS 更新を購読するには、使用しているブラウザで RSS プラグインを有効にする必要があります。

    このソリューション実装は役に立ちましたか?
    フィードバックを送る 
動画
AWS のソリューションで解決する: MediaStore を使った AWS でのライブストリーミング
先頭に戻る 
アイコンを作成する
自分でソリューションをデプロイする

よくみられるアーキテクチャ上の問題に関して答えを知るため、AWS ソリューション実装のライブラリを閲覧する。

詳細はこちら 
APN パートナーを見つける
APN パートナーを見つける

サービスの開始をサポートする AWS 認定コンサルティングパートナーとテクノロジーパートナーを見つけましょう。

詳細はこちら 
アイコンについて調べる
ソリューションコンサルティングサービスについて調べる

ソリューションをデプロイし、AWS により審査済みのサポートを受けるため、コンサルティングサービスのポートフォリオを閲覧する。

詳細はこちら