この AWS ソリューション実装では、どのようなことが可能ですか?

アマゾン ウェブ サービス (AWS) は、2 つのオーバーザトップ (OTT) ライブ動画ストリーミングソリューションを提供して、AWS クラウドで世界中の視聴者にメディアコンテンツを費用効果の高い方法で配信しています。どちらのソリューションも、信頼性の高いリアルタイムの視聴体験を提供する高可用性アーキテクチャを構築します。このページでは、ビジネスニーズに最適なライブビデオストリーミングソリューションを選択するためのガイダンスを提供します。

AWS ライブストリーミング

これは、フル機能のカスタマイズ可能なソリューションです。AWS Elemental MediaLive と AWS Elemental MediaPackage で構築したこのソリューションは、MediaPackage の冗長入力だけでなく、デュアル入出力を備えた標準の MediaLive チャネルを使用して、中断のないライブストリーミング体験をユーザーに提供します。

このソリューションにより、次の機能が利用できるようになります。

  • さまざまなプレイヤーやクライアントでの再生をサポートするための複数の出力形式を提供します
  • MediaPackage を活用して、さまざまな方法でワークフローをカスタマイズします
  • DRM を使用したコンテンツ保護のサポートを追加します
  • ライブ巻き戻しや再開始など、DVR のような機能を有効にします
  • ライブから VOD へのワークフローを構築します

MediaStore を使用した AWS ライブストリーミング

このソリューションでは、ライブ動画コンテンツを配信する際の基本的なツールとリソースを利用できます。MediaPackage を AWS Elemental MediaStore に置き換えて、ライブストリームオリジネーションを行います。

このソリューションにより、次の機能が利用できるようになります。

  • カスタマイズオプションが少ないシンプルなソリューションを提供します
  • MediaLive は単一のパイプラインチャネルを使用するため、入力は 1 つのみ、出力は HTTP ライブストリーミング (HLS) のみを必要とします。
  • AWS Elemental Link デバイスの使用を入力としてサポート
  • MediaStore を使用した AWS ライブストリーミング
  • AWS ライブストリーミング
  • MediaStore を使用した AWS ライブストリーミング
  • AWS ソリューション実装の概要

    下の図は、ソリューションの実装ガイドと付属の AWS CloudFormation テンプレートを使用して、自動的にデプロイできるサーバーレスアーキテクチャを表しています。
    MediaStore を使用した AWS ライブストリーミング | アーキテクチャ図
     クリックして拡大

    MediaStore を使用した AWS ライブストリーミングのソリューション実装アーキテクチャ

    このソリューションは、AWS Elemental MediaLive をデプロイします。AWS Elemental MediaLive が 1 つの入力フィードを取り込み、お客様のコンテンツを 1 つの適応ビットレート (ABR) HTTP ライブストリーミング (HLS) のストリームに出力として変換します。

    AWS Elemental MediaStore は、MediaLive 出力からの HLS セグメントをホストするためのスケーラブルな低レイテンシーストレージコンテナを提供します。

    MediaStore カスタムエンドポイントをオリジンとして使用するために、Amazon CloudFront ディストリビューションが設定されます。CloudFront ディストリビューションが、お客様のライブストリームを視聴者に低レイテンシーかつ高速転送で配信します。

    このソリューションには、AWS Elemental MediaStore への入出力アクションを監視する Amazon CloudWatch ダッシュボードが含まれ、ライブストリーミングワークフローのステータスと正常性の概要を示します。

    MediaStore を使用した AWS ライブストリーミング

    バージョン 1.2.0
    最終更新日: 2020 年 12 月
    作成者: AWS

    見積りデプロイ時間: 5 分

    ソースコード  CloudFormation テンプレート  
    下のボタンをクリックして、ソリューションの更新を登録してください。

    注: RSS 更新を購読するには、ご使用のブラウザで RSS プラグインを有効にする必要があります。

    このソリューション実装は役に立ちましたか?
    フィードバックを送る 
  • AWS ライブストリーミング
  • AWS ソリューション実装の概要

    下の図は、ソリューションの実装ガイドと付属の AWS CloudFormation テンプレートを使用して、自動的にデプロイできるサーバーレスアーキテクチャを表しています。
    AWS ライブストリーミング | アーキテクチャ図
     クリックして拡大

    AWS ライブストリーミングのソリューション実装アーキテクチャ

    このソリューションは、AWS Elemental MediaLive をデプロイします。AWS Elemental MediaLive が 2 つの入力フィードを取り込み、お客様のコンテンツを 2 つのアダプティブビットレート (ABR) HTTP Live Streaming (HLS) ストリームに出力として変換します。

    AWS Elemental MediaPackage は、MediaLive の出力を取り込み、3 つの MediaPackage カスタムエンドポイントに配信される HLS、Dynamic Adaptive Streaming over HTTP (DASH)、Common Media Application Format (CMAF) の各形式にライブストリームをパッケージ化します。

    Amazon CloudFront ディストリビューションは、そのオリジンとして MediaPackage カスタムエンドポイントを使用するように設計されており、リクエストを承認するために、CDN 識別子カスタム HTTP ヘッダーが含まれています。CloudFront ディストリビューションが、お客様のライブストリームを視聴者に低レイテンシーかつ高速転送で配信します。

    このソリューションにはデモ HTML プレビュープレイヤーが含まれており、これを使用してソリューションをテストできます。プレイヤーは、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットでホスティングされる静的ウェブサイトです。Amazon CloudFront は、ソリューションのウェブサイトバケットのコンテンツに対するアクセスを制限するために使用されます。

    AWS ライブストリーミング

    バージョン 2.4.0
    最終更新日: 2020 年 7 月
    作成者: AWS

    見積りデプロイ時間: 20 分

    ソースコード  CloudFormation テンプレート  
    下のボタンをクリックして、ソリューションの更新を登録してください。

    注意: RSS 更新を購読するには、使用しているブラウザで RSS プラグインを有効にする必要があります。

    このソリューション実装は役に立ちましたか?
    フィードバックを送る 

特徴

AWS でのライブストリーミングでは自動設定が提供されます

AWS Elemental MediaLive と AWS Elemental MediaPackage を、複数の画面にわたる適応ビットレートストリーミング用にコンテンツをエンコードしてパッケージ化するように自動的に設定します。

柔軟性のあるソリューション

リアルタイムトランスポートプロトコル (RTP)、リアルタイムメッセージングプロトコル (RTMP)、HLS ストリーム、MediaConnect フローのいずれかを入力として取り込むようにソリューションを構成します。初期設定では 3 つのエンコーディングプロファイルを利用できます。

包括的な AWS CloudFormation テンプレート

このソリューションの AWS CloudFormation テンプレートは、ライブストリーミングビデオの取り込み、トランスコード、配信に必要な AWS の製品とサービスを起動させます。
アイコンを作成する
自分でソリューションをデプロイする

よくみられるアーキテクチャ上の問題に関して答えを知るため、AWS ソリューション実装のライブラリを閲覧する。

詳細はこちら 
APN パートナーを見つける
APN パートナーを見つける

サービスの開始をサポートする AWS 認定コンサルティングパートナーとテクノロジーパートナーを見つけましょう。

詳細はこちら 
アイコンについて調べる
ソリューションコンサルティングサービスについて調べる

ソリューションをデプロイし、AWS により審査済みのサポートを受けるため、コンサルティングサービスのポートフォリオを閲覧する。

詳細はこちら