AWS Elemental MediaPackage は、動画プロバイダーが安全かつ信頼性の高い方法で大規模なストリーミング動画を配信できるようにする動画配信サービスです。ライブとオンデマンドの動画コンテンツを複数のデバイスに配信するための準備を容易にし、高度な機能で視聴者体験を向上できます。MediaPackage を使用すると、動画インフラストラクチャのプロビジョニングで過不足が発生するリスクを負うことなく、ワークフローの複雑性の軽減、オリジンの回復性の向上、マルチスクリーンアセットの保護の強化を行えます。また、MediaPackage は他の AWS メディアサービスとも連携できるため、接続デバイスのエコシステムの拡大とそれによって可能になるダイナミックな視聴体験を実現します。

主な特徴

包括的な出力形式

複数の再生デバイスで最大数の視聴者に動画コンテンツを配信する
AWS Elemental MediaPackage は幅広い MPEG-DASH 実装、Smooth Streaming (MSS)、MPEG-2 Transport streams を使用する HTTP Live Streaming (HLS)、Common Media Application Format (CMAF) fragmented MP4 など、動画のストリームに一般的に使用される標準と形式をサポートし、多数のデバイスや視聴者にリーチします。

柔軟な動画コンテンツ保護

ジャストインタイムのコンテンツ保護を適用して動画アセットを保護する
AWS Elemental MediaPackage には複数のデジタル著作権管理 (DRM) テクノロジーが統合されているため、ストリームを保護できます。各再生デバイスの機能に応じて、適切なコンテンツ保護が選択されます。保護機能は、AES-128 暗号化を使用した Apple FairPlay、Widevine、および Microsoft PlayReady のサポートなどの標準ベースです。

高可用性アーキテクチャ

動画ワークフローに対する固有の回復性と自動スケーラビリティ
AWS Elemental MediaPackage では、受信するストリームリクエストに基づいて自動的にスケールされます。MediaPackage には、1 つ以上の CDN から直接アクセスしたときにエラーのない信頼性の高いパフォーマンスを実現するためのオリジンシールドとキャッシュが組み込まれており、複数の AWS Availability Zones にわたる分散リソースで高い信頼性が得られるよう設計されています。統合されたモニタリングによってメトリクス (帯域幅、同時コンタクトの数、インスタンスリソースなど) を常に追跡でき、必要に応じて新しいインスタンスが自動的に作成され、増加したワークロードに合わせてスケールされます。

単独での使用または AWS Media Services と組み合わせた使用

他の AWS Media Services と組み合わせた使用または単独でのデプロイ
AWS メディアサービスの一部である AWS Elemental MediaPackage は、スタンドアロンのサービスとして使用することも、AWS のサービスと統合させて動画のライブエンコーディング、VOD 処理、広告のパーソナライズと収益化、メディア最適化ストレージのために使用することもできます。さらに Amazon CloudFront CDN など、AWS Elemental MediaPackage とシームレスに相互運用できる AWS の他のサービスも利用できます。