Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC)

論理的に分離された仮想ネットワーク内での AWS リソースの定義と起動

接続の保護とモニタリング、トラフィックのスクリーニング、仮想ネットワーク内のインスタンスのアクセス制限を行います。

仮想ネットワークの設定、管理、および検証に費やす時間を短縮します。

独自の IP アドレス範囲の選択、サブネットの作成、ルートテーブルの設定により、仮想ネットワークをカスタマイズします。

仕組み

Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) では、リソースの配置、接続性、セキュリティなど、仮想ネットワーク環境をフルで制御することができます。AWS サービスコンソールで VPC を設定するところから始めます。次に、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) や Amazon Relational Database Service (RDS) インスタンスなどのリソースを追加します。最後に、アカウント、アベイラビリティーゾーン、AWS リージョンを超えて、VPC 同士の通信方法を定義します。以下の例では、各リージョン内の 2 つの VPC 間でネットワークトラフィックを共有しています。
Amazon VPC 仕組みの図表
 拡大イメージを見る

ユースケース

シンプルなウェブサイトやブログの開設

インバウンド接続とアウトバウンド接続にルールを適用して、ウェブアプリケーションのセキュリティ体制を改善します。

多階層のウェブアプリケーションをホスト

ウェブサーバー、アプリケーションサーバー、データベース間のネットワーク接続と制限を定義します。

ハイブリッド接続を構築

AWS のサービス全体およびオンプレミスで互換性のある VPC ネットワークを構築して管理します。

開始方法

Amazon VPC の仕組みを確認する

トラフィックミラーリング、セキュリティグループ、Ingress ルーティングなどの詳細はこちら。

特徴のページにアクセスする »

構築を開始する


すぐに利用できるデフォルト VPC に AWS リソースを自動的にプロビジョニングします。

Amazon VPC の使用を開始する »

エキスパートとつながる


必要なときに必要なサポートを受けることができます。

サポートオプションについて調べる »

AWS の詳細を見る