Amazon SNS には前払い料金はありません。使用分に対してのみ料金をお支払いいただきます。発行した通知数、配信した通知数、およびトピックとサブスクリプションを管理するための追加の API 呼び出し回数に基づいて課金されます。配信料金はエンドポイントタイプによって異なります。SNS 無料利用枠は無料で始めることができます。詳細については、下記をご覧ください。

モバイルプッシュ通知を 100 万件送信するたびに 1 ドル(100 万件発行あたり 0.5 ドル + 100 万件のモバイルプッシュ通知配信あたり 0.5 ドル)かかります。SNS トピックを使用して一度に複数の受信者に同じメッセージを一斉送信した場合は、実効価格が 100 万件のモバイルプッシュ通知あたり 1 ドル以下になる可能性があります。SNS 無料利用枠を使用した場合は、毎月、最初の 100 万件のプッシュ通知(発行と配信)が無料になります。

データ転送料金が適用される場合があることに注意してください。AWS 簡易見積りツールを使用して、請求額を見積もることができます。

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める

AWS 無料利用枠には、Amazon SNS での 100 万件のモバイルプッシュ通知、100 万件の電子メール配信などが含まれます。

AWS 無料利用枠の詳細 »

  • 発行、トピック所有者のオペレーション、サブスクライバーのオペレーションを含むが、配信は含まない
  • Amazon SNS リクエストのうち、毎月最初の 100 万件は無料
  • それ以降、Amazon SNS リクエスト 100 万件ごとに 0.50¬USD
  • Amazon SNS の現時点での制限では、発行されるメッセージの上限は 256 KB となっています。発行されるデータの 64 KB のチャンクが、1 つのリクエストとして課金されます。例えば、256 KB のペイロードを持つ単一の API コールは、4 つのリクエストとして課金されます。
エンドポイントタイプ 無料利用枠 価格
モバイルプッシュ通知 100 万件 100 万件あたり 0.5 ドル
SMS 100 100 件あたり 0.75 ドル
email/email-JSON 1,000 100,000 件あたり 2 ドル
HTTP/s 100,000 100 万件あたり 0.6 ドル

Simple Queue Service(SQS)

SQS キューへの配信は無料

Lambda                                                                Lambda 関数への配信は無料

: 配信されるデータの 64 KB のチャンクごとに 1 リクエストとして課金されます。例えば、256 KB のペイロードを含む単一通知は、4 配信として課金されます。


別途記載がない限り、表示される料金にはVAT、 売上税その他取引に対して適用される一切の税金等及び関税は含まれません。日本の居住者であるお客様の場合には、料金とあわせて別途消費税をご請求させて頂きます。詳しくはこちら

データ「受信(イン)」および「送信(アウト)」は、Amazon SNS への転送および Amazon SNS からの転送を示しています。1つのリージョン内で、Amazon SNS と Amazon EC2 間で転送されるデータは無料です(例: 0.00 USD/GB)。異なるリージョンにまたがって、Amazon SNS と Amazon EC2 間でデータ転送する場合は、転送の両側で、インターネットデータ転送レートが課金されます。

* 無料利用枠での使用分は毎月、全リージョンの合計が計算され、自動的に請求額に適用されます – 無料利用枠の繰り越しはできません。
** AWS の新規のお客様は、AWS 無料利用枠の一環として、すべての AWS の各種サービスを総合して 1 か月につき 15 GB のデータ送信を、1 年間無料でご利用いただけます。
*** データ転送 (アウト) 料金の基準となるデータ量は、Amazon EC2、AWS Lambda、Amazon EBS、Amazon S3、Amazon Glacier、Amazon RDS、Amazon SimpleDB、Amazon SQS、Amazon SNS、Amazon DynamoDB、AWS Storage Gateway、および Amazon VPC からのデータ転送量の合計です。