Amazon DynamoDB Accelerator (DAX) は、DynamoDB 用のフルマネージド型高可用性インメモリキャッシュで、1 秒あたりのリクエスト数が数百万件になる場合でも、ミリセカンドからマイクロセカンドへの最大 10 倍のパフォーマンス向上を実現します。DAX では、開発者がキャッシュインバリデーション、データポピュレーション、クラスターマネジメントを行ったり、アプリケーションのロジックを変更したりすることなく、DynamoDB テーブルにインメモリー加速を行います。

詳細 »

DynamoDB のグローバルフットプリントを基にビルドされた Global Tables は、大規模なグローバルアプリケーションの高速、ローカル、読み込みと書き込みのパフォーマンスを実現する、完全マネージド型、複数リージョン、複数マスターデータベースでの提供となります。Global Tables は、選択する AWS リージョン全体にわたって Amazon DynamoDB テーブルを自動的にレプリケートします。

詳細 »

オンデマンドバックアップで、DynamoDB テーブルのデータの完全なバックアップを作成してアーカイブできます。これを利用して企業および行政の規制要件を満たすことができます。数メガバイトから数百テラバイトまでのデータを持つテーブルを、プロダクションアプリケーションのパフォーマンスや可用性に影響を与えずにバックアップできます。

詳細 »

保管時の暗号化では、AWS 管理の暗号化キーを使用して Amazon DynamoDB のデータを保護します。その暗号化キーは AWS Key Management Service (AWS KMS) に保存されます。保管時の暗号化は、ユーザーにとって完全に透過的で、すべての DynamoDB クエリは暗号化されたデータ上でシームレスに実行されます。アプリケーションコードを変更する必要はありません。

詳細 »

Amazon DynamoDB では、API と AWS マネジメントコンソールを介したシームレスで自動的なスループットとストレージのスケーリングが実現します。無制限のスループットまたはストレージをダイアルアップできます。

詳細 »

WhatsnewDDB-reInvent
DynamoDB – 最新情報

詳細はこちら

Amazon DynamoDB 入門

AWS には、AWS の基礎について学習できる無料のデジタルトレーニングが用意されています。Amazon DynamoDB 入門コースを受講すると、概要とユースケースについて理解し、デモをご覧いただくことができます。

Adaptive-reInvent
DynamoDB adaptive capacity: smooth performance for chaotic workloads

Amazon DynamoDB では、キー値のデータ構造がサポートされます。各項目(行)はキー値のペアになっており、テーブル内の項目の属性に必要なのはプライマリキーのみで、プライマリキーが各アイテムを一意に識別します。DynamoDB はスキームレス: 各項目には任意の数の属性 (コラム) を入れられます。プライマリキーのクエリに加えて、グローバルのセカンダリインデックスおよびローカルのセカンダリインデックスを使用してプライマリキー以外の属性をクエリすることもできます。

詳細 »

DynamoDB では、ドキュメントの保存、クエリ、更新がサポートされます。AWS SDK を使用すると、JSON ドキュメントを直接 Amazon DynamoDB に保存するアプリケーションを構築できます。この機能によって、JSON ドキュメントを挿入、更新、取得するための新しいコードの作成を軽減でき、数行のコードだけでネスト化された JSON クエリのような強力なデータベース操作を実行できます。

詳細 »

Amazon DynamoDB は高可用性が確保されており、AWS リージョン内の 3 つの設備全体で同期データレプリケーションを自動で行います。これにより、個々のマシンの故障や、さらに設備レベルの障害からもデータを守ることができます。

Amazon DynamoDB のダウンロード可能バージョンを使用すると、ラップトップまたは Amazon EC2 インスタンス内で動作するアプリケーションを簡単に開発およびテストできます。お使いのソリューションの準備が整いさえすれば、アプリケーションは AWS クラウド内で Amazon DynamoDB を用いて容易にスケールできます。

詳細 »

Amazon DynamoDB では、セカンダリインデックスを使用してどの属性 (列) に対してもフレキシブルに効率的なクエリを実行できます。テーブルからのセカンダリインデックスの作成や削除はいつでも実行できます。

詳細 »

Amazon DynamoDB ストリームは、DynamoDB テーブルに対する項目レベルの変更に関する時系列シーケンスです。DynamoDB ストリームを使用すると、最新の項目レベルの変更を追跡したり、24 時間以内の項目レベルの更新をすべて取得したりできます。また、取得したデータを使用して独創的なアプリケーションを構築し、レプリケーション、マテリアライズドビュー、バックアップ、および他のサービスとの統合などの機能を実現できます。

詳細 »

Amazon DynamoDB では、AWS リージョン間で DynamoDB テーブルを自動的にレプリケートするクロスリージョンレプリケーションをサポートしています。クロスリージョンレプリケーションを使用すると、グローバルに分散配置されたアプリケーションを構築する際に、低レイテンシーのデータアクセス、高いトラフィック管理機能、災害対策とデータ移行の簡素化を実現できます。

詳細情報 »

Amazon DynamoDB は、AWS Lambda と統合され、トリガーを実現しています。トリガーと用いると、項目レベルの変更が DynamoDB テーブルで検出されたときに自動的にカスタム関数を実行できます。

詳細 »

多くの非リレーショナルデータベースとは異なり、Amazon DynamoDB では、強い整合性のある読み込みを使用して最新の値を読み込めるため、開発が容易です。また、DynamoDB はアトミックカウントをネイティブにサポートしているので、1 回の API 呼び出しで数値属性をアトミックにインクリメントまたはデクリメントできます。

詳細 »

Amazon DynamoDB のテーブルの主要運用メトリクスが AWS マネジメントコンソールに表示されます。このサービスはまた、Amazon CloudWatch にも統合されているため、Amazon DynamoDB テーブルごとにリクエストのスループットとレイテンシーを確認でき、リソースの使用を簡単に追跡できます。

詳細 »

Amazon DynamoDB は、ユーザー認証と不正アクセスの防止に実績ある暗号化技術を採用しています。また、AWS Identity and Access Management (IAM) との統合により、組織内のユーザーのアクセスを細かく管理することもできます。

詳細 »

Amazon EMR を使用すると、AWS でホスト型 Hadoop フレームワークを使用し、大きなデータセットに対して複雑な分析を実行できます。Amazon EMR を使用して Amazon DynamoDB に保存されているデータセットを分析し、その結果を Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) にアーカイブする処理を簡単に行えます。その際、DynamoDB にある元のデータセットはそのまま維持されます。

詳細 »

Amazon Redshift は、Amazon DynamoDB を補完するものであり、ビジネスインテリジェンスの拡張機能と SQL ベースの強力なインターフェイスを提供します。Amazon DynamoDB テーブルのデータを Amazon Redshift にコピーすると、Amazon Redshift クラスター内の他のテーブルとの結合など、複雑なデータ分析のクエリを実行することができます。

詳細 >>

AWS Data Pipeline を使用して、Amazon DynamoDB との間のデータの移動や変換を自動化できます。AWS Data Pipeline に組み込まれたスケジューリング機能により、定期的にジョブを繰り返し実行させることができ、複雑なデータ転送や変換ロジックを自分で書く必要がありません。

詳細 »

Amazon DynamoDB コンソールと API を使用すると、テーブルの作成、更新、削除を実行したり、クエリを実行したり、スループットを調整したり、アラームを設定したりする作業を、わずか数回のクリックだけで実行できます。さらに、DynamoDB では、少数の API によって豊富な機能がサポートされています。

詳細 »