コストの低下と急速な技術革新に伴い、生成される生物学的データの量も著しく増加しています。同時に、ライフサイエンス組織の運営は共同作業が増え、複雑度も増しています。アマゾン ウェブ サービス(AWS)は、新薬発見、製品開発、サプライチェーン管理、マーケティング、および販売のソリューションを含め、このような問題に対処できる使いやすく柔軟なツール一式を用意しています。



多くの演算量を必要とする科学分野では、高性能コンピューティング(HPC)専用に設計されたサービスなど、AWS サービスをフルに活用することができます。メモリ、コンピューティング、グラフィック、またはそれらの組み合わせに基づいて最適化することができるので、生物学的シミュレーションや、計算化学など、幅広い分野のアプリケーションを設計できます。

AWS と HPC の詳細 »

製薬業界のサプライチェーン管理は、AWS で実行される Hadoop フレームワークである Amazon Elastic MapReduce(EMR)を利用することで、大規模なデータセットのデータ処理速度を大幅に向上させることができます。

現行のビッグデータについて読む »


製薬会社は、AWS によって、新しい分析機能を利用できるだけでなく、新しい方法で患者や医師に自社を知ってもらえるようになります。Amazon Redshift などのサービスを使用してさまざまなソースのデータを組み合わせることができます。また、AWS Auto Scaling などのサービスを使用して、キャンペーンの拡大または縮小をすばやく実行できます。

デジタルマーケティングと AWS の詳細 »

AWS は、独自の仮想クラウドスーパーコンピュータを構築するために必要となる基本的な構成要素をすべて提供します。わずか数分間で、アカウントを作成し、仮想マシンを起動できます。特殊なコンピュータハードウェアは必要なく、さらに重要なことは、サーバーをホストするための大規模な施設も不要です。AWS 無料利用枠の一環として多数のサービスが利用できます。

AWS およびクラウドコンピューティングに関する基本的なご紹介 »

AWS クラウドは、医療およびライフサイエンス業界の幅広い企業で使用されています。AWS は、2006 年以降、振興企業だけでなく、General Electric や Pfizer などの老舗企業にもメリットを提供してきました。また、AWS によって、クラウドへの移行について計画しているアプリケーションに価値を追加したり、組織にまったく新しいアプリケーションを配布したりできるようになります。

AWS とエンタープライズソリューションについて読む »

AWS は、ライフサイエンスのバリューチェーン全体に用途がある幅広いサービスを提供しています。Elastic Compute Cloud(EC2)などのサービスを使用して開発段階で臨床試験をシミュレートしたり、Amazon Simple Storage Service(S3)などのサービスを使用して研究室の結果をバックアップしたりすることができます。また、AWS は、E メール、データベース、ERP などの一般的な IT ワークロードにも多数のメリットがあります。

AWS とビジネスアプリケーションについて読む »

AWS クラウドのセキュリティ機能は、データの安全性を維持し、知的財産(IP)を保護するために構築されています。データはデフォルトでファイアウォールで保護されます。データは転送中でも保存中でも暗号化できます。暗号化キーはお客様ご自身で保管するか、AWS に保管することもできます。お客様の IP とコンテンツの所有権はお客様にあります。AWS はお客様のデータへのアクセス権を持っていません。

AWS セキュリティセンターにアクセスしてセキュリティ機能の完全なリストを参照 »

AWS 環境は、さまざまな国際的なセキュリティ基準やデータ保護基準にも準拠できるよう設計されています。保護医療情報(米国の医療保険の携行性と責任に関する法律(HIPAA)で定義)を扱うプロジェクトを実行している研究開発組織の場合、AWS は事業提携契約(BAA)を締結し、プライバシーに関する法的要件の準拠を確実にする技術的インフラストラクチャを提供することができます。

AWS のセキュリティとデータ保護基準の詳細 »


今すぐ無料でお試し »

サインアップは簡単!無料で利用開始できます。
AWS アカウント作成の流れはこちら ≫
AWS 無料利用枠の詳細はこちら ≫

日本担当チームへお問い合わせ

お申し込みにあたってご不明な点は、お気軽に日本担当チームへご相談ください。