Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)とは、規模の変更が可能なコンピュータ処理能力をクラウド内で提供するウェブサービスです。開発者がより簡単にウェブスケールでのコンピュータ作業をできるように設計されています。

Amazon EC2 のシンプルなウェブサービス インターフェイスによって、手間をかけず、必要な機能を設定して利用することができます。お客様のコンピュートリソースに対して、高機能なコントロールが提供され、Amazon の実績あるインフラストラクチャ上で実行できます。Amazon EC2 は、わずか数分間で新規サーバーインスタンスを取得して起動することを可能にします。これにより、コンピューティング要件の変化に合わせて、素早く能力を拡張または縮小することができます。実際に使用した分だけ料金を払えばよいので、Amazon EC2 は、コンピューティングの経済性も変革します。Amazon EC2 は、開発者にツールを提供して、障害に耐性のあるアプリケーションの構築と、一般的な障害シナリオからの脱却を可能にします。

Amazon EC2 インスタンスを無料でお試しください

Amazon EC2 を無料お試し »

AWS の無料利用枠には毎月 750 時間分の Linux および Windows の t2.micro インスタンスが含まれます(1 年間)。無料利用枠内に抑えるには、EC2 マイクロインスタンスのみを使用してください。

AWS 無料利用枠の詳細はこちら »

AWS アカウント作成の流れはこちら »

導入・資料請求のお問い合わせ »

Amazon EC2 の概要(日本語字幕) (4:01)

Introtoec2vid_2

Amazon EC2 を使用すれば、数時間や数日ではなく、数分以内に、能力の増減を行うことができます。一から数百、または数千のサーバーインスタンスさえ、同時に作動させることができます。もちろん、これはすべてウェブサービス API でコントロールされるため、お客様のアプリケーションはそのニーズに応じて、自動的に規模の拡大や縮小を行うことができます。

インスタンスのすべてを制御することができます。お客様は各インスタンスへのルートアクセス権限を持ち、他のマシンと同じようにインスタンスを操作することが可能です。ブートパーティション上でデータを保持していれば、インスタンスを停止したり、ウェブサービス API 経由で同一のインスタンスを再起動することができます。ウェブサービス API を使用すれば、リモートでインスタンスをリブートすることができます。また、インスタンスのコンソール出力にアクセスすることもできます。

インスタンスタイプ、オペレーティングシステム、ソフトウェアパッケージの種類を選ぶことができます。Amazon EC2 では、お客様が選択したオペレーティングシステムやアプリケーションに合わせて最適なメモリ、CPU、インスタンスストレージ、ブートパーティションの構成を選ぶこともできます。例えば、オペレーティングシステムの選択肢には、数多くの Linux ディストリビューション、Microsoft Windows Server が含まれています。

Amazon EC2 は、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)、Amazon Relational Database Service(Amazon RDS)、Amazon SimpleDB、および Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS)と連携し、幅広いアプリケーションに対応する、コンピューティング、クエリ処理、ストレージの総合ソリューションを提供します。

Amazon EC2 は、インスタンスの置き換えを速やかに、あらかじめ指定した条件で実行できる、信頼性の高い環境を提供します。このサービスは Amazon の実績あるネットワークインフラストラクチャとデータセンターの中で稼動しています。Amazon EC2 のサービスレベルアグリーメントは、各 Amazon EC2 リージョンにおいて、99.95 %の可用性を約束します。

Amazon EC2 は Amazon VPC と連携して動作し、お客様のコンピュートリソースに対して安全性と堅牢なネットワーキング機能を提供します。

  • コンピュートリソースはお客様が指定した IP アドレス範囲で Virtual Private Cloud (VPC)内に配置されます。インターネットに公開されるインスタンスと、プライベートな状態のままにするインスタンスを決定します。
  • セキュリティグループとネットワーク ACL により、インスタンスを出入りするインバウンドとアウトバウンドのネットワークアクセスを制御できます。
  • 業界標準の暗号化 IPsec VPN 接続を使用して、既存の IT インフラストラクチャと VPC のリソースを結びつけることができます。
  • EC2 リソースを専用インスタンスとしてプロビジョニングできます。ハードウェア専有インスタンスとは、さらなる分離を目的とした単一のカスタマーに専用のハードウェア上で実行される Amazon EC2 インスタンスです。
  • Amazon EC2 セキュリティの詳細については、アマゾン ウェブ サービス: セキュリティプロセスの概要ドキュメントをご参照ください。

デフォルト VPC がない場合、プライベートサブネット、アウトバウンドセキュリティグループフィルタリング、ネットワーク ACL、専用インスタンス、VPN 接続といった高度なネットワーク機能を利用するには、VPC を作成し、その中でインスタンスを起動する必要があります。

Amazon EC2 は、Amazon が持つ規模の経済的メリットをお客様に提供します。お客様のご負担は、実際に使用されるコンピューティング能力に対してごく少額の料金をお支払いいただくだけです。より詳細な説明については、Amazon EC2 インスタンス購入オプションを参照してください。

  • オンデマンドインスタンス – コンピューティング能力を使用した時間に応じて料金をお支払いいただきます。長期間の契約は不要です。これにより、ハードウェアのプランニング、購入、管理のコストや煩雑さからお客様を解放し、一般的に高額の固定費となるものを、非常に低額な変動費へと変えます。オンデマンドインスタンスはまた、定期的なトラフィックの急上昇を処理するための、余剰設備を購入する必要性も排除します。
  • リザーブドインスタンスリザーブドインスタンスとは、お客様の必要に応じて、事前に少額の予約金をお支払いいただくことで、そのインスタンスの時間当たり料金が大幅に割り引きとなるオプションです。リザーブドインスタンスには 3 つのタイプ(軽度使用、中度使用、重度使用)があるため、先払いする金額と実際の時間当たり価格とのバランスを取ることができます。リザーブドインスタンスマーケットプレイスも利用できます。ここでは、購入済みのリザーブドインスタンスが不要になったときに売却することができます。例えば、インスタンスを別の AWS リージョンに移動したい、別のインスタンスタイプに変更したい、リザーブドインスタンスの期間終了前にプロジェクトが完了したので空いたキャパシティを売りたいといった場合です。
  • スポットインスタンススポットインスタンスとは、Amazon EC2 の余剰キャパシティを入札形式でご利用いただけるシステムです。お客様の入札価格がその時点の「スポット価格」を上回る限り、そのインスタンスを実行できます。スポット価格は、需要と供給に基づいて随時変化します。お客様の入札価格がスポット価格以上ならば、空いているスポットインスタンスをご利用いただけます。アプリケーションをいつ実行してもかまわない場合は、スポットインスタンスを利用すると Amazon EC2 の費用を大幅に削減することができます。

すぐに Amazon EC2 をご利用になるには、AWS Marketplace にアクセスして、Amazon マシンイメージ(AMI)から構成済みのソフトウェアを選択します。このソフトウェアは、1-Click 起動または EC2 コンソールを使用してすばやく EC2 にデプロイできます。


サインアップは簡単!わずか数分で利用開始できます。
AWS アカウント作成の流れはこちら »

お申し込みにあたってご不明な点は、お気軽に日本の担当者までご相談ください。