Amazon Web Services ブログ

Category: AWS Schema Conversion Tool

AWS SCT と AWS DMS を使ってMySQLから Amazon Aurora に移行する方法

MySQLは素晴らしいオープンソースデータベースエンジンで、そのコスト効率から多くの企業で使われています。しかし、その他のオープンソースデータベースと同様に、ビジネスで使えるレベルの性能を出すには多くの労力が必要です。 データベースサイズが増えるとMySQLのスケーラビリティとクラッシュリカバリの複雑さも増します。レプリケーションスレーブを追加することでMySQLデータベースをスケールさせると、特にMySQLマスターで多くの書き込みが発生した場合に、レプリケーションラグを非常にに小さな値で維持することは困難を伴います。ほとんどの場合、安定したパフォーマンスを維持することは難しいです。 一方、Amazon Aurora では最大15個のリードレプリカを追加できます。また、書き込みノードで発生した変更を再実行するために必要な従来のバイナリログ (binlog) レプリケーションのパフォーマンスをAuroraでは気にする必要がなくなります。これはAuroraクラスターボリューム内のデータは、クラスター内のライターとリーダーに対して単一の論理ボリュームとして見えるためです。 多数のテーブルを含む大規模なデータベースでの高速リカバリも Amazon Aurora の重要な利点の一つです。従来のMySQLの実装では、データベースが大きくなるにつれてリカバリ時間が長くなります。MySQLはREDOログファイルを使用するため、クラッシュするとMySQLはテーブルの検出や検証オペレーションを大量に実行します。データベースの表領域が大きいほど、リカバリに必要な時間は長くなります。この影響は MySQL 5.7 でも当てはまります。 このような要因から、MySQLから Amazon Aurora への移行に関心が集まっています。この移行を実行するにはいくつかの方法がありますが、今回は Amazon RDS for MySQL またはオンプレミスや Amazon EC2 上のMySQLから Amazon Aurora with MySQL compatibility への同種間移行について考えます。 同種間移行の方法 AWSホワイトペーパーのサイトにある Amazon Aurora Migration Handbook で同種間移行のための推奨方法がリストされています。Amazon RDS for MySQL から移行するのであれば、RDSスナップショットでの移行方法を使用できます。この方法では、RDS MySQL のDBインスタンスのスナップショットから Aurora MySQL DB クラスターを作成します。これは非常に簡単です。Amazon Aurora へニアゼロダウンタイムで移行した場合は、ソースとなる RDS MySQL DBインスタンスからAuroraリードレプリカを作ることができます。RDSが Amazon Aurora […]

Read More

オンプレミスや Amazon EC2 上の Oracle Database を Amazon Redshift に移行

AWS Database Migration Service (AWS DMS) は、簡単かつ安全なAWSへのデータベース移行の手助けをします。AWS Database Migration Service は広く使われている商用データベースとオープンソースデータベースに対応しています。このサービスはOracleからOracleのような同一プラットフォームでの移行に対応していますし、Oracleから Amazon Aurora や、Microsoft SQL Server からMySQLのような異なるプラットフォーム間での移行にも対応しています。移行元のデータベースは移行中も完全に動作しつづけたままであり、データベースに依存するアプリケーションのダウンタイムを最小限に抑えます。 AWS Database Migration Service を使用したデータレプリケーションは、AWS Schema Conversion Tool (AWS SCT) と緊密に統合されており、異なるプラットフォーム間でのデータベース移行プロジェクトを簡略化します。異なるプラットフォーム間での移行には AWS SCT を使用できますし、同一プラットフォームであれば移行元エンジンの純正スキーマ出力ツールが使えます。 この投稿では、Oracle Database のデータウェアハウスから Amazon Redshift へのデータ移行にフォーカスします。 以前の AWS SCT では、Oracle Database のビューやファンクションなどのカスタムコードを Amazon Redshift と互換性のあるフォーマットに変換できませんでした。ビューとファンクションを変換するには、最初に Oracle Database スキーマをPostgreSQLに変換し、それから Amazon Redshift と互換性のあるビューとファンクションを抽出するスクリプトを実行する必要がありました。 お客様のフィードバックに基づいたアップデートの後、AWS SCT と […]

Read More

Oracle Database を Amazon Aurora に移行する方法

この投稿では、商用データベースから Amazon Aurora への移行を容易にするために AWS Schema Conversion Tool (AWS SCT) と AWS Database Migration Service (AWS DMS) をどのように使えるかの概要をお伝えします。今回は、Oracleから Amazon Aurora with MySQL Compatibility への移行にフォーカスします。 データベースエンジンの変更は不安を伴うかもしれません。しかし、Amazon Aurora のようなスケーラビリティやコスト効果の高いフルマネージドサービスのバリュープロポジションは、それに挑戦する価値を生み出します。その手順を簡単にするツールがある場合は特にです。データベースをあるエンジンからほかのものに移行するとき、主に2つのことを考慮する必要があります。スキーマとコードオブジェクトの変換と、データ自身の移行と変換です。幸いにも、データベースの変換と移行の両方を容易にするツールをAWSは用意しています。 AWS Schema Conversion Tool は移行元データベースのスキーマとカスタムコードの大部分を新しい移行先データベースと互換性のあるフォーマットに自動的に変換することで、異なるプラットフォーム間でのデータベース移行をシンプルにします。このツールが変換するカスタムコードには、ビューやストアドプロシージャ、ファンクションを含みます。このツールで自動変換できない一部のコードは明確に示されるので、ユーザー自身でそれを変換することができます。AWS Database Migration Service は最小限のダウンタイムでデータを簡単かつ安全に移行することを手助けします。 すばらしい! では、どこから始まれば良いのでしょう? AWS SCT での移行手順 通常、移行の最初のステップは実現可能性と作業量のアセスメントです。現行のOracleからAuroraにデータベースを移行するために要する作業量の大枠な概要を AWS SCT は生成することができます。SCTはいくつかのOS上で動作しますが、このブログではWindows上で動かします。SCTをダウンロードするためには、マニュアルの AWS Schema Conversion Tool のインストールと更新 をご覧ください。SCTのマニュアル全体を見たい場合は AWS Schema Conversion Tool […]

Read More