Amazon Web Services ブログ

Category: Webinars

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS IoT Greengrass 資料及び QA 公開

先日 (2020/12/15) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS IoT Greengrass」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20201215 AWS Black Belt Online Seminar AWS IoT Greengrass AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. IoTでデバイスが多量にある時にLambdaがコールドスタートになる可能性があると認識してますが、それは仕方がないのでしょうか。IoTの多量のデバイスが一気にLambdaに処理を投げるようになった瞬間にLambdaが動いてなければコールドスタートするまでキューがたまり続けてしまうのでしょうか。デバイスや取得しているデータによってはそれらの時間のロスは致命的になるかもしれないという危惧があるのですが。 A. クラウドで実行するLambdaでは、実際に実行する環境にパッケージを持ってきて、展開し、初期化処理を行うためその時間を気にされているかと思いますが、Greengrass上で実行するオンデマンドLambdaの場合は実行に必要なものはすべてデバイス上に展開されているため、起動は素早く行われます。しかし、初期化処理等で重い処理がある場合は起動が遅くなるケースは考えられますので、そのような場合は実行方法をLong Lived Lambdaとして設定することで、Greengrass Coreが起動すると同時にLambdaが読み込まれ初期化処理を済ませておくことが出来、メッセージが届いてからハンドラで実行するまでの時間を早めることも可能です。ただし、どちらの場合でも処理できる以上のメッセージが届くとキューが溢れてしまいますので、メッセージを送る頻度や処理時間を改善する必要はあります。 —– 今後の AWS Webinar | イベントスケジュール 直近で以下を予定しています。各詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております。 —— AWSome Day Online Conference 「AWSome Day Online」は、AWSの主要サービスや基礎知識を約 3 時間という短い時間で、ポイントを押さえて紹介いたします。技術的な面だけではなく、AWS クラウドを学ぶために必要となる知識を身に付けたい方、エンジニアのみならず、営業職、プリセールス職、学生まで幅広い方々におすすめします。 ※この回ではAWSエキスパートによる技術的な内容についてチャット形式でのQ&Aを実施します。 ※AWS サービスの導入に関するご相談も同時にチャット形式にて対応します。 ※2020年は毎月第一水曜日に開催します。 日時:2021 年 2 […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS CodeBuild 資料及び QA 公開

先日 (2020/11/25) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS CodeBuild」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20201125 AWS Black Belt Online Seminar AWS CodeBuild AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. プロキシサーバが必要なのはどんなケースでしょうか? A. システム要件によりプロキシサーバを経由する必要がある場合にご利用ください。 例:オンプレミス上のプロキシサーバを経由する必要がある、アクセスログを残す必要があるなど。 Q. テストレポートは、CodeBuildの実行履歴からたどれるのでしょうか A. テストレポートは以下よりご確認いただけます。 ビルド履歴のレポートタブ レポートグループおよびレポート履歴 Q. phasesでプロセスを分けるメリットは何でしょうか? A. 任意のフェーズに全ての処理を記述することも可能ですが、フェーズを分けることでビルド仕様の可読性が上がる、フェーズ毎に run-as で実行ユーザを変更できる、フェーズ毎に通知を受け取れるなどがあるかと思います。 Q. CodeBuildを使ったテスト方法を知りたいです。 A. AWS CodeBuild のドキュメントにいくつか例がございます。こちらをご参照ください。 Q. AWS CodeBuild に Heroku/GitLab「アプリの確認」に似た機能はありますか?そうでない場合、AWS サービスの組み合わせによる同様の機能はありますか? A. 同様の機能はございませんが、ソースリポジトリへのプルリクエストをトリガーに、確認用環境構築を自動化する仕組みを作成することで同様のことは可能かと思います。確認用環境のリソース作成には AWS CloudFormation 、デプロイには […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS Config update 資料及び QA 公開

先日 (2020/12/08) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS Config update」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20201208 AWS Black Belt Online Seminar AWS Config update AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. 適合パックの変更不可とは、ルール策定時にカスタマイズ不可という意味ではなく、一度適用されたら適用された側が例外条件を加えて適用除外するようなことはできない、という意味で正しいでしょうか A. はい。デプロイされた適合パックは、その他のアカウントやアクセス権限によって、評価内容の変更やの除外を行うことができません。また適合パックの内容は、ルール策定時にカスタマイズが可能です(カスタムテンプレート機能) Q. 50個あるのは嬉しいですが、どれが自分のサービスに適合されるか効率よく、確実な1つのテンプレートの見つけ方はありますか? A. 評価を行いたいAWSサービスやアーキテクチャが具体的に決まっていれば、その「運用ベストプラクティスの適合パック」をまず確認いただくのがよいかと存じます。(サーバレス、EC2、ストレージサービスなど) Q. “適合パックによるアカウント特性や組織特性に応じた評価” スライド上の人物アイコンは、AWS アカウントを指していますか? A. はい、ご認識の通りです。AWS Organizations で管理されるAWSアカウント(メンバーアカウント)を意味しております。 Q. 本セミナーに直接関連するものではありませんが、こちらの資料( re:Invent 2019: MGT408 – Best practice for detecting and preventing data exposure ) p.12にある […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] 形で考えるサーバーレス設計 サーバーレスユースケースパターン解説 資料及び QA 公開

先日 (2020/11/18) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「形で考えるサーバーレス設計 サーバーレスユースケースパターン解説 」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20201118 AWS Black Belt Online Seminar 形で考えるサーバーレス設計 サーバーレスユースケースパターン解説 AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. 業務系APIグループ企業間APIのユースケースですが、LambdaとRDSの組み合わせはコネクションの問題がありアンチパターンだと思っていたのですが、違うのでしょうか? A. 確かにこれまではアンチパターンと言われていましたが、Amazon RDS Proxyがリリースされたことによって、AWS LambdaからAmazon RDSへのコネクションをプーリングして再利用できるようになったため、Amazon RDSの負荷を軽減することができるようになりました。従って今後はAWS LambdaとAmazon RDSの組み合わせも要件に合わせて検討できる構成となっています。 Q. Lambdaの質問になりますが、Lambda関数について、デフォルト設定では、参照権限を許可しない限り、別のAWSアカウント(第三者)から関数を呼ばれることはない、という理解であっていますでしょうか? A. はい、その通りです。AWS Lambda関数のリソースポリシーで明示的に許可を与えない限り、他のアカウントからそのLambda関数を実行することはできません。 Q. API-Gatewayを使ってSPAアプリを開発しようとしたときに、HTMLファイルはS3に置くのが一般的でしょうか? A. SPAのアプリケーションを開発する場合、HTMLやJavaScriptは静的なページなのでAmazon S3のWebホスティング機能を利用することにより、サーバーの構築を行うことなくWebの静的ページをホスティングすることが可能です。そのためAmazon API Gateway、AWS Lambda、Amazon DynamoDBなどと組み合わせることで、全てをサーバーレスで構成して実行することが可能となるため良く利用されます。 Q. APMのパターンはありますか?今日の時点で AWS X-Ray にはマルチアカウントサポートがないことを理解しています。これはNew Relicのようなサードパーティソリューションが効果的ですか? A. AWS […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon QuickSight のBI機能を独自アプリケーションやSaaSに埋め込む 資料及び QA 公開

先日 (2020/11/17) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon QuickSight のBI機能を独自アプリケーションやSaaSに埋め込む」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20201117 AWS Black Belt Online Seminar Amazon QuickSight のBI機能を独自アプリケーションやSaaSに埋め込む AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. Amazon QuickSight ACL で SSO ユーザーのグループとサブグループを使用できますか? A. QuickSight内のグループ機能は、SSO(フェデレーション)先のグループとは独立して利用可能です。つまりSSOには関係なくQuickSightの中でグループを作り、ユーザを登録することが可能です。SaaSでの利用において自動的なグループ登録を実現するには、例えばユーザをregister-userで登録した際に、同時にcreate-group-membershipを実行してグループ登録を行うように実行するなどで対応が可能です。 Q. Name spaceの管理はGUIには無いのでしょうか? A. 現時点ではName space機能はコマンドライン(CLI)もしくはAPIでの操作になります。 Q. マップのテーマのカスタマイズで詳細なマップに変更したり、といったことは可能でしょうか? A. QuickSightの地図ビジュアルにおいては、利用者独自のマップに変更するということはできません。 Q. email認証を使って閲覧ユーザーを招待した時に送信されるメールの文面をカスタマイズすることはできますでしょうか? A. GUIで登録した際に自動的に送付されるメッセージのカスタマイズはできませんが、CLIやAPIでユーザを登録すると、登録に必要なURLを取得することができます。 この際には自動ではメールは送信されませんので、お客様側の仕組みなどでURLとメッセージを添えてメールを送っていただくことで対応可能と思われます。 Q. QuichSightでExcelの近似曲線表示のような機能はございますか?ない場合,実現する手段はございますか? A. 近似曲線の機能はございません。代替案としては、たとえばQuickSightの外部で任意のツールでグラフを描画して、それをS3に置いておき、その画像のURLをQuickSightに埋め込むことで、図を表示するということが可能です。 Q. Salesforceのデータを活用して日本でよく多様される集計表形式でデータを表現可能でしょうか。 A. Salesforce.comの使い方はご利用者によってさまざまですので一概には申し上げられませんが、QuickSightはSalesforce.comに接続し、データを取得する機能がございますので、その機能で取得可能なデータであれば、それをQuickSightのビジュアルで、例えばピボットテーブルとして見せることが可能です。具体的な操作例についてはこちらのURLをご確認ください。 […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS CodeStar & AWS CodePipeline 資料及び QA 公開

先日 (2020/11/11) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS CodeStar & AWS CodePipeline」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20201111 AWS Black Belt Online Seminar AWS CodeStar & AWS CodePipeline AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. CodeStarで構築される環境は CloudFormation のテンプレートとして公開されているのでしょうか? A. AWS CodeStar テンプレートには AWS ランタイム依存関係をモデリングする AWS CloudFormation ファイルが含まれています。これはプロジェクト内に template.yml として保存されています。 AWS CodeStar User Guide: AWS CodeStar Project Templates Q. 独自の AWS CodeStar テンプレートを作成および追加できますか? […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon CloudFront deep dive 資料及び QA 公開

先日 (2020/10/28) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon CloudFront deep dive」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20201028 AWS Black Belt Online Seminar Amazon CloudFront deep dive AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. AWS WAFやShieldがリリースされる以前はCloudFront単体でDDoS Protectionされていたと記憶していますが、それは今でも有効ですか? A. すべての AWS のお客様は、追加料金なしで AWS Shield Standard の保護の適用を自動的に受けることができます。AWS Shield Standard は、ウェブサイトやアプリケーションを標的にした、最も一般的で頻繁に発生するネットワークおよびトランスポートレイヤーの DDoS 攻撃を防御します。AWS Shield Standard を Amazon CloudFront や Amazon Route 53 とともに使用すると、インフラストラクチャ (レイヤー 3 および […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS IoT Core 資料及び QA 公開

先日 (2020/10/27) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS IoT Core」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20201027 AWS Black Belt Online Seminar AWS IoT Core AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. チャットアプリを作成しています。どの AWS サービスを使用するかを検討しています。aws-sample で AWS IoT を使用するサンプルアプリを見つけました。さらに調べると、AWS AppSync、Amazon API Gateway を使用してチャットアプリを作成する方法を示す AWS のブログが見つかりました。各 AWSサービスのメリットとデメリットを理解したいと思います。参考になるドキュメント/ブログ/サンプルコードがあるかどうか教えてもらえますか? A. AppSync と API Gateway にはそれぞれ Black Belt Online Seminar 資料がございますので、こちらで詳細に解説しております。 【 AWS Black Belt Online Seminar […]

Read More