AWS CodePipeline は、迅速で信頼性の高いアプリケーションのアップデートを可能にする継続的デリバリーサービスです。CodePipeline を使用してソフトウェアのリリースプロセスを完全にモデル化および自動化できます。

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムなどの AWS ベーシックサポート機能を利用できます。

AWS アカウント作成の流れはこちら »

パイプラインはリリースプロセスのワークフローを定義し、リリースプロセス通して新しいコードの変更がどのように処理されるかを明確にします。パイプラインは一連のステージ(構築、テスト、デプロイ)から構成され、ワークフローの論理的な境界として機能します。各ステージは、コードの構築またはテスト環境へのデプロイなどの、タスクであるアクションのシーケンスで構成されます。AWS CodePipeline ではグラフィカルユーザーインターフェイスを使用して、パイプラインとそのさまざまなステージおよびアクションを作成、設定、管理できるため、リリースプロセスのワークフローを簡単に視覚化およびモデル化できます。

並列実行
CodePipeline を使用して構築、テスト、デプロイアクションを並列実行するようにモデル化して、ワークフロー速度を向上できます。

CodePipeline_Parallel-Execution

AWS CodePipeline はパイプラインのためのソースコードを AWS CodeCommit もしくは Amazon S3 から直接取得できます。AWS CodeBuild で構築と単体テストを実行できます。CodePipeline は AWS CodeDeployAWS Elastic Beanstalk、または AWS OpsWorks を使用することで変更内容をデプロイできます。

AWS CloudFormation アクションをモデル化すると、リリースプロセスの一環として AWS リソースをプロビジョニング、更新、または削除できます。これにより、AWS Serverless Application Model と共に AWS LambdaAmazon API Gateway、および Amazon DynamoDB を使用して構築したサーバーレスアプリケーションの継続的デリバリーも可能になります。

CodePipeline の AWS Lambda との統合を使用して、パイプラインのいずれかの段階で、コードで定義されたカスタム関数をトリガーできます。例えば、ウェブアプリケーションが正常にデプロイされたかどうかテストする Lambda 関数をトリガーできます。

CodePipeline によって、サードパーティ製の開発者用ツールおよびカスタムシステムを連動させたパイプラインを設定できます。

AWS CodePipeline では、GitHub または Jenkins のような、サードパーティの開発者用ツールをリリースプロセスの任意のステージに、クリック 1 つで統合できます。サードパーティ製のツールを使用してソースの管理、構築、テスト、デプロイができます。統合についての詳細は、こちらをご覧ください。

AWS CodePipeline では、お客様独自のカスタムシステムを統合できます。CodePipeline のオープンソースエージェントをサーバーに統合することで独自のサーバーをパイプラインに接続できる、カスタムアクションを登録できます。CodePipeline の Jenkins プラグインを使用して、既存のビルドサーバーを簡単にカスタムアクションとして登録することもできます。

AWS CodePipeline では、リリースワークフローとそのステージおよびアクションを指定する宣言型の JSON ドキュメントを使用して、パイプライン構造を定義できます。これらのドキュメントにより、既存のパイプラインの更新や、新規パイプライン作成のための開始テンプレートの設定が可能です。

AWS CodePipeline は AWS IAM を使用して、リリースワークフローの変更、およびコントロール権限のあるユーザーを管理します。IAM ユーザー、IAM ロール、SAML と統合されたディレクトリを使用して、ユーザーにアクセス権を与えることができます。