動画ワークフローを収益化する

純損失を削減しつつストリーミングビデオの収益機会を最適化する

放送局や動画コンテンツプロバイダーにとって、高品質な視聴体験を提供する必要性と、ストリーミング動画製品やサービスを収益化する必要性を両方満たすのは、本質的に難しいことです。オーバーザトップ (OTT) 動画コンテンツを収益化するという課題は、接続されたデバイスの視聴者の数が増えるにつれて拡大し続けます。 

AWS Elemental MediaTailor のご紹介 (0:45)

追加情報

eBook: Key Ways to Monetize your Video Content Assets

動画ビジネスの中核は、コンテンツアセットの収益化、つまりアート、情報、エンターテインメントを収益の流れに変える方法を中心に展開しています。この eBook では、コンテンツと収益をつなぐのに役立つ基本的なモデルのいくつかを説明し、さまざまなモデルを効果的に使用する世界中のサービスの例を提示します。

詳細 »

ウェブキャスト: クラウド内でマルチスクリーンの動画コンテンツをパーソナライズして収益化する

OTT ストリームを安定した利益の供給源に変える方法をご覧ください。ウェブキャストとデモを見る。AWS Elemental MediaTailor では、さまざまなマルチスクリーンデバイスの同時視聴者に、パーソナライズされた広告コンテンツをシームレスなオーバーザトップ (OTT) TV 体験で配信します。

詳細 »

ホワイトペーパー: SSAI ホワイトペーパー

接続されたデバイスで消費者に動画を配信しつつ収益をあげるという技術が発展し続けている今、ターゲット広告は収益と視聴者体験を最適化するための賢い方法です。クライアント側の広告挿入 (CSAI) ではなくサーバー側の広告挿入 (SSAI) を使用することによって有料テレビオペレーターがどのようにして利益を得ているか、クラウドが動的広告をどのように大規模に配信しているかの実例をご覧ください。

詳細 »

利点

動画ワークフローをクラウド上で完全に構築する

AWS クラウドサービスは、お客様のニーズに合わせて拡張、縮小、適応、進化するように設計されています。また従来の動画インフラストラクチャよりも簡単に、現行テクノロジーに沿った最新の状態を保つことができます。AWS クラウドの動画サービスでは、視聴者の需要に応じて処理リソースを自動的にスケールアップ/スケールダウンさせることができるため、予期しないアクセスの集中に対応するために大規模な投資をすることなく、何千万人もの視聴者の需要に応えることができます。

品質の向上とさらなるイノベーションを実現しつつ収益を得る

AWS では、新しい動画ワークフローを作成して実行する時間を削減できるため、高度な分析や機械学習を使用した動画イノベーションにより多くの時間を割り当てられます。AWS の動画サービスは、ライブ動画およびオンデマンド動画配信について従来の物理インフラストラクチャと同様の信頼性および品質を提供しています。動画プロバイダーは、パフォーマンスの向上と最小限のエンドツーエンドのレイテンシーのために、あらゆるコーデック、機能、統合性にアクセスして動画ワークフローを最適化することが可能です。

コストを削減しつつ少ない設備投資とオペレーションの俊敏性を実現する

AWS クラウドサービスを使用する動画プロバイダーは、先行投資にかかる多額な費用を、サービスの使用時にのみ発生する変動的で予測可能な運用上の費用にまわしています。AWS クラウドサービスを利用する動画プロバイダーは、物理的なアーキテクチャに制限されることなく、オンデマンドでサービスをパワーアップ/パワーダウンできます。これにより、超低コストでの実験、本番環境に対応したサービスの数分以内でのデプロイが可能になります。

収益化の課題とソリューション

動画ビジネスの中核は、コンテンツアセットの収益化、つまりアート、情報、エンターテインメントを収益の流れに変える方法を中心に展開しています。今、コンテンツの市場では壮大な変化が起こっています。これらの変化には、バリューチェーンのキープレイヤー、動画についての考え、制作されるコンテンツ、経験を強化するテクノロジーが含まれます。

時間とともに明らかに変化したのは、収益戦略を可能にするために存在するオプションの範囲です。現在利用可能なテクノロジーは、動画サービスの効率、スケーラビリティ、および展開を大幅に向上させます。また、変化する消費者環境に応じて、それらの戦術的な敏捷性も大幅に向上します。これらの変化によって、さらに、タイムシフト、コンテンツの一気見、視聴するデバイスを選択する新しい自由といったコンテンツの消費に関する新しいアイデアが可能になります。

AWS を使用すると、動画プロバイダーは純損失を心配する必要がなくなり、顧客のイノベーションに集中することができます。VOD またはライブストリーミングいずれの場合でも、動画プロバイダーはエンドツーエンドの動画ワークフローのすべてを AWS クラウド上で実行できます。セキュリティ、シンプルさ、レイテンシーが改善することに加え、AWS の他のサービスとも統合されているため、コンテンツをプラットフォーム外に持ち出す必要がありません。AWS では以下のことが可能です。

  • コンテンツに投資する – 固定費を変動費に変える。容量はピーク後に拡大/縮小するため、使用した分についてのみ支払う
  • 迅速に行動する – ストレージ、コンピューティング、その他のインフラストラクチャ要件を AWS で管理し市場投入までの時間を短縮することによってコストを削減する
  • イノベーションを開始する – 機械学習などの新しいテクノロジーを試して活用することにより多くの時間を使い、視聴者を惹きつける
  • パーソナライズ – AWS Elemental MediaTailor は、ストリーミング動画コンテンツのパーソナライズと収益化を容易にする、サーバー側の広告挿入のためのクラウドベースのサービスです

導入事例

動画配信の変革をリードするイノベーターのための信頼できるテクノロジー

Qello ロゴ
Amazon Prime Video (Thursday Night Football) ロゴ
Fox Sports ロゴ
Pac-12 ロゴ
FuboTV ロゴ

開始方法

時間やリソースが不足している場合は、AWS ベストプラクティスを使った構築済みアーキテクチャを使用すると、クラウドの導入をたちまちスピードアップできます。