Eiji Shinohara 2

名前:篠原 英治 / Eiji Shinohara
ポジション名:ソリューションアーキテクト(メディア&エンターテイメント)
入社年月:2013 年 8 月


学生時代にアルバイトで Web デザインをしていたのがきっかけで、IT エンジニアを志すようになりました。新卒で入った SIer では、金融系の様々な受託開発プロジェクトを担当し、エンジニア生活を送る中で、インターネットの圧倒的なスケールに魅せられ、インターネットサービス企業に転職しました。海外で買収した企業のサービスを日本に持ち帰るプロジェクトを担当している時に AWS と出会ったのを機にクラウド技術に夢中になり、現在に至ります。


ソリューションアーキテクトとして、スタートアップと広告テクノロジーのお客様を担当しています。高い技術力とスピード感が要求される領域でエキサイティングな日々を過ごしています。また、AWS 入社前からスタッフをしている Infinity Ventures Summit と共催で"IVS CTO Night and Day powered by AWS"という日本の一流の CTO100 人をお招きする 3 日間のカンファレンスを年 2 回運営しています。
技術的な専門分野は検索テクノロジーで、日頃から Palo Alto にいる開発チームメンバー達と協業しています。ベイエリアへの出張機会もあり、その際に San Francisco にある AWS Pop-up Loft というスタートアップ支援施設で現地のお客様向けに技術支援を行うこともあります。

AWS のコミュニティに参加し、自分で手を動かして AWS を使えば使うほどその良さが実感できるようになり、今後 AWS が IT エンジニアをよりクリエイティブな領域にフォーカスさせるという確信を持つに至りました。AWS の一員としてそのムーヴメントを巻き起こしたいと思ったことが入社を決めた理由です。

AWS の中には常にチャレンジングな機会が溢れています。今後は日本だけに留まらず、世界中のポテンシャルのあるお客様にAWSを訴求し、グローバルな Cloud Journey をご一緒させていただきたいと思っています。
ソリューションアーキテクトは、驚異的なイノベーションのペースを誇る AWS の中にいて、お客様からの様々な要求に応えるポジションなので、日々成長を実感できますし、今後も更に技術の幅を広げていきたいと考えています。


アマゾン ウェブ サービス(AWS)概要

Amazon の最新の採用情報を Facebook ページでも随時掲載中。詳しくはこちら »