Akihiro Tsukada 1

名前:塚田
ポジション名:ソリューションアーキテクト(Startup)
社歴:約 3 年

大学時代は国文学科で文法と漢字に興味を持っていましたが、色々あって情報系の学校に入り直してこの道に入りました。その後、開発者が集まるようなコミュニティに顔を出しつつ、システムインテグレータで金融系プロジェクトの SE、自社ウェブサービス運営企業のサーバサイドエンジニア、そしてスタートアップ企業を経て今に至ります。特に、最後のスタートアップ企業で CTO として務めた経験は、AWS での今の仕事に大きく関係しています。

主にスタートアップのお客様を担当するソリューションアーキテクトとして、日々新しいビジネスを生み出そうとされている方々を技術的に深く支援しています。一つ一つの質問にただ答えるだけではなく、 お客様の本当の課題は何なのかを考え、それをもっとも合理的に素早く実現できる方法を提案し、構築や運用まで見据えてサポートすることが重要な仕事です。ときにはオフィスに伺い、お客様の横で実装やプロトタイプ開発を密にサポートすることもあります。また、例えば開発の優先順位や、デュー・ディリジェンス時のセキュリティの重要性といった話をお客様とするとき、スタートアップのスピード感や事情を踏まえていなければ会話ができません。そういうとき、前職での経験が活きていると感じます。

転職するときも、当初はスタートアップ企業の選考を受けていました。しかし、AWS のスタートアップ担当ソリューションアーキテクトになることで、より多くのスタートアップに自分の影響を与えられることに気づき、AWS ジャパンに入ることにしました。

AWS は、エンジニアとして常に最先端の技術を吸収し、質の高いアウトプットをすることが求められ、周囲には各分野のエキスパートが揃っている非常にチャレンジングな環境です。その上、日々最先端のスタートアップの皆様とお話しすることができる今の担当領域で、伸ばせるだけ自分を伸ばしたいと考えています。今後はさらに活動の範囲を世界に広げ、グローバルに自分の力が発揮できるよう精進を続けていきます。

エンジニアにとって AWS は、力を存分に発揮でき、それが目に見える形で成果になり、またインプットとアウトプットによる成長もできる場所です。公式のスライド資料講演動画を見て、ぜひ自分がそれに加わっている姿をイメージしてみてください。ワクワクしませんか?ぜひ一緒に世界を変えていきましょう!