jp_sa_ms_1

名前:志村
ポジション名:ソリューションアーキテクト(Machine Learning)
社歴:約 1.5 年

ベンチャー企業でソフトウェアエンジニアとして働いた後、ウェブサービスを提供している会社に転職して,6 年ほどデータ分析基盤に関わる仕事に携わっていました。その中で最初はデータエンジニアとして,Hadoop による大規模データ処理基盤の構築と運用を行いました。その後,データ分析のフィールドをメインとして、ユーザー行動の分析に従事しました。その後より大きな視点から、組織内でどうデータ活用を推進していくかに取り組みました。

アナリティクス、機械学習領域を担当するソリューションアーキテクトとして、AWS でデータ活用に課題をいただいているお客様に対して,深く技術的な支援を行っています。併せてグローバルで連携している技術コミュニティのメンバーとして、他の地域と協力しながらよりよい技術的なソリューションを作っていく仕事も行なっています。そうして得られた知見を、イベント登壇やセミナー等を通じて、幅広いお客さまに向けて発信していくことにも力を入れています。

AWS のお客様は、世界中のあらゆる業種・規模にまたがっており、これらの案件に携わることで自分の知識と経験の幅を広げ、より大きな価値を提供できるようになることができると考えました。

この 10 年で、今までよりもはるかにデータが重要なものとなってきており、企業の価値の源泉と見なされるようになってきています。AWS には様々なロールがあり、また日々新しい事業が創られてもいます。自分が 5 年後にどこで何をしているかは正直よくわかりませんが、自分としてはどのような形であれ、データから価値を生み出すことに貢献できるような仕事に携わっていければと考えています。

AWS には世界中からさまざまな分野のエキスパートが集まっており、また非常に多岐に渡るお客さまがいらっしゃいます。こうした中で仕事をしていくのは非常に刺激的で、かつ事前に想像していたのとは全く違ってとてもエキサイティングです。そうした新しい日々に前向きに取り組んでいける方々をお待ちしています。