AWS Storage Gateway サービスでは、既存のオンプレミスのアプリケーション、インフラストラクチャ、データを AWS クラウドとシームレスに統合できます。このサービスでは、プロセスの中断を最小限に抑えるために、ローカルにデプロイされた仮想アプライアンスと業界標準のストレージプロトコルを使用して、既存のストレージアプリケーションとワークフローを AWS クラウドストレージサービスに接続します。

Storage Gateway のローカルアプライアンスは、頻繁にアクセスするデータをオンプレミスにキャッシュすることにより、低レイテンシーのパフォーマンスを実現し、Amazon S3、Amazon EBS、Amazon Glacier といったクラウドストレージに安全かつ永続的にデータを保存します。このサービスには、帯域幅の管理、ネットワークの自動復元、効率的なデータ転送など、高度に最適化されたデータ転送メカニズムもあります。

さらに、Storage Gateway では、データを AWS 暗号化、アイデンティティ管理、モニタリング、ストレージサービスと統合し、既存のストレージ環境で AWS クラウドのセキュリティ、永続性、拡張性を活用することができます。

AWS Storage Gateway が一般公開されました

Storage Gateway を無料で試す

AWS 無料利用枠には、AWS Storage Gateway を通して Amazon アカウントに書き込まれる最初の 100 GB のデータが含まれています。

AWS 無料利用枠の詳細はこちら »

100x100_benefit_migration

以下のようなユースケースでは、お客様は通常はハイブリッドクラウドストレージを使用します。

ハイブリッドクラウドのワークロード。クラウドベースのファイルサービス、ビッグデータ分析、データレイク、クラウドでのバースト、クラウドデータ移行のアーキテクチャには、クラウド内の中央ストレージリポジトリに接続されたローカルの容量とパフォーマンスが必要な場合があります。Storage Gateway は、お客様の組織とAWSの間でのデータ移動を効率化して、クラウド内のワークロードを管理します。

バックアップ、アーカイブ、および災害復旧。Storage Gateway はテープおよびテープオートメーションのためのドロップインリプレースメントであり、業界トップのバックアップソフトウェアパッケージと統合できます。Storage Gateway ではローカルボリュームのスナップショットを撮ることができ、ローカルサイトで災害が発生した際にはこれを Amazon EBS ボリュームとして復元できます。

階層型ストレージ。 一部のお客様は、低コストでオンデマンドのクラウド層を追加することで、パフォーマンスが高いオンプレミスの投資を保持または拡張するストレージアーキテクチャを設計します。これはアーカイブやコスト削減のプロジェクトには理想的です。

100x100_benefit_storage

ファイルゲートウェイのファイルインターフェイスでは、業界標準の NFS ファイルプロトコルを使用して Amazon S3 にオブジェクトとしてファイルを保存できます。保存したファイルには、NFS を介してデータセンターや Amazon EC2 からアクセスするか、S3 API を使用してオブジェクトとしてアクセスすることができます。所有権、アクセス権、およびタイムスタンプは、S3 内のファイルに関連付けられたオブジェクトのユーザーメタデータに、永続的に保管されます。S3 に転送されたオブジェクトは、ネイティブの S3 オブジェクトとして管理できるようになり、バージョン管理、ライフサイクル管理、リージョン間レプリケーションなどのバケットポリシーは、バケットに保存されたオブジェクトに直接適用されます。

ファイルゲートウェイの NFS インターフェイスを使用し、S3 内にファイルデータを保存してオブジェクトベースのワークロードで使用できます。このインターフェイスは、従来のバックアップアプリケーション向けのコスト効率に優れたストレージターゲットや、アプリケーションのファイルストレージ用にクラウド内におけるリポジトリや階層として利用できます。

詳細 »

100x100_benefit_databases

ボリュームゲートウェイでは、iSCSI ブロックプロトコルを使用しているストレージボリュームをアプリケーションに提供します。これらのボリュームに書き込まれたデータは、ボリュームのポイントインタイムスナップショットとして非同期的にバックアップして、クラウドに Amazon EBS スナップショットとして保存できます。スナップショットを作成するタイミングのスケジュールを設定することも、AWS マネジメントコンソールやサービス API を使ってアドホックでスナップショットを作成することもできます。スナップショットは、変更されたブロックのみをキャプチャする増分バックアップです。 すべてのスナップショットストレージも圧縮され、ストレージ料金も最低限に抑えられます。

iSCSI ブロックインターフェイスでボリュームゲートウェイに接続すると、キャッシュ型と保存型という 2 つのモードでゲートウェイを実行できます。キャッシュ型モードでは、プライマリデータを Amazon S3 に保存し、頻繁にアクセスするデータをキャッシュしてローカルに保持します。このモードを使用すると、プライマリストレージのコストを大幅に削減し、ストレージをオンプレミスでスケールする必要性を最小限に抑え、頻繁にアクセスするデータへの低レイテンシーのアクセスを維持できます。

保存型モードでは、データセット全体をローカルに保存し、Amazon S3 ボリュームの非同期コピーと EBS のポイントインタイムスナップショットを作成できます。このモードにより、耐久性が高くかつ低コストのオフサイトバックアップを実現でき、別のサイトに、または Amazon EC2 にローカルで復元できます。

多くの場合、ローカルアプリケーションをバックアップし、EBS スナップショットやキャッシュ型ボリュームのクローンに基づいた災害対策にそのバックアップを使用するために、ボリュームゲートウェイは活用されています。

100x100_benefit_server

テープゲートウェイは、仮想メディアチェンジャーと仮想テープドライブで構成される、業界標準の iSCSI ベースの仮想テープライブラリ (VTL) として、既存のバックアップアプリケーションに表示されます。既存のバックアップアプリケーションとワークフローの使用を続けながら、ほぼ無制限の仮想テープのコレクションに書き込みを行うことができます。それぞれの仮想テープは Amazon S3 に保管されます。仮想テープのデータに即時または頻繁にアクセスする必要がなくなった場合は、バックアップアプリケーションで仮想テープを Storage Gateway の仮想テープライブラリから Amazon Glacier クラウドストレージのアーカイブ層に移動し、ストレージコストをさらに削減できます。

現時点で、Storage Gateway は、主要なバックアップアプリケーションと互換性があります。テープゲートウェイの VTL インターフェイスにより、テープオートメーションの多額の前払い資本支出、複数年のメンテナンス契約義務、継続的なメディアコストが不要になります。お支払いは使用する容量に対してのみです。オフサイト施設にストレージメディアを輸送したりテープメディアを手作業で取り扱ったりする必要はなくなり、アーカイブには AWS クラウドプラットフォームの設計と耐久性のメリットが得られます。

詳細 »

 

100x100_benefit_pay-as-you-go

Storage Gateway は、ローカルディスクのパフォーマンスに AWS クラウドのスケールと耐久性を加えます。クラウドストレージプラットフォームとの間でのデータの移動をインテリジェントに管理し、必要とされる動作に基づいて帯域幅のバッファリングとスロットリングを自動的に行います。ローカルのパフォーマンスを最大にしてクラウドをセカンダリ層として使用したり、プライマリストレージとしてのクラウドとローカルキャッシュとしてのゲートウェイを併用したり、ローカルディスクストレージをクラウドストレージと混在させてネットワークトラフィックとローカルパフォーマンスのバランスを取ったりするように設定できます。マルチパート管理、差分転送、帯域幅スロットリング、帯域幅スケジューリングなどの最適化は、すべてのインターフェイスで標準です。