AWS Startup ブログ

Category: Compute

[開催報告] AWS 深層学習アクセラレータ — Amazon EC2 Inf1 インスタンスハンズオン

こんにちは、スタートアップソリューションアーキテクトの針原 (Twitter: @_hariby) です。スタートアップ企業向けに「AWS 深層学習アクセラレータ」と題し、深層学習ワークロード向けの GPU や専用チップに特化したオンラインイベントを開催しました。イベントの後半では参加者の方に Amazon EC2 Inf1 インスタンスハンズオンとして AWS Inferentia を利用した TensorFlow, PyTorch モデルの推論を実際に試して頂きました。僕自身も今回のハンズオンイベントを通して AWS Inferentia への理解が深まったので、その内容をブログにまとめます。

Read More

AWS Graviton2の導入により、RDBMSのコストを約2割削減。グラッドキューブ社の AWS活用事例

インターネット広告の運用からウェブサイトの解析・改善に至るまで、一気通貫型のデジタルマーケティング支援サービスを提供する株式会社グラッドキューブ。同社の主力事業のひとつが、スポーツ × AI × データ解析メディアの「SPAIA(スパイア)」です。ユーザーは「SPAIA」上で AI による勝敗予想や試合内容予想などを知り、スポーツをより深く愉しむことができます。 かつて「SPAIA」では、プロ野球のデータを格納する RDBMS として MariaDB(on EC2)を用いていましたが、パフォーマンスの課題を抱えていました。しかし、AWS Graviton2* プロセッサを搭載した Amazon Aurora PostgreSQL へと変更したことで、パフォーマンスを劇的に改善できただけではなく、野球関連システムの RBDMS のコストが約2割減という、大幅なコスト削減も実現したのです。

Read More

【週刊 Ask An Expert #44】Lambda ファンクションからの通信が Timed out?先週の #AWSLoft で受けた質問をざっくり紹介!

こんにちは、スタートアップ ソリューションアーキテクトの塚田 (Twitter: @akitsukada) です。 AWS Loft Tokyo の休館に伴って休載していた週刊 Ask An Expert ですが、実に11ヶ月ぶりに再開したいと思います!これからはまた定期的にみなさんに情報をお届けできそうです。お付き合いください。 ※ なお前回は2020年3月の掲載でした。 Online Ask An Expert とは? 皆さん、AWS Loft Tokyo はご存知でしょうか?

Read More

バーストパフォーマンス(T系)インスタンスの特徴を理解して上手に利用しよう

はじめまして、こんにちは。2020年4月にStartup Solutions Architectに着任しました、齋藤(Twitter: @koemu)です。 スタートアップ企業にお勤めのみなさま。AWSのサービスを利用される際に、インスタンスタイプはどのような基準で選択されていらっしゃいますでしょうか。その時に考慮の変数の一つとして価格を組み入れられているお客様は多数いらっしゃることと想像します。例えば、T2、T3およびT3aなどの比較的廉価なバーストパフォーマンスインスタンス(以下、T系インスタンスとします) 、Amazon EC2であればt3.mediamなどをご選択されるスタートアップ企業の方を見受けます。 さて、T系インスタンスには、性能面での他のインスタンスタイプにはない特徴があります。その特徴をこのブログでお伝えし、現状を今一度見直していただけたらと考えております。私がスタートアップ企業のお客様からよくご質問のあるサービスを中心に取り上げ、ご案内します。

Read More

スタートアップのためのコンテナ入門 – Kubernetes 編

こんにちは、スタートアップ ソリューションアーキテクトの松田 (@mats16k) です。 「スタートアップのためのコンテナ入門 – 導入編」「スタートアップためのコンテナ入門 – AWS Fargate 編」という記事を公開してきましたが、Kubernetes に興味があるスタートアップも多いのではないでしょうか。今回は Kubernetes にフォーカスしてお話しします。 なお Kubernetes 以前に、「そろそろコンテナやった方がいいか?」「なんとなく使い始めたけれどこれでいいのか?」「コンテナ自体は分かったけど、サービスでの利用に踏み切れていない」といった漠然とした課題感をお持ちの方は「スタートアップのためのコンテナ入門 – 導入編」から目を通して頂ければと思います。

Read More

スタートアップ企業への Kubernetes 導入に必要なこと – Kubernetes エキスパートとコンテナスペシャリスト SA が考える適切な活用法

  オープンソースのコンテナオーケストレーションシステムである Kubernetes は、いまや多くの企業が導入する技術となりました。デプロイ・スケーリングの自動化や、コンテナ化されたアプリケーションの統合的な管理を行ううえで、利便性の高い機能を提供してくれます。 ですが、Kubernetes の適切な活用方法については、模索を続けているエンジニアがほとんどです。とりわけ、人も時間も限られているスタートアップ企業においては、「限られた人的・時間的リソースのなかで、どう Kubernetes を利用すべきか?」「そもそも、自社に Kubernetes を導入した方がいいのか?」と思い悩んでいる方は多いのではないでしょうか。 そうした課題を解決するため、今回は Kubernetes の専門家として知られるゼットラボ株式会社の九岡 佑介 氏をお招きし、コンテナスペシャリスト ソリューションアーキテクトの原 康紘との対談を実施しました。ファシリテーターを務めるのは、スタートアップソリューションアーキテクトの塚田 朗弘です。 「スタートアップ企業に Kubernetes を導入する上で、気をつけるべきことは?」「AWS Fargate や Amazon EKS の登場の背景にあったものは?」など、知っておきたい情報が満載です。

Read More

メルカリのコンテナアーキテクチャを公開! 利便性の高いアプリを実現する AWS 活用法

2019年8月30日。AWS Loft Tokyo にて、AWS におけるコンテナサービスの解説とともに、株式会社メルカリにおける AWS Fargate、Amazon EKS の活用についてお話しいただくイベント AWS Containers talk with Mercari が開催されました。 このレポートでは、前半パートで株式会社メルカリの中河 宏文 氏による「メルカリ写真検索における Amazon EKS の活用事例とプロダクトにおける Edge AI Technology の展望」の模様を、後半パートで株式会社メルカリ 高橋 三徳 氏とアマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社のソリューションアーキテクト 塚田 朗弘、原 康紘による「Fireside Chat: merpay の AML/CFT(Anti-Money Laundering / Combating the Financing of Terrorism) 基盤における AWS Fargate 活用事例、その選定理由」の模様をお届けします。 世界でも有数のフリマアプリを運営するメルカリ社のノウハウ。「Docker コンテナ技術を自社に導入したい」「Amazon ECS、Amazon EKS、AWS Fargate をより適切に運用したい」と考えるスタートアップ企業の方々は必見です!

Read More

インサイドセールスの課題を解決するクラウドサービス【 Startup Architecture Of The Year 2019 ファイナリストによる寄稿シリーズ 】

皆さんこんにちは、スタートアップマーケティングの石渡です。 AWS Summit Tokyo で開催した Startup Architecture Of The Year 2019 では、7社のファイナリストによる熱いピッチコンテストが繰り広げられました。 このイベントは時間の関係もあり、各社5分という限られた時間でのピッチをお願いしました。当日は私も舞台袖から皆さんのピッチを聞いていましたが、ご登壇頂いた皆様の内容は、知恵と経験の詰まったもので、当日イベントに参加されなかった方にも是非お伝えしたいと思いました。そこで、ファイナリストの皆様に寄稿をお願いして、ここ AWS Startup Blog で、各社のアーキテクチャを熱く語って頂くことにいたしました。 今回は、ソリューションアーキテクト賞を受賞した、株式会社RevCommの 平村さんにご登場頂きます。先日、トロフィーの贈呈も兼ねてRevComm様のオフィスにお邪魔してきましたので、まずはインタビューからご覧下さい。

Read More

保険 API サービスを支える justInCase のマイクロサービスアーキテクチャ【 Startup Architecture Of The Year 2019 ファイナリストによる寄稿シリーズ 】

皆さんこんにちは、スタートアップマーケティングの石渡です。 AWS Summit Tokyo で開催した Startup Architecture Of The Year 2019 では、7社のファイナリストによる熱いピッチコンテストが繰り広げられました。 このイベントは時間の関係もあり、各社5分という限られた時間でのピッチをお願いしました。当日は私も舞台袖から皆さんのピッチを聞いていましたが、ご登壇頂いた皆様の内容は、知恵と経験の詰まったもので、当日イベントに参加されなかった方にも是非お伝えしたいと思いました。そこで、ファイナリストの皆様に寄稿をお願いして、ここ AWS Startup Blog で、各社のアーキテクチャを熱く語って頂くことにいたしました。 今回は、justInCaseの小笠原さんにご登場頂きます。

Read More

【お手軽ハンズオンで AWS を学ぶ】サーバーレスな RESTful API を構築しよう! Chaliceで実現する Python アプリ開発

  Chalice は、 Amazon API Gateway と AWS Lambda for Python による API 環境を実現してくれる、 AWS 製のアプリケーションフレームワークです。「サクッと Web API を書きたいんだけれど、 AWS SAM を使うほどでもない」という場合にはもってこいの手軽さで、スタートアップにおける API 開発を助けてくれます。 この記事では、2019年8月8日に開催された「AWS Amplify & Chalice ハンズオン 〜怠惰なプログラマ向けお手軽アプリ開発手法〜」の内容をベースに、 Chalice を用いてサーバーレスな RESTful API をスピーディーに構築する手順をハンズオン形式で解説していきます。

Read More