AWS Startup ブログ

Category: AWS Loft

【CTO of the year 2018】ビデオで振り返るハイレベルな7人のピッチバトル

皆さんこんにちは、AWSでスタートアップマーケティングを担当している石渡です。 2018年11月21日にAWS Loft Tokyoで開催されたCTO of the year 2018。栄えある第五代目のCTO of the yearには、atama plusの川原CTOが、そして今回新設されたオーディエンス賞には、Voicyの窪田CTOがその栄冠を勝ち取りました。 本日の投稿では、当日の様子を収録したビデオができあましたので、皆さんにも、登壇者の洞察と熱量、そして会場の熱気をお伝えしたいと思います。 第1部;今までのCTO of the yearの歩み まず始めに、CTO of the year 実行委員会として、本イベントの企画面をサポートした、AWSの畑から、今までのCTO of the year誕生の背景、そして今までの歩みをご紹介しました。 世の中にCEOやCOOなど、ビジネス系の人材向けの賞はあっても技術系の賞がない。CTOの働きを皆で讃えるイベントを作ろう!というのが、CTO of the yearが産声を上げるキッカケだったことなどが紹介されました。 第2部:歴代CTO of the yearによるパネルディスカッション 続いて、歴代4名のCTO of the yearをお招きしたパネルディスカッション企画を行いました。 パネリストの方々                           写真左から 【モデレーター】塚田 朗弘 アマゾン […]

Read More
CBcloud

AWS Loft Tokyo で「CBcloud」の アーキテクチャに関するお話を伺いました

こんにちは、Startup担当Solutions Architectチームのマネージャーをしている篠原英治(@shinodogg)です。 CBcloud株式会社のCSO皆川さん(写真 左)とCTO徳盛さん(写真 右)にAWS Loft Tokyoにお越しいただき、PickGoやイチマナのビジネスモデルや、そこで深くご活用いただいているAWSのアーキテクチャについてお話を伺いました。 皆川さんはChief Strategy Officerとしてアライアンス/組織/人事/営業などを幅広くご担当され、徳盛さんはChief Technology Officerとしてプロダクト開発における技術選定やエンジニアのマネージメントなどをご担当されています。 PickGoについて AWS Solutions Architectの保里が都内で見かけたPickGo。現在のビジネスの状況やそこで使われている技術についてお話を伺いました。 Startup支援プログラムであるAWS Activateがきっかけで、”元々馴染みがあったAWSの導入を決めた”、と語る徳盛さん。他社のクラウドも試してみたが、AWSのアカウントマネージャーおよびソリューションアーキテクトによるフォローや技術サポートなどに好感を持ち、最終的にはAWSに落ち着いた、とのこと。また、エンジニアの採用といった観点で見た場合も、”市場におけるAWSエンジニアの多さは魅力”とおっしゃっていました。 CBcloudを支える技術 AWS Elastic Beanstalkを活用してスケール構成を実現している様子を紹介してくれました。 車両の動態管理システムである”イチマナ”においては、フロント側とAPI側をサービス化して分離しながら、Blockchain技術を活用して履歴を保持されているとのことです。AI/MLといった領域は最初から知見をお持ちだったのではなく、エンジニアの方々が学習をされてR&D的に取り組まれていらっしゃいます。今後は培った技術を活用して、ルーティングや到着予測の精度を上げていきたい、とのことでした。メールの送信はAmazon Simple Email Service (Amazon SES)を利用。 CSO皆川さんにイチマナを完全無料としたことをお伺いしたところ、納品先にも位置情報を共有する仕組みを入れており、これまでの動態管理サービスとの違いをつくるだけでなく、運転中に電話がなることを減らしドライバーの安全を守りたい思いがあるとのこと。またこれまで動態管理を導入したくでも導入することが出来なかった中小運送会社にも使ってもらい所属するドライバーの待遇改善にもつなげたいとのことでした。 これまでもAmazonとのビジネス連携をAWSと一緒に検討させていただいてきた経緯がございますが、今後のサービスの開発ロードマップも踏まえながら、どのように今ある課題を解決していくか、例えば、積載率を向上への取り組みについて、ブロックチェーン技術やAI技術を織り交ぜながら、ご紹介いただきました。 “ドライバーファースト”を掲げ、ラストワンマイル問題を解決すべく、サービス開発に邁進しているCBcloudさんの今後に目が離せませんね。 CBcloudにおける技術選定 “エンジニアとして最新の技術や言語を導入してみたいと思う気持ちはありつつも、テクノロジーはあくまでサービスを構築するための手段として考え、開発速度と品質を両立できるような技術を選択することを心がけている”と、CTO徳盛さん。現在、APIはRuby on Railsを使用し、フロント側はVue.jsを導入中。過去に特定のプログラミング言語を押し出したところ、エンジニアの採用に苦戦したことがあった、とのこと。そう言った意味で、AWSに関しては”エンジニアの仲間を集める上で現状、一番良い選択肢”と皆川さんと徳盛さんが口を合わせたようにおっしゃっていたのが印象的でした。 一日の平均睡眠時間は? 徳盛さんは6〜7時間の睡眠時間を確保できるように、会社から近いところにお住まいとのこと。一方で皆川さんの平均睡眠時間は5〜6時間。お子さんの保育園の送迎なども含めたその日の状況によってフレキシブルにご予定を組まれているそうです。 20歳の頃の自分に伝えたいことはありますか? 徳盛さんは学生時代、研究室にこもって作業に没頭していたこともあり、”もっと広く世の中のことを興味を持っても良かったかもしれない”とおっしゃっていました。皆川さんは、”今を楽しもう。20歳の時に今しか出来ないことを。”   皆川さん、徳盛さん、お忙しいところ快くインタビューを受けてくださりありがとうございました!今後ともAWSをよろしくお願い致します!CODE HAPPY!    

Read More
amazon

【開催報告】Amazon Tech Night ~Amazon Pay スペシャル!~ Amazon Pay SA と AWS SA による公開アーキテクチャレビュー

こんにちは。AWS JapanでStartup SAチームのマネージャーをしている篠原英治(@shinodogg)です。朝ごと冷気が加わり、皆さま方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。 2018年10月18日に、Amazon PayのSolutions Architectの吉村とジョナサンを招いて、AWS Loft Tokyoにて公開アーキテクチャレビューを行いました。 司会進行はStartup担当のシニアSA塚田(@akitsukada)。 Amazon Pay 技術解説 アマゾン ジャパン合同会社 Amazon Pay Solutions Architect 吉村周造 Amazon.co.jpやAmazon Payのビジネスの概要から、Amazon PayのデモやAPIを使った実装の処理のシーケンスまで幅広くご紹介しました。 『ozie』様のサイト上でAmazonアカウントを使って決済を行うデモをや、 ふるさと納税サイトである『ふるさとチョイス』様でAmazon Payを使って寄付をするデモを行いました。 STORES.jpでもAmazon Payを使ってお買い物が出来たり、Alexa(Amazon Echo)を使った『コネクテッドコマース』など、今後も用途を拡大していきますので、是非Amazon Payをご利用ください! Amazon Pay SA と AWS SA による、Amazon 社員食堂決済システムのバックエンド公開アーキテクチャレビュー アマゾン ジャパン合同会社 Amazon Pay Solutions Architect ジョナサン・フロエミング アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 Solutions Architects 森 祐孝 / 大村 幸敬 […]

Read More
Startup Tech Meetup

【開催報告】第13回 AWS Startup Tech Meetup

こんにちは、Startup担当SA Managerの篠原英治(@shinodogg)です。 AWSをご利用中のStartup企業で働くエンジニアのコミュニティである”AWS Startup Tech Community”で、先日13回目のMeetupをAWS Loft Tokyoで開催しました。今回もインタラクティブなやり取りが数多く発生し、現場感あふれる実践的な内容になりました。 集合写真はSORACOM 山下さんに撮っていただきました。いつもありがとうございます! Networking & 参加者自己紹介 参加者一人ひとりによる自己紹介と”最近食べた美味しいもの”をシェアしていただきました。自炊ネタからレストランまで様々でしたが、Startupエンジニアから評価を得ているラーメン屋さんは別途まとめても良いかもしれませんね。 AWSコスト削減をする前に読むスライド : スタディスト 北野 勝久 氏 現在の状況になっているのには理由があり、その気持ちを理解する努力をした上で、原理原則に沿った振る舞いをしようという内容。 AWSからご提供させていただいている機能としての Trusted Advisor や Simple Monthly Calculator を活用しながら、北野さんが現場で経験してきたことを踏まえて語る”やるべきこと”に対して多くの共感を呼んだセッションとなりました。 スライドをSpeaker Deck上にUploadしていただきましたので、是非ご覧ください!   k8sとEnvoyとEC2とDevopsとChatWork と私 : ChatWork 冨田 陽介 氏 第1回のAWS Startup Tech Meetupにもご登壇いただいた冨田さん。勤務先企業が変わっても、AWSのご利用と、こういった場での情報発信を継続していただいていることに、お話を伺いながら胸が熱くなる思いでした。 LyftでDevOpsを実践しているMatt Kleinさんのコンテンツの日本語訳をベースに、キレイごとや理想論のようなものではなく、現場のエンジニアを”Burnout”させないための仕組みについてお話いただきました。 例えば、接続している別サービスの障害を再現させるようなテストは簡単なでなく、そういった文脈でMicroservicesなアーキテクチャの運用は難しく、冨田さんご自身がSREチームのマネージャーとし活動する中で実感してきたEnvoyの素晴らしさをご紹介くださいました。 発表後のディスカッションも盛り上がりました。FiNC中村さんからの質問に、 丁寧に回答していた冨田さん。 Lightning Talks EFS利用事例 -Craft Warriorsのバトルを支える仕組み- :  Translimit 松下 雅和 氏 […]

Read More

「挑戦をカタチにする場所へ」AWS Loft Tokyoの全貌をいよいよ公開!

みなさんこんにちは、マーケティングの石渡です。 2018/5/30の AWS Summit Tokyo での発表以来、粛々と準備を進めてきた AWS Loft Tokyoがいよいよそのお披露目の時を迎えました!2018/9/19日に、アマゾンジャパンとアマゾン ウェブ サービス ジャパンが合同で行った、新社屋の関係披露記者説明会で、AWS Loft Tokyoもメディア向けに初公開されたのです。それに併せて、AWS Loft Tokyoのウェブサイトも、オープンしました!   今回は、10/1の正式オープンに先立って、AWS Loftの雰囲気を感じて頂けるよう、フォトレポートをお送りします。AWS Loftそのものについては、以前のBlog記事もご参照ください。 AWS Loft の共通メッセージ:CODE HAPPY AWS Loftは、東京が3拠点目の常設拠点となり、他にはサンフランシスコとニューヨークにもあります。そのいずれの拠点にも、「CODE HAPPY」というメッセージが掲げられています。実は、メッセージは決まっているのですが、定められたデザインなどはなく、拠点ごとの独自性を出していい(ほしい)というのが、Loftプロジェクトリーダーからの話でした。プロジェクトメンバーで検討を重ね、東京はポップなテイストの以下のサインを採用しました。 この文字の中に入っているもの、何かわかりますか?薬のカプセルようにも見えますし、おもちゃのブロックのようにも見えますよね。答えは。。。。ぜひぜひ、AWS Loft Tokyoにお越しになって直接お確かめになって下さい。写真の右下にある、黄金に輝く謎のカブトムシにもご注目を。存在感があるので、写真上は敢えて半分だけ登場してもらってます(笑)                                   この「CODE HAPPY」ですが、お越しの皆様に、HappyにCodingして頂きたいという思いはもちろんですが、HappyなCodingから出てきたプロダクトやソフトウェアで、世の中にもHappyを届けて頂けるような場所になるといいなと、LoftとAWS Loft Tokyoのメンバーは願っています。   いつでもAWSのエキスパートに相談ができるAsk An Expertカウンター […]

Read More

リニューアルしたAWS Loft San Francisco のレポートをお送りします

皆さん、こんにちは。マーケティングの石渡です。 AWS Loft San Francisco (以下 SF Loft) が7月にリニューアルされ、装いも新たにオープンしました。今回は潜入レポートをお届けします。 新しい SF Loft は、SFダウンタウンの金融街の近く 新しいSF Loftは、SF ダウンタウンの目抜き通り Market St. 沿いにあり、BART (SFの鉄道) の Montgomery St. と Embarcadero St. のほぼ中間くらいの場所にあります。SFで開催されるイベントで利用されることも多い「Moscone Center」からもほど近い場所です。Moscone Centerでのセッションに疲れた時や、観光の合間などにもお立ち寄り頂きやすい場所になっています。 SF Loftのロケーション(Google Map) なお、上記マップ上のピン、本当に、絶妙な場所に打たれています。SF Loftが入居するビルのメインエントランスは、Market St.沿いにありますが、SF Loftの入り口は、このビルのすぐ横にある広場になっています。このピンは、その広場の入り口に適切に打たれています。私も入り口が分からず迷いましたので、入り口は横にあることをお忘れ無く(苦笑)。 無事に入り口から入館すると、ちょっとコワモテの警備員さんがいますが、Loft を利用したいと伝えて頂ければ、優しく案内してくれます。ちなみに、日本びいきの方のようで、「日本から来たよ」と言って頂くと、とても歓迎してくれますよ(笑)。 受付がこちらです。こちらでチェックインをして頂きます。 お客様のAWS 活用ニーズにお応えする充実した施設とコンテンツ SF Loftは、初めてのAWS Loft 拠点として2014年に開設しましたが、これまで何カ所か移転を行い、そのたびに内容をパワーアップしてきました。新しい SF Loft には、100名以上が余裕で収容可能な専用セミナールームが出来ました。そのため、内容充実のセミナーが、今まで以上の頻度開催出来るようになっています。例えば以下の写真は、まだ日本では未導入のAWS DeepLensを用いたハンズオンセミナーの様子です。SF Loft では、座学形式のセミナーもあれば、実際に手を動かして理解を深めるハンズオンもありと、様々な内容のテクニカルセッションを開催しています。ぜひイベントカレンダーをチェックして、気軽に参加してみてください。 SF Loftのイベントカレンダーはこちらでご覧頂けます。 Ask An […]

Read More

挑戦をカタチにする場:AWS Loft Tokyoがはじまります

皆さん、こんにちは。マーケティングの石渡です。 5/30、我々アマゾン ウェブ サービスにとって最大規模の年次イベント「AWS Summit Tokyo 2018」の初日を迎えることが出来ました。過去最大の事前ご登録者様を頂くなど、我々マーケティングのメンバーも緊張の中、初日を過ごしています。 本日の基調講演は、様々なお客様の最新成功事例や、東京リージョンにおけるサービス提供開始など、例年にも増して盛りだくさんの内容となりました。そして、基調講演後半、満を持してご紹介したものが、スタートアップとデベロッパのための施設「AWS Loft Tokyo」を10月に向けてオープンする計画です。     AWS Loftとは? AWS Loftは、スタートアップとデベロッパーの皆さんに向けた施設で、AWSが世界中で進めている取り組みです。現在、サンフランシスコとニューヨークに常設のAWS Loftが稼働中です。今まで、期間限定となる「AWS Pop-up Loft」は、ヨーロッパや中東などの幅広いエリアで展開してきましたが、常設拠点としては3カ所目、アメリカ国外では初の拠点となります。 AWS Loft Tokyoとは? AWS Loftは、スタートアップとデベロッパーの皆さんの課題解決を支援するための施設です。一例として、AWSのソリューション・アーキテクト(SA)をはじめとする技術者陣が常駐しているエリアがあり、無料かつ予約不要で新しいアイディアのご相談などに活用頂くことが可能です。 他にも、無料で利用できる「コ・ワーキングスペース」もご提供いたします。一般的なコ・ワーキングスペースとは違い、一定期間の利用契約も不要なため、必要になったタイミングで機動的にご利用頂けるのも特長の一つです。(ただし、シェアードオフィスのように、特定の区画を、一定期間占有するような利用方法はできませんので、その点はご了承ください。) 学びと交流の場 AWS Loft Tokyoでは、テクニカルとビジネスの双方のトピックスを取り混ぜた、バラエティ豊かなセミナーや勉強会も開催していきます。一例をご紹介すると、AWSそのものや、特定のサービスを始めて頂くきっかけとなるような入門編や、例えばデータベースやコンピュートなど、特定のカテゴリテーマを数日掛けて深掘りするようなディープな内容のものなど、様々なアングルでテーマ設定を行っていきます。 そして、コミュニティも、AWS Loft Tokyoが大事にするものです。セミナーの形式だと、我々からの一方向の情報の流れになりがちですが、ユーザー間での情報交換や、そこから始まる新しいチャレンジを、AWS Loft Tokyoはサポートしたいと思っています。 新しい挑戦をカタチにする場 国内のスタートアップにとって、グローバル化は大きな課題の一つと思いますが、AWS Loft Tokyoにおいても、グローバルをテーマにした活動は注力する領域です。以前からも、海外の注目スタートアップのCEOやCTOをお招きして、今までの成長の軌跡やチャレンジなどをお聞きする勉強会を定期的に開催してきました。 今後もこうした取り組みを行う一方、海外のAWS Loftネットワークに対して国内スタートアップの活動を発信していくなどの企画を構想中です。様々な形で、グローバルへの挑戦を支援していきたいと思っています。 また、AWS Loft Tokyoに隣接する施設として、Digital Innovation Labも同じタイミングでのオープンを予定しています。Digital Innovation Labは、IoTやAR/VRなどの先端的な領域について、お客様と一緒に実施していくワークショップラボです。こうした新しい施設とも一体的に取り組みながら、お客様の新しい挑戦をカタチにしていくサポートに取り組んでいきます。 私たちは、AWS Loft Tokyoを通じて、様々な業種やステージの国内スタートアップの飛躍と、デベロッパーの皆さんの新しい取り組みをお手伝いしていきます。 今後、10月に向けて、セミナーやオープニング企画などを順次ご紹介していく予定ですので、どうぞご期待ください。   AWS Summit Tokyoで公開したAWS […]

Read More