AWS Startup ブログ

Category: Front-End Web & Mobile

【開催報告&資料公開】Amplify Week – オンラインハンズオン

こんにちは、スタートアップ ソリューションアーキテクトの松田 (Twitter: @mats16k) です。 AWS Startup Day の連動イベントとして、オンラインハンズオン「Amplify Week」を 4/15(水)〜17(金) の3夜連続で行いました!今回はセッション資料と、実際に頂いた質問とその解答の紹介をしていきます。 なお、イベントページに記載があります通り、AWS Startup Day の Amplify 関連セッションを聴講の上での参加を推奨しておりますので、本記事を見てハンズオンに興味を持たれた方もセッションからご覧頂くのがよろしいかと思います。

Read More

スタートアップが AWS Amplify を使うべき3つの理由

こんにちは、スタートアップ ソリューションアーキテクトの水馬です。 今回のテーマは AWS Amplify です。 みなさん Amplify はご存知でしょうか? Amplify は AWS を使用したスケーラブルな Web およびモバイルアプリ開発のためのフレームワークです。近年の複雑化するアプリケーションでは多くの場合、複数の AWS サービスを組み合わせてサービスを構築する必要があります。開発者はバックエンドの構築に加え、これらと連携する多くのソースコードをアプリケーションに実装する必要がりました。 Amplify を用いれば、複雑なバックエンドの構築、アプリケーションとの統合を簡略化し、開発者は本質的な機能の開発に集中することができるようになります。 今回は、スタートアップ において、 Amplify を導入すべき3つの理由をご紹介したいと思います。

Read More

【お手軽ハンズオンで AWS を学ぶ】サーバーレスな RESTful API を構築しよう! Chaliceで実現する Python アプリ開発

  Chalice は、 Amazon API Gateway と AWS Lambda for Python による API 環境を実現してくれる、 AWS 製のアプリケーションフレームワークです。「サクッと Web API を書きたいんだけれど、 AWS SAM を使うほどでもない」という場合にはもってこいの手軽さで、スタートアップにおける API 開発を助けてくれます。 この記事では、2019年8月8日に開催された「AWS Amplify & Chalice ハンズオン 〜怠惰なプログラマ向けお手軽アプリ開発手法〜」の内容をベースに、 Chalice を用いてサーバーレスな RESTful API をスピーディーに構築する手順をハンズオン形式で解説していきます。

Read More

【お手軽ハンズオンで AWS を学ぶ】AWS Amplify で Todo アプリを作ろう! AWS AppSync & Amazon DynamoDB によるリアルタイムメッセージング

AWS Amplify は、モバイルアプリやウェブアプリの実装を手助けしてくれるフレームワークです。AWS 上のバックエンドをプロビジョニングすることで、iOS や Android 、 Web 、React Native 上などにあるフロントエンドと簡単に統合させることが可能になります。開発スピードが最重要視されるスタートアップにおいて、AWS Amplify が役に立つ場面は多いでしょう。 この記事では、2019年8月8日に開催された「AWS Amplify & Chalice ハンズオン 〜怠惰なプログラマ向けお手軽アプリ開発手法〜」の内容をベースに、 AWS Amplify で AWS AppSync と Amazon DynamoDB を用いた Todo リストアプリを構築する手順を、ハンズオン形式で解説していきます。

Read More

【後編】AWS Startup Day 2019 Tokyo: スタートアップのためのビジネスとテクノロジーの最先端の知が集結したイベントを詳報

皆さん、こんにちは。AWSでスタートアップマーケティングを担当している石渡です。 今回のBlogは、2019年3月27日に開催した、AWS Startup Day 2019 Tokyoの午後の部についてレポートしています。基調講演の内容をご紹介した前編は、こちらからご覧下さい。 昨年より大幅にパワーアップした午後の企画

Read More

Depop が AWS を使用してデータスワンプ (沼) を脱し、データレイク (湖) へと改善した方法とは

今回のゲスト寄稿者は Depop 社のリードプラットフォームエンジニア、Alexej Tessaro 氏です。 2011 年に PIG Magazine および RETROSUPERFUTURE サングラスの共同創業者である Simon Beckerman が設立したロンドンベースのスタートアップ企業、Depop は友人やインフルエンサーがその瞬間に掘り出したものをベースとしたユニークなアイテムを顧客が売ったり、買ったり、発見したりできるソーシャルマーケットプレースを提供しています。 こうしたネットワークは必然的に大量のデータを生成します。アプリ上では刻々とユーザーが互いにフォローし、メッセージを送り、新しい商品が公開、販売され、そうした商品に対しコメントやいいねなどのリアクションが起きています。Depop ではそうしたデータをすばやく効率的に処理できなければなりません。なぜならこうしたイベントのひとつひとつが、ビジネス戦略、運営、マーケティング、商品開発、その他の活動において、十分な情報を得たうえでの決定を下すのに欠かせない極めて貴重なインテリジェンスをもたらすからです。 これを実現するため、私たちはビジネス構造とニーズをサポートするデータアーキテクチャを定義し、Depop が機能するためのこうしたコンポーネントのパフォーマンスや可用性に影響を及ぼさない、信頼性と回復力があり高パフォーマンスなデータパイプラインを構築する必要がありました。 背景として、私たちは元々、プライマリデータストア、特に、リレーショナルデータベースとキーバリュー型データベースしか持っていませんでした。商品情報を必要としていた組織のすべてのチームがそうしたデータベースに負荷のかかるクエリを実行していました。当社のマーケティング、運営、製品チームはユーザーのアクティビティをモニタリングし、統計的なインサイトを収集し、負荷の掛かる複雑な SQL クエリを実行するビジネスインテリジェンスツールを使用していました。その一方で、当社のユーザーは iOS や Android のアプリ、また当社のウェブサイトを利用していました。 これではわざわざ障害を起こそうとしているようなものです。実際に、この (非) アーキテクチャのせいで私たちはたびたび機能の停止を経験しました。さらに、着々と増え続けるユーザーベースも重なり、データレイヤへのアクセスをスケーリングすることはさらに困難になったのです。最終的にチームはデータレイクの概念を採り入れることを決め、その後、スキーマの更新を望んではいませんでした。当社のビジネスストラクチャとニーズをサポートするデータアーキテクチャを定義する間に私たちが学んだことについて詳しくは、こちらをご覧ください。   このブログの作者:ミシェル・クン – Michelle Kung ミシェルは、AWSのスタートアップマーケティングチームに所属し、コンテンツ制作を率いています。AWSに参加する前は、Index Venturesのコンテンツリードとして活躍していました。それ以前には、The Wall Street Journalにおける貴社および編集者を経験、Huffington Postのビジネス記事編集者、THe Boston Globeの特派員、Publisher’s Weekでのコラムニスト、Entertainet Weeklyにおけるライターの経験を持っています。

Read More