AWS Startup ブログ

Category: AWS Lambda

メルカリのコンテナアーキテクチャを公開! 利便性の高いアプリを実現する AWS 活用法

2019年8月30日。AWS Loft Tokyo にて、AWS におけるコンテナサービスの解説とともに、株式会社メルカリにおける AWS Fargate、Amazon EKS の活用についてお話しいただくイベント AWS Containers talk with Mercari が開催されました。 このレポートでは、前半パートで株式会社メルカリの中河 宏文 氏による「メルカリ写真検索における Amazon EKS の活用事例とプロダクトにおける Edge AI Technology の展望」の模様を、後半パートで株式会社メルカリ 高橋 三徳 氏とアマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社のソリューションアーキテクト 塚田 朗弘、原 康紘による「Fireside Chat: merpay の AML/CFT(Anti-Money Laundering / Combating the Financing of Terrorism) 基盤における AWS Fargate 活用事例、その選定理由」の模様をお届けします。 世界でも有数のフリマアプリを運営するメルカリ社のノウハウ。「Docker コンテナ技術を自社に導入したい」「Amazon ECS、Amazon EKS、AWS Fargate をより適切に運用したい」と考えるスタートアップ企業の方々は必見です!

Read More

保険 API サービスを支える justInCase のマイクロサービスアーキテクチャ【 Startup Architecture Of The Year 2019 ファイナリストによる寄稿シリーズ 】

皆さんこんにちは、スタートアップマーケティングの石渡です。 AWS Summit Tokyo で開催した Startup Architecture Of The Year 2019 では、7社のファイナリストによる熱いピッチコンテストが繰り広げられました。 このイベントは時間の関係もあり、各社5分という限られた時間でのピッチをお願いしました。当日は私も舞台袖から皆さんのピッチを聞いていましたが、ご登壇頂いた皆様の内容は、知恵と経験の詰まったもので、当日イベントに参加されなかった方にも是非お伝えしたいと思いました。そこで、ファイナリストの皆様に寄稿をお願いして、ここ AWS Startup Blog で、各社のアーキテクチャを熱く語って頂くことにいたしました。 今回は、justInCaseの小笠原さんにご登場頂きます。

Read More

【お手軽ハンズオンで AWS を学ぶ】サーバーレスな RESTful API を構築しよう! Chaliceで実現する Python アプリ開発

  Chalice は、 Amazon API Gateway と AWS Lambda for Python による API 環境を実現してくれる、 AWS 製のアプリケーションフレームワークです。「サクッと Web API を書きたいんだけれど、 AWS SAM を使うほどでもない」という場合にはもってこいの手軽さで、スタートアップにおける API 開発を助けてくれます。 この記事では、2019年8月8日に開催された「AWS Amplify & Chalice ハンズオン 〜怠惰なプログラマ向けお手軽アプリ開発手法〜」の内容をベースに、 Chalice を用いてサーバーレスな RESTful API をスピーディーに構築する手順をハンズオン形式で解説していきます。

Read More

コンテナ活用で成果を出すスタートアップの視点 – マネーツリー株式会社の事例から

皆さんこんにちは、スタートアップマーケティングの石渡です。 さて、AWS Startup Blog では、8月・9月の2ヶ月間に、コンテナ技術に関するブログポストを幾つもお届けしてきました。AWS が提供中の様々なコンテナサービスを解説しつつ、なぜそのような選択肢があるのか?そして、そもそもコンテナを使う目的は何なのかを、皆さんと一緒に考えていきたいという思いで記事を編集しています。その中でも、特に多くの方に読んで頂いた記事が以下の2本です: スタートアップのためのコンテナ入門 – 導入編 スタートアップのためのコンテナ入門 – AWS Fargate 編 本日は、これらの記事を読んで頂いた方にお勧めしたい、いわば実践編のブログポストをお届けします。

Read More

Docker をフル活用して金融業界のシビアなパフォーマンス、セキュリティ要件に対応している株式会社Finatext石橋さんに、難しいポイントやアーキテクチャ上の工夫を伺いました – 後編

みなさんこんにちは、スタートアップソリューションアーキテクトの塚田(Twitter: @akitsukada)です。前編に続き、株式会社Finatext の石橋さんにお話を伺っていきます! 後編では、アーキテクチャや技術の選定をどのように考えてきたか、FinTech スタートアップとして不可避であるセキュリティ・コンプライアンスの高い要求をいかに合理的に対応してきたかなどをより深くお伺いします。

Read More

「あらゆるテックスタートアップはこのコンテストを目指すべき!」スタメン松谷氏が振り返るグランプリまでの道のり 【Startup Architecture Of The Year 2019 ファイナリストによる寄稿シリーズ】

皆さんこんにちは、スタートアップマーケティングの石渡です。 先日開催した Startup Architecture Of The Year 2019 では、7社のファイナリストによる熱いピッチコンテストが繰り広げられました。 このイベントは時間の関係もあり、各社5分という限られた時間でのピッチをお願いしました。当日は私も舞台袖から皆さんのピッチを聞いていましたが、ご登壇頂いた皆様の内容は、知恵と経験の詰まったもので、当日イベントに参加されなかった方にも是非お伝えしたいと思いました。そこで、ファイナリストの皆様に寄稿をお願いして、ここ AWS Startup Blog で、各社のアーキテクチャを熱く語って頂くことにいたしました。 今回は、グランプリである Startup Architecture Of The Year 2019 に輝いた、株式会社スタメンのテックリード、松谷さんにご登場頂きます。この賞は、日本におけるテックスタートアップをリードする著名 CTO 6名の投票により決定したものです。 先日、受賞のトロフィーをお渡しするために、スタメン様のオフィスにお邪魔してきました。寄稿の前に、写真とショートインタビューをご覧下さい。インタビューには、松谷さんとともに、取締役 CTO の小林さんにも同席頂きました。

Read More

日本発のブロックチェーンゲームを支えるアーキテクチャはどうなっている?【 Startup Architecture Of The Year 2019 ファイナリストによる寄稿シリーズ】

皆さんこんにちは、スタートアップマーケティングの石渡です。 先日開催した Startup Architecture Of The Year 2019 では、7社のファイナリストによる熱いピッチコンテストが繰り広げられました。(イベントレポートはこちら) このイベントは時間の関係もあり、各社5分という限られた時間でのピッチをお願いしました。当日は私も舞台袖から皆さんのピッチを聞いていましたが、ご登壇頂いた皆様の内容は、知恵と経験の詰まったもので、当日イベントに参加されなかった方にも是非お伝えしたいと思いました。そこで、ファイナリストの皆様に寄稿をお願いして、ここ AWS Startup Blog で、各社のアーキテクチャを熱く語って頂くことにいたしました。 今回ご登場頂くのは、double jump.tokyo 株式会社の満足さんです。それでは、ブログ上でのアーキテクチャバトルをお楽しみ下さい。

Read More

AIで高速なキュレーションを実現するストックマークのアーキテクチャ【 Startup Architecture Of The Year 2019 ファイナリストによる寄稿シリーズ 】

皆さんこんにちは、スタートアップマーケティングの石渡です。 先日開催した Startup Architecture Of The Year 2019 では、7社のファイナリストによる熱いピッチコンテストが繰り広げられました。 このイベントは時間の関係もあり、各社5分という限られた時間でのピッチをお願いしました。当日は私も舞台袖から皆さんのピッチを聞いていましたが、ご登壇頂いた皆様の内容は、知恵と経験の詰まったもので、当日イベントに参加されなかった方にも是非お伝えしたいと思いました。そこで、ファイナリストの皆様に寄稿をお願いして、ここ AWS Startup Blog で、各社のアーキテクチャを熱く語って頂くことにいたしました。 今回は、オーディエンス賞に輝いた、ストックマーク株式会社の谷本さんにご登場頂きます。オーディエンス賞は、AWS Summit Tokyoの来場者による投票で決定した、言わばユーザー視線で最も学びのあるアーキテクチャと感じられた賞です。先日、受賞のトロフィーをお渡しするために、ストックマーク様のオフィスにお邪魔してきました。寄稿の前に、写真とショートインタビューをご覧下さい。

Read More

メルカリの “楽しく・夢中になれる” 購入体験を支える AWS のテクノロジー【AWS Summit Tokyo 2019 基調講演書き起こし】

2019年6月12日〜14日、幕張メッセにて「AWS Summit Tokyo 2019」が開催されました。AWS Startup Blogでも、3日間にわたって現地からの速報リポートをお届けしましたが、今回のブログポストでは、基調講演にご登壇頂いた、株式会社シナモンの CEO 平野様、シンセティックゲシュタルト株式会社の CEO 島田様、そして、株式会社メルカリの CTO 名村様の講演の様子を3回に分けてお届けしたいと思います。3回目の今回は、株式会社メルカリの CTO 名村様による講演の模様です。 本記事は、ログミーによる提供です。 長い滞在時間を誇るメルカリの事例 名村卓氏(以下、名村):こんにちは。メルカリの CTO の名村です。メリカリの AWS の事例について紹介させていただきます。まず、メルカリの紹介をさせてください。

Read More

【Startup Architecture of the year 2018受賞者インタビューシリーズ】Game Server Services 丹羽一智氏

連載企画:Startup Architecture of the year 2018 受賞者インタビューシリーズ こんにちは。AWS でスタートアップ領域のマーケティングを担当している石渡です。今回から3回にわたって、先日の AWS Summit Tokyo で行われた「Startup Architecture of the year」の受賞者インタビューシリーズをお届けします。 この企画は、スタートアップ企業のシステムアーキテクチャに着目し、優れた実装を行っているものを表彰しようというものです。このたび、入賞した3社をお尋ねして、トロフィー贈呈と合わせたインタビューを行ってきました。コンテストの際のショートピッチでは語り尽くせなかった思想なども、ご紹介していきます。 まず初回は、「オーディエンス賞」を受賞した、Game Server Services 株式会社(以下: GS2 と記載)代表取締役 CEO の丹羽 一智 氏とのインタビューです。 ちなみに、オーディエンス賞は、AWS Summit のスタートアップ専門展示エリアの「Startup Square」で行われていた投票結果に基づく賞です。いわば、当日来場していたエンジニアから、最も興味・関心を集めたアーキテクチャだったと言えるでしょう。 多数の来場者で賑わった会場での参加者投票の模様 気鋭のモバイルゲームプラットフォーマーが選んだ先進のFaaSアーキテクチャ GS2 社は、愛知県名古屋を拠点として2016年9月に設立したゲーム向けの開発プラットフォームを提供するスタートアップです。ゲーム向けと言っても最近では市場が細分化されています。その中でも、同社が注力するのは、いわゆるゲーム専用端末でのプレイを前提とした、コンソールゲーム向け市場ではなく、スマートフォンやタブレットなどからのアクセスを主に想定した領域を狙っており、この領域を総称してモバイルゲーム市場と呼んでいます。 モバイルゲームへの急速なシフトと今後も堅調な成長が予想される市場 現在、ゲーム市場は、ゲーム専用端末を用いる「コンソール向け」、「PC向け」、そして「モバイル向け」の3つのカテゴリに分類されることが一般的なようです。その3つの中で、既にモバイル向けが、51%のトップシェアを占めています。そして、今後も2桁での成長が期待されている、極めて成長性の高いのがモバイルゲーム市場なのです。 【出所】Newzoo調査(https://newzoo.com/insights/articles/global-games-market-reaches-137-9-billion-in-2018-mobile-games-take-half/)   モバイルゲームとは?:従来のゲーム作りの勘所が効かない独特の難しさ モバイルゲーム市場の高成長期待から、様々なゲーム開発会社の参入が起こっており、そして、今後も参入が予測されているそうです。しかし、丹羽氏は、「モバイルゲームは、従来のゲーム市場にはない難しさがある」と言います。それは、需要予測が事実上困難なほどに難しいという点だそうです。コンソールゲームやそれを前提とするネットワークゲームであれば、販売数を元にした予測などの手法もあるそうですが、モバイルゲームとなると、いわゆる「バズった」際の急激なアクセス増が予測を難しくしているのだと言います。仮にバズっても、落ちることなくサービスを提供しつづけなくてならない、というのが多くのモバイルゲーム開発者の多くに共通した課題なのだと言えそうです。 しかし、丹羽氏はこうした難しさを事業機会として着想し、GS2としての事業化に着目します。ここに機会を見いだした原点は、任天堂時代の経験にあるといいます。 GS2 代表取締役CEOの丹羽 一智 氏 サーバーのノウハウがない開発者にもユニークなタイトル作りに挑んで欲しい 丹羽氏は、任天堂時代に、サーバーサイドの知識が乏しいゲーム開発者が躓くところを見てきたといいます。特に、大量のアクセスが世界中から発生する大型のゲームタイトルとなると、少しのミスでも取り返しの付かない大規模障害に発展することもあるといいます。そうした障害に繋がるようなミスというのは、大体の場合、「設計ミス」、「実装ミス」、「キャパシティプランニングのミス」のいずれかが起因しているといいます。 ゲーム開発者が、こうした課題に頭を悩ますこと無く、すなわち、インフラの知識や経験を気にすることなく、ゲーム作りに専念できるようにしたいと考えたのが発端なのだそうです。 GS2が選んだアーキテクチャ そうした背景で起業に至った丹羽氏。創業当初からプラットフォームに AWS を採用頂いています。その理由は、任天堂時代からAWSに触れる機会はあり知識があったこと、そして、気軽に相談に乗ってくれるソリューションアーキテクトが居たことも大きいとのことです。しかし、AWS を選んだ最大の理由は、AWS […]

Read More