AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

Amazon Elastic Transcoder の無料利用枠により、毎月 20 分までの変換が無料です。

AWS 無料利用枠の詳細はこちら »

AWS アカウント作成の流れはこちら »

日本担当チームへお問い合わせ »

Amazon Elastic Transcoder ではメディア変換処理のあらゆる側面を透過的に自動管理します。ソフトウェアの管理、ハードウェアのスケーリング、パフォーマンスの調整、その他の変換インフラストラクチャの管理作業は不要です。変換「ジョブ」は、ソースメディアファイルの場所と変換方法を指定するだけで作成できます。また、Amazon Elastic Transcoder には一般的な出力形式のトランスコーディングプリセットが用意されているので、特定のデバイスに最適な設定を考える必要はありません。これらの機能はすべて、サービス API、AWS SDK、および AWS マネジメントコンソールから利用できます。

他のアマゾン ウェブ サービス製品と同様に、Amazon Elastic Transcoder の使用にあたって契約や月単位の契約は不要です。変換するコンテンツの時間と解像度に応じて課金されます。

Amazon Elastic Transcoder の使用開始 (5:28)

video-thumb-elastic-transcoder-getting-started


Amazon Elastic Transcoder は簡単に使えるように設計されています。AWS マネジメントコンソール、サービス API、または SDK を使って操作を開始できます。システムトランスコーディングプリセットを使えば、初めてでも簡単に適切なトランスコーディング設定を使用できます。様々なデバイス(スマートフォンやタブレットなど)で再生可能なメディアファイルを作成できる定義済みプリセットの他、特定のデバイス(Amazon Kindle Fire HD や Apple iPod touch など)での再生用に最適化されたメディアファイルを作成できるプリセットも用意されています。HLS、Smooth、または MPEG-DASH プロトコルを使用して対応デバイスに配信するための、セグメント化されたファイルとプレイリストを作成することもできます。トランスコーディングを必要とするアプリケーションを作成する開発者は、AWS SDK for Java、.NET、Node.js、PHP、Python、Ruby、および新しい AWS コマンドラインインターフェイスを使用できます。

Amazon Elastic Transcoder はメディア変換の作業負荷に応じてシームレスにスケーリングできます。Amazon Elastic Transcoder は、大量のメディアファイルや巨大なサイズのファイルを処理できるよう設計されています。トランスコーディングパイプラインを使えば、複数の変換を並行処理できます。Amazon Elastic Transcoder は Amazon S3Amazon EC2Amazon DynamoDBAmazon Simple Workflow(SWF)、Amazon Simple Notification Service(SNS)といった他のアマゾン ウェブ サービスと連携してスケーラビリティと信頼性を提供します。

Amazon Elastic Transcoder の課金モデルはコンテンツの再生時間をベースとしており、変換対象メディアの出力の長さ(分単位)で課金されます。例えば、ビデオ変換後の出力が 30 分である場合は、30 分の変換処理に対して課金されます。同様に、30 分の入力ファイルから 20 分のビデオクリップを作成する場合、20 分の変換処理に対して課金されます。Amazon Elastic Transcoder には基本料金、月単位のコミットメント、長期契約などはありません。

Amazon Elastic Transcoder を使えばクラウドベースの分散環境で変換ソフトウェアを管理する必要はなく、コンテンツに集中することができます。システムのスケーリングや運用、コーデックの更新作業の管理はサービス側で行います。Amazon のサービス API や SDK と組み合わせると、Amazon Elastic Transcoder を使用するメディアソリューションを簡単に構築できます。

メディアアセットはサービス利用者の Amazon S3 バケットに保存され、アクセスは IAM ロールを通じて許可されるため、コンテンツはサービス利用者がコントロールできます。このため、セキュリティを犠牲にすることなく、現在のセキュリティやアイデンティティフレームワークにシームレスに組み込むことが容易です。Amazon Elastic Transcoder を構築するにあたり、他のアマゾン ウェブ サービスを構築することで得られたセキュリティのベストプラクティスを活用しています。AWS のセキュリティの詳細については、AWS セキュリティセンターを参照してください。MPAA のベストプラクティスなど、コンプライアンスについての詳細は、AWS コンプライアンスを参照してください。

Amazon Elastic Transcoder、Amazon S3、Amazon CloudFront を使用して、コンテンツの保存、変換、配信を行うことができます。Amazon Elastic Transcoder で CloudFront 配信用に S3 アクセス許可を設定すると、Amazon Elastic Transcoder でコンテンツを変換して、複数の出力動画を CloudFront を使用してプログレッシブダウンロード、または適応ビットレートストリーミング (HLS、Smooth、または MPEG-DASH) から配信する作業を、簡単な 1 ステップの処理で行うことができます。

Amazon Elastic Transcoder は、AWS でエンドツーエンドのメディアソリューションを作成するための重要な要素です。例えば、Amazon Glacier を使用してマスターコンテンツを保存し、Amazon Elastic Transcoder を使用してマスターコンテンツを配信用のレンディションに変換して Amazon S3 に保存し、これらのレンディションを Amazon CloudFront を使用してインターネットでさまざまなスケールでストリーミングできます。