Amazon Web Services ブログ

Tag: Life Sciences

クラウドでのGxPコンプライアンスの自動化: ベストプラクティスとアーキテクチャガイドライン

この記事は “Automating GxP compliance in the cloud: Best practices and architecture guidelines” を翻訳したものです。 ライフサイエンス業界(医薬品、ゲノミクス、医療診断、医療機器を含む)は、Good Laboratory PracticeやGood Clinical Practice、Good Manufacturing Practice(通称「GxP」)と呼ばれる一連の規制ガイドラインによる規制を受けています。GxPは、医薬品、医療機器、生物学的製剤、その他の食品の安全性、有効性、品質を確保することにより、患者の健康を守ることを目的としています。 AWSのお客様とAWSパートナーネットワーク(APN)パートナーは、2010-2011年からGxPガイドラインに対応したソリューションを構築してきました。たとえば、MerckとModernaは、GxP要件を満たすために使用したAWSのソリューションについてそれぞれ発表を行いました。同様に、APNアドバンストテクノロジーパートナーであるVeevaは、ライフサイエンス関連組織の研究開発から商業化に至る支援に重点を置いており、AWSへの移行においてAWSの認証がいかにその要件を支援しているかについて検討してきました。

Read More

創薬ワークフローハンズオン~ Amazon Comprehend Medicalを利用したSNS/論文分析~

創薬研究において、クラウドリソースの活用は有用です。例えば、大規模計算に必要なHPC環境を必要な時に瞬時に立ち上げて処理したり、目視による画像分類・判別を機械学習により自動化する事で、従来多くの時間がかかっていた業務を短縮することができ、創薬プロセスを飛躍的に効率化することが可能です。しかしながら、クラウドのサービスやソリューションが業務にフィットするか検証するために、計算環境や機械学習環境を構築するには手間と時間がかかります。そのため、ヘルスケア・ライフサイエンスチームでは、創薬ワークフローに対するハンズオンといった業界特化のソリューションを提供することで、機能やソリューションが業務にフィットするかユーザの方々に体感頂いております(例えば、「化合物の溶解度予測」の内容はこちらに記載しています)。今回、当該ハンズオンに対してご要望の多かった、「AWS CloudFormation (以下、CFn)によるテンプレート化」を2つのハンズオンコンテンツで実装し、数回のクリックだけでご自身の環境にDeployできるようにしました。これにより、幅広いユーザーの方に利用頂き、ソリューションを体感頂ければと思います。

Read More