Amazon Web Services ブログ

Category: Amazon Comprehend Medical

Amazon SageMakerとAmazon QuickSightを使用した有害事象のリアルタイム検出システムの構築

この記事は “Build a system for catching adverse events in real-time using Amazon SageMaker and Amazon QuickSight” を翻訳したものです。 ソーシャルメディアプラットフォームは、消費者が服用している医薬品を含むさまざまな製品について話すためのコミュニケーションチャネルを提供します。製薬会社にとって、製品の作用を監視して効果的に追跡することで、製品に関する顧客からのフィードバックが得られます。これは、患者の安全の維持と向上に不可欠です。しかし、医薬品投与による予期せぬ医療事象が発生した場合は、有害事象(AE)に分類されます。これには、投薬過誤、薬物有害反応、アレルギー反応、過剰摂取が含まれます。AEは、病院、介護施設、外来患者の環境など、どこでも発生する可能性があります。

Read More

ヒューストン・メソジストにおけるAWSを用いたハンズフリー音声アシスタントの作成

このブログは “Creating a Hands-Free Voice Assistant at Houston Methodist with AWS” を翻訳したものです。 病院のシステムは、動的でペースの速く、管理が困難な環境です。救急部門からウォークインクリニックまで、非常に異なる領域があり、最適な患者満足度、ケアデリバリー、スタッフの生産性、および最大限の安全性を達成するために、シームレスで安全かつ効率的なやり取りが行われる必要があります。電子医療記録(EHR)システムやその他の医療情報技術(HIT)ソリューションは数十年前にデータと医療提供の管理を支援するために導入されたものですが、それにより病院システム全体でデジタルシステムが増加しました。その結果、臨床医は患者との時間を増やすのではなく、コンピュータやデジタル機器とのやり取りに多くの時間を費やすようになり、バーンアウトやストレスの報告が増加しています。

Read More

創薬ワークフローハンズオン~ Amazon Comprehend Medicalを利用したSNS/論文分析~

創薬研究において、クラウドリソースの活用は有用です。例えば、大規模計算に必要なHPC環境を必要な時に瞬時に立ち上げて処理したり、目視による画像分類・判別を機械学習により自動化する事で、従来多くの時間がかかっていた業務を短縮することができ、創薬プロセスを飛躍的に効率化することが可能です。しかしながら、クラウドのサービスやソリューションが業務にフィットするか検証するために、計算環境や機械学習環境を構築するには手間と時間がかかります。そのため、ヘルスケア・ライフサイエンスチームでは、創薬ワークフローに対するハンズオンといった業界特化のソリューションを提供することで、機能やソリューションが業務にフィットするかユーザの方々に体感頂いております(例えば、「化合物の溶解度予測」の内容はこちらに記載しています)。今回、当該ハンズオンに対してご要望の多かった、「AWS CloudFormation (以下、CFn)によるテンプレート化」を2つのハンズオンコンテンツで実装し、数回のクリックだけでご自身の環境にDeployできるようにしました。これにより、幅広いユーザーの方に利用頂き、ソリューションを体感頂ければと思います。

Read More