AWS の開始方法

基本的なウェブアプリケーションを構築する

ウェブアプリケーションをデプロイし、API やデータベースとの対話性を追加する

はじめに: 基本的なウェブアプリケーションを構築する

ステップバイステップの指示に従って、最初のウェブアプリケーションを構築します。

概要

このチュートリアルでは、簡単なウェブアプリケーションを作成します。まず、「Hello World」をレンダリングする静的ウェブアプリケーションを構築します。 次に、ウェブアプリケーションに機能を追加して、表示するテキストが指定したカスタム入力に基づくようにする方法を学びます。

学習内容

このチュートリアルでは、上記のサンプルウェブアプリケーションを作成する手順について説明します。学習内容:

  • ウェブアプリケーションを作成する
  • ウェブアプリケーションをサーバーレスバックエンドに接続する
  • API とデータベースを使用してウェブアプリケーションに対話性を追加する

 AWS の体験

初心者

 所要時間

30 分

 完了までのコスト

無料利用枠の対象

 チュートリアルの前提条件

  • 管理者レベルのアクセス権を持つ AWS アカウント**
  • 推奨ブラウザ: Chrome または Firefox の最新バージョン

[**] 過去 24 時間以内に作成されたアカウントは、このチュートリアルに必要なサービスへのアクセス権がまだ付与されていない可能性があります。

アプリケーションのアーキテクチャ

以下の図は、このチュートリアルで使用するサービスとそれらの接続方法を視覚的に表したものです。このアプリケーションは、以下に示すように、AWS Amplify、Amazon API Gateway、AWS Lambda、および Amazon DynamoDB を使用します。

チュートリアルを進めながら、各サービスについて詳細に説明し、それらに精通するために利用できるリソースも紹介していきます。

full-stack amplify console arch diagram module 5

モジュール

このチュートリアルは 5 つの短いモジュールに分かれています。次のモジュールに進む前に、各モジュールを順番に完了する必要があります。

  1. ウェブアプリケーションを作成する (5分): AWS Amplify コンソールを使用して、ウェブアプリケーションの静的リソースをデプロイします。
  2. サーバーレス関数を構築する (5 分): AWS Lambda を使用してサーバーレス関数を構築します。
  3. サーバーレス関数をウェブアプリケーションにリンクする (5 分): API Gateway を使用してサーバーレス関数をデプロイします。
  4. データテーブルを作成する (10 分): Amazon DynamoDB テーブルにデータを保持します。
  5. ウェブアプリケーションに対話性を追加する (5 分): ウェブアプリケーションを変更して API を呼び出します。

このウェブアプリケーションは、お使いのブラウザから直接アクセスできる AWS ウェブコンソールを使用して構築します。

ウェブアプリケーションを作成する