AWS_Dev_Day_2019_logo_tokyo_RGB

新たな時代を担う
開発エンジニアのためのカンファレンス

本イベントは終了しました。
ご来場、ご視聴ありがとうございました !

2019 年 10 月 3 日 (木)〜 10 月 4 日 (金)
10:00 ~18:00

神田明神ホールにて開催

入場無料

in-partnership-intel

AWS DevDay Tokyo 2019 は新たな時代を生きる開発エンジニアのためのテクニカル・カンファレンスです。
約 50 のセッションとワークショップを通じて、開発エンジニアが押さえておくべきトピックを幅広く網羅します。特に今年は各分野の最新情報だけでなく、実際にエンジニアが経験したストーリーやノウハウなど、より実践的なセッションが数多くそろいました。また、学ぶだけでなく、楽しみながら知識を深めるネットワーキングの場もご用意しています。

今年の会場は東京「神田明神」です。風情ある秋の神社でじっくり学べる 2 日間。奮ってご参加ください。

【新着情報】ライブストリーミング 配信決定!LT 大会登壇者も募集開始!

  • ライブストリーミング配信決定!当日会場から全 28 セッションを中継します。 
  • LT 大会 開催決定。登壇者を募集します 
  • 新セッション公開しました
    F-1:機械学習エンジニアが直面する共通課題と解決策 — ML@Loftで語られた20を超える事例を通して見えてきたもの — (9月19日)
DRIVE CHARTにおけるSagemaker migration
DRIVE CHARTにおけるSagemaker migration
DRIVE CHARTにおけるSagemaker migration

AWS DevDay では、開発エンジニアが今押さえておくべきトピックを幅広く網羅しています。AWS DeepRacer 関連のセッションもご用意しました。ご期待ください。

ソフトウェア開発全般
ソフトウェア開発全般
Serverless
Serverless
コンテナ・テクノロジー
コンテナ・テクノロジー
機械学習
機械学習
IoT
IoT 
ブロックチェーン
ブロックチェーン
ロボティクス
ロボティクス
AWS-Category-Icon_Education_60_Left-Aligned
スキル育成/キャリア形成

ゼネラルセッション

新たな時代を生きる、進化を止めないエンジニアであるために必要なこと

社会をより豊かに、経済をより活性化する「イノベーション」。イノベーションは今、IT で出来ているといっても過言ではありません。そしてIT をリードするのは他の誰でもない開発エンジニアです。開発エンジニアというプロフェッションはいまだかつてないほど注目されています。しかしその一方で、常に最新のテクノロジーを身に着け、アップデートし、進化し続けることが求められる厳しさを持つものでもあります。

当ゼネラルセッションでは、新たな時代を生きるエンジニアがどうあるべきか、どこに成長のポイントがあるのか、どうすればこの時代を楽しみながら生きられるのかについて講演とディスカッションを通じてお届けします。また、AWS 最新情報についてもご紹介いたします。

matz200

まつもと ゆきひろ 氏

プログラミング言語「Ruby」の生みの親。株式会社ネットワーク応用通信研究所フェロー、一般財団法人Ruby アソシエーション理事長、Heroku Chief Architect など多方面で活躍。三女一男、犬一匹、猫一匹の父でもある。温泉好き。鳥取県出身、島根県在住。牡牛座。O 型。 

kuranuki200

倉貫 義人 氏

株式会社ソニックガーデン
代表取締役社長

大手SIerにて経験を積んだのち、社内ベンチャーを立ち上げる。2011年にMBOを行い、株式会社ソニックガーデンを設立。月額定額&成果契約で顧問サービスを提供する「納品のない受託開発」を展開。全社員リモートワーク、オフィスの撤廃、管理のない会社経営など新しい取り組みも行っている。著書に『ザッソウ 結果を出すチームの習慣』『管理ゼロで成果はあがる』『「納品」をなくせばうまくいく』など。ブログ https://kuranuki.sonicgarden.jp/

okazaki200

岡嵜 禎

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
技術統括本部長 執行役員

ブレイクアウトセッション

多岐に渡るトピックを網羅するブレイクアウト セッション。AWS ソリューション アーキテクトによる最新情報アップデートのほか、テクノロジー・リーダーの皆様からのメッセージ、さらに今年は多数のユーザー経験事例を一般公募し、よりすぐりのコンテンツが集結しました。ご期待ください。

Pick up sessions #3 - エンジニアのキャリア、機械学習、そしてゲーム開発

Olivier Klein
鈴木 翔太氏 / 外山 寛 氏
株式会社ディー・エヌ・エー
Olivier Klein
Fan Liang
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

ワークショップ

セッションで知識を得て、ワークショップでスキルを磨く。
ワークショップでは主にハンズオンを中心とし、じっくりとテーマを掘り下げていきます。
 
※ 9月18日時点ですべてのワークショップが満席となっております。悪しからずご了承ください

Pick up workshops #2

IoT_WS_mid

Cloud9をダミーデバイスと見立てて、AWS IoT Coreを使ったデバイスの登録、データ送信、他のサービスとの連係を体験できるハンズオンです。IAMロールの作成が必要になるため、AdministratorAccess権限が必要になります。

serverless_icon_100x150
さあ、手早くしかしスケールするアプリを作る方法を学びましょう。かの Larry Wall は、プログラマの三大美徳として怠惰(Laziness)、短気(Impatence)、傲慢(Hubis)を上げました。ここで、怠惰であるとは、例えば効率化や自動化によって面倒なことを何度もしないで済むようにし、開発の効率を上げることを意味します。AWS では、AWS を使用したスケーラブルなモバイルアプリおよびウェブアプリの作成、設定、実装を容易にする「AWS Amplify」を提供しています。また、少ない操作で、一分以内にサーバーレスな RESTful API をデプロイできる Python 製のアプリケーションフレームワーク、「Chalice」もあります。
※ ワークショップ(ハンズオン)に参加ご希望の場合、インターネットにつながる PC、有効な AWS アカウントが必要となります。予めご了承ください。

開催概要・アクセス

開催日時:2019 年 10 月 3 日(木)~ 4 日(金) 
     10:00 ~ 18:00 (開場:9:30)

会場:神田明神ホール
〒101-0021 東京都千代田区外神田 2-16-2 神田明神文化交流館 2F

参加対象:アプリケーション開発エンジニア、および開発に携わる方

参加費用:無料

神田明神

お申し込みについて:

  • 会場の収容可能人数の関係から、全てのお客様のご要望に添えない場合があります。
  • ゼネラルセッションはサテライト会場にて聴講いただく場合があります。
  • セッションは、原則事前予約制になりますが、当日空きがある場合は聴講頂けます。なお、セッション会場の座席数には限りがあります。全てのお客様の着席をお約束するものではないことをご了承ください。
  • 一部セッションはストリーミングにて視聴いただくことができます。後日ご案内いたしますので、該当セッションが満席の場合、ストリーミングもご利用ください。
  • ハンズオンにご参加頂く場合、利用可能な AWS アカウントと WiFi 接続可能なノートパソコンを持参頂く必要があります。貸し出し用のノートパソコンはありませんので、ご注意ください。

同業者様からのお申し込みはお断りする可能性もありますので、ご了承ください。

主催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

協賛:インテル株式会社