AWS Innovate は、AWS のラーニングを目的とした日本初開催の大規模オンラインカンファレンスです。お客様のクラウド習熟度に合わせて用意されたセッションに時間や場所の制約にとらわれず、自由に参加できます。

AWS Innovate Japan 2018 は 36 のセッションからなり、初心者も上級者も AWS クラウドを活用してビジネスを構築し変革するのに必要な知識が包括的に学べるよう設計されています。8/28、9/4、9/11 に用意された Live 開催では、AWS エキスパートによるQAも用意されています。また、セッション内容に関連した AWS に関するスキルチェック、ハンズオン資料、ホワイトペーパー、AWS アカウント作成のためのリンク、特設の Virtual Summit Osaka などが配置され、次のアクションをすぐに起こすことができます。

アクションを達成するごとにバッジを取得することができ、全て取得すると、「Innovate Champion」バッジを獲得することができます。

AWS クラウドを活用したビジネス変革を学べるこの機会に、皆様ぜひご参加ください。

Live 開催のセッションタイムテーブルはこちら ≫
オンデマンド配信スケジュールはこちら ≫

innovate_nagasaki
長崎 忠雄(アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 代表取締役社長)による AWS Innovate Japan 2018 のご紹介

ライブ配信の際にご好評をいただいた Ask The Expert コーナーで、オンデマンドのみ提供だった Beginners、AWSome Day オンライントレーニング、Solutions トラックの各セッションの内容に関する質問についても、AWS の技術エキスパートがその場でお答えします。AWS Innovate のセッションで紹介するサービスや技術についてご不明な点がある方は、ぜひお気軽にご参加ください。

Ask The Expert コーナーで、AWS のコンサルタントがクラウド導入に関するご相談にその場でお答えします。 社内で導入を検討していて、ご利用用途で必要な構成や費用に関してご質問がある方は、ぜひお気軽にご参加ください。

 

* すべてのご質問にお答えできない場合がございます。予めご了承ください。

Ask The Expert Day、クラウドコンサルテーション Day は、AWS Innovate Japan 2018 へお申し込みいただき、バーチャル会場内の Ask The Expert コーナーよりご参加ください。

今非常に注目されている Machine Learning、IoT、Container について集中的に学べるセッション、初心者向けに提供されるクラウドのための IT 基礎および AWS の基本サービスが学べるセッション、よくある AWS ソリューションをクイックに知ることができるセッションをご用意

Machine Learning、IoT、Container セッションは AWS エキスパートに直接質問できる日をご用意

業務として活用できるよう、各トラックごとに修了証明書を発行(1 セッション 20 分以上の視聴が必要です)

※修了証明書は上記対象の方に受講後約 2 週間程度でメールでお送りします。

Activities

各トラックごとに内容の理解度をチェックできる、スキルチェックにチャレンジして、高得点を狙おう!トラックごとのスキルチェックをクリアすると GENIUS バッジを取得できます!

バッジの詳細はこちら ≫

ハンズオン資料をダウンロードまたはWebで閲覧できます。

資料を活用してセッションで学習したことをすぐに確認し、理解を深めよう!

セッション視聴、資料のダウンロードにより、バッジを取得しよう!バッジは全部で 7 種類!全て取得した方には先着で 50 ドル分の AWS 無料クーポンをプレゼント!

バッジの詳細はこちら ≫


Who Should Attend?

これからクラウド活用を検討する方

これからクラウドを理解したいとお考えの方、またはクラウドの導入をご検討中の皆様に、クラウド活用に必要な IT の基礎、AWS クラウドの基礎が学べるセッションをご用意しています。

Beginners トラックの紹介はこちら ≫

Who Should Attend?

クラウド活用をさらに拡大したい方

すでに AWS クラウドを導入済で、さらにクラウドの活用場面を拡大したいとお考えの皆様に、Machine Learning など今話題のテクノロジーに関する AWS の最新情報を盛り込んだテクニカルセッションをご用意しています。クラウドでビジネスにイノベーションを起こしたい方に最適です。

Live 配信スケジュールはこちら ≫

Who Should Attend?

これまでセミナーへの参加が難しかった方

AWS Innovate は時間、場所などの制約なしで、インターネット上のどこからでも参加できます。さらに、セッション内容に関連した AWS に関するスキルチェック、ハンズオン資料、ホワイトペーパー、AWS アカウント作成のためのリンクなどが提供されているので、お客様はすぐに次のアクションを起こすことができます。

オンデマンド配信スケジュールはこちら ≫


 

Dr. Werner Vogels, Chief Technology Officer, Amazon.com

オンプレミスエンジニアからクラウドエンジニアへ
〜基本技術の再確認からクラウド技術入門〜

オンプレミスをご担当のエンジニアの皆様、クラウド時代への準備はお済みでしょうか。クラウドエンジニアになるための基礎が「Beginners」に詰まっています。是非ご覧の上、クラウドの世界へ一歩足を踏み出しましょう!

Beginners トラックのセッション紹介はこちら ≫

Craig Stires, Head of Big Data and Analytics, AWS

踏み出そう、AWS への最初の一歩
AWS の基礎を学ぶ 3 時間

AWS を使い始めたい、でもどこから始めれば良いか分からない・・・。こちらのセッションではそんな方々への最初の一歩として、AWS の基礎知識を紹介します。サービスとユースケース、請求、アカウントマネジメント、料金モデル等、導入に向けた基礎知識を網羅した内容です。

AWSome Day オンライントレーニング セッション紹介はこちら ≫

Olivier Klein, Head of Emerging Technologies, AWS

あるある課題を解決!
スモールスタートで無理なく Innovate を始めよう

「Solutions」では、多くのお客様から共通して伺う課題に対して、解決するためのベストプラクティスをご紹介しております。シンプルかつ始めやすい構成で少しづつ始めることが可能です。我々とともに Innovation へ最初の一歩を踏み出しましょう!

Solutions トラックのセッション紹介はこちら ≫

Dr. Werner Vogels, Chief Technology Officer, Amazon.com

機械学習で
イノベーションを実現しよう

機械学習はイノベーションを実現するために必要不可欠な技術になりつつあります。本トラックでは、機械学習プロジェクトを成功に導くためのポイントを提示し、プロジェクトを加速するために AWS が提供する機械学習サービス、ならびにその利用方法について紹介します。

Machine Learning トラックのセッション紹介はこちら ≫

Craig Stires, Head of Big Data and Analytics, AWS

IoT エッジから分析まで
〜広範囲な IoT テクノロジー概要を一挙に学ぶ〜

IoT を、ビジネス課題の解決に本格的に導入を検討されているお客様が増え、工場、ビル、店舗、製品などに適用されております。一方で、IoT を導入する上では、センサーやエッジ、ネットワーク、データ収集、双方向通信、デバイス管理、データ分析・可視化など様々な要素を検討する必要がございます。本トラックでは、IoT で基本となる各機能について、事例などをふまえつつ、AWS が提供する IoT ソリューションについて紹介いたします。本トラックを通して見ていただくことで、広範囲な IoT 技術を学ぶことができます。 

IoT トラックのセッション紹介はこちら ≫

Olivier Klein, Head of Emerging Technologies, AWS

コンテナ技術の活用で
開発・運用プロセスにイノベーションを!

昨今、多くの企業が自社の競争力を高める上で継続的インテグレーションと継続的デリバリーの実現が不可欠であることを認識しており、コンテナはそれらを強力に推進する技術の一つです。本トラックではコンテナ技術の本番環境利用に焦点をあて、AWS が提供するコンテナサービスとその事例を学んでいきます。

Container トラックのセッション紹介はこちら ≫

AWS Innovate Japan 2018 で提供するトラックはクラウドの習熟度に合わせて、以下のようにレベル分けされています。開催期間で徐々に上位レベルのトラック・セッションを受講することで、AWS の基礎からソリューション別の利用方法までを習得することができます。

coursemap

初心者向け
このセッションでは、AWS サービスの概要または、AWS サービスの機能、特徴を理解するために必要な基礎となる IT 要素技術を学習できます。

対象トラック

Beginners トラック
AWSome Day オンライントレーニング

初心者~中級者向け
このセッションでは、各トピックの入門知識を持っている方向けに、ベストプラクティスの解説、サービス機能の詳細、デモを提供します。

対象トラック

AWSome Day オンライントレーニング
Solutions トラック
Machine Learning トラック
IoT トラック
Container トラック

中~上級者向け
このセッションでは、トピックを深掘りします。トピックに精通している方が対象になりますが、同様のソリューションを実装した経験があるかどうかまでは問いません。

対象トラック

Solutions トラック
Machine Learning トラック
IoT トラック
Container トラック


 

Live 配信は、8 月 28 日(火)、9 月 4 日(火)、9 月 11 日(火)に開催される AWS エキスパートによる Q&A 付きのセッションです。当日はスケジュールどおりにセッションがライブで配信され、セッション中も休憩中も自由にご質問いただくことができます。

 

Machine Learning

IoT

Container

 

8 月 28 日(火)

9 月 4 日(火)

9 月 11 日(火)

12:15-12:30

オープニングセッション
〜AWS 機械学習サービスによる Innovation〜
オープニングセッション
〜AWS IoT ソリューションの進化と、それが生み出すビジネス成果〜
オープニングセッション
~コンテナの価値とAWSサービスのまとめ~

12:30-13:00

セッション1
アマゾンの事例に学ぶ機械学習の活用とプロジェクト成功のポイント
(レベル 200)

セッション1
AWS IoT ソリューション Introduction
(レベル 200)

セッション1
AWS が提供するコンテナサービスのご紹介
(レベル 200)

Q&A (Live 限定 !)

13:15-13:45

セッション2
Amazon Rekognition を利用したアプリケーションの機能拡張
(レベル 300)

セッション2
Amazon FreeRTOS ではじめる AWS IoT
(レベル 300)

セッション2
事例に学ぶコンテナワークロード
(レベル 200)

Q&A (Live 限定 !)

14:00-14:30

セッション3
Amazon SageMaker 概要
(レベル 300)
 

セッション3
デバイス管理
(レベル 300)

セッション3
Amazon EKS を使うなら
押さえておきたい勘所
(レベル 300)

Q&A (Live 限定 !)

14:45-15:15

セッション4
Amazon SageMaker を使った異常検知モデルの構築
(レベル 300)
セッション4
エッジにおける IoT と製造現場での活用
(レベル 300)
セッション4
AWS Fargate を使うなら押さえておきたい勘所
(レベル 300)

Q&A (Live 限定 !)

15:30-16:00

セッション5
Amazon SageMaker によるDeep Learning
(レベル 300)
セッション5
IoT に適したデータ分析
(レベル 300)
セッション5
Amazon ECS/Fargateへの実践的 CI/CDの実現
(レベル 300)
Q&A (Live 限定 !)

 

オンデマンド配信は、8 月 28 日(火)~10 月 10 日(水)に開催されます。この期間であればいつでも好きなセッションを受講いただけます。

8 月 28 日(火) 11:30〜 オンデマンド配信開始 
10 月 10 日(水)〜23:59

オンデマンド配信終了


 
Beginners
(Level 100)

AWSome Day
オンライントレーニング
(Level 100~200)

Solutions
(Level 200~300)

Machine Learning (注)
(Level 200~300)

IoT (注)
(Level 200~300)

Container (注)
(Level 200~300)

オープニング
セッション
15 分

クラウドのビジョンとこれからのエンジニア像 AWS クラウドに近づこう! 

AWS で課題解決にどう取り組むか

AWS 機械学習サービスによる Innovation

AWS IoT ソリューションの進化と、それが生み出すビジネス成果

コンテナの価値とAWSサービスのまとめ

セッション1
30 分
オンプレミスとクラウドのシステム全体像〜まずはクラウド化のイメージ、わかせてみませんか?〜
(レベル 100)
 

AWS クラウドの基本的な概念とテクノロジーの理解(その 1)
(レベル 100)

中堅・中小企業における AWS 移行の進め方
(レベル 200)
アマゾンの事例に学ぶ機械学習の活用とプロジェクト成功のポイント
(レベル 200)

AWS IoT ソリューション Introduction
(レベル 200)

AWS が提供するコンテナサービスのご紹介
(レベル 200)

セッション2
30 分

データセンターインフラとクラウド〜移行に備えてまずはその違いを理解しよう〜
(レベル 100)

 

AWS の基本的なテクノロジー(その 2)と、セキュリティの基礎
(レベル 200)

Web システムで押さえておくべきセキュリティの考え方
(レベル 200)
Amazon Rekognition を利用したアプリケーションの機能拡張
(レベル 300)

Amazon FreeRTOS ではじめる AWS IoT
(レベル 300)

事例に学ぶコンテナワークロード
(レベル 200)
セッション3
30 分
ネットワーク〜WAN? LAN? クラウド移行で変わるもの・変わらないもの〜
(レベル 100)

セキュリティを高めるサービス、リソースと、よいアーキテクチャの理解
(レベル 200)

何から始める?ビッグデータの活用方法
(レベル 200)
Amazon SageMaker 概要
(レベル 300)

デバイス管理
(レベル 300)

Amazon EKS を使うなら押さえておきたい勘所
(レベル 300)
セッション4
30 分
仮想サーバー/ストレージ〜インフラ設計で頭を悩ませるのはもうやめよう 〜
(レベル 100)

料金のおはなし
(レベル 100)

ワークスタイル変革に効くクラウドの使い方
(レベル 200)
Amazon SageMaker を使った異常検知モデルの構築
(レベル 300)
エッジにおける IoT と製造現場での活用
(レベル 300)
AWS Fargate を使うなら押さえておきたい勘所
(レベル 300)

セッション5
30 分

セキュリティ〜いまさら聞けない WEB セキュリティの基本と AWS セキュリティ基本サービス〜
(レベル 100)

AWS に近づけましたか?理解度のチェック
(レベル 200)

従来型コンタクトセンターの課題を解決する Amazon Connect
(レベル 200)
Amazon SageMaker によるDeep Learning
(レベル 300)
IoT に適したデータ分析
(レベル 300)
Amazon ECS/Fargate への実践的 CI/CD の実現
(レベル 300)

注: Machine Learning、IoT、Container セッションは Live 配信終了後にオンデマンドで視聴可能です。

トラックの習得レベルについて詳細はこちら ≫


 

大阪北部地震により開催中止となりました AWS Summit Osakaでご紹介予定だったお客様事例や、パートナー様の資料を格納した、特設のVirtual Summit Osakaをご用意しております。

ファーストリテイリングにおける、コンテナでの開発と、グローバル展開におけるインフラのコード化事例 

innovate_customer_fr

株式会社ファーストリテイリング
頼兼 孝幸 氏

ファーストリテイリングが運営するユニクロは、日本に限らず、海外各地に店舗、また EC サイトが展開されています。 東京を拠点として EC の開発が行われる一方、各国へ Immutable(イミュータブル) なプロダクトを素早く展開することも求められており、現在コンテナでの開発が標準となっています。 そのような開発における、 Docker での開発手法事例、また、展開するための方法や構成などについて、ご紹介します。  

AWS を試行で終わらせない ~琉球銀行が AWS 採用に至ったトップと現場の想い~
 

Who Should Attend?
Who Should Attend?

株式会社琉球銀行
伊禮 真 氏
山崎 崇 氏

沖縄にある地方銀行の 1 つである琉球銀行が、AWS を採用し本番システムの稼働を開始した。 本稼働に際し「トップと現場の想いの相違」をいかに解消して、AWS を試行から本番システム稼働にまでたどり着いたのか、さらには AWS を活用して金融機関でどのようなサービスを今後導入していくか。 金融機関としてのビジネス面( Amazon Connect、Amazon Chime 事例含む)と、セキュリティ・ネットワークを含む技術面の両面の切り口にてセションを予定。

Insurtech サービス開発を支えた「 AWS Lambda 」サーバーレスの活用法
 

Who Should Attend?

株式会社Warrantee
代表取締役 庄野 裕介 氏

今まで画一的な処理しか必要とされてこなかった保険業界のシステムにおいて、新しい保険の形の提供により次々と課せられるレギュレーションへの対応やテクノロジーを活用した新しい保険サービスの開発を進めるうえで、 「 AWS Lambda 」サーバーレスの活用がもたらした柔軟な開発体制と拡張性高いシステム、「 AWS Lambda 」サーバーレスを活用した開発秘話について言及する。

"AIアナウンサー"による、ラジオの再発明
 

Who Should Attend?

特定非営利活動法人 エフエム和歌山
クロスメディア局長 山口 誠二 氏

エフエム和歌山では、Amazon Pollyを用いたラジオ放送アプリケーションを製作し、AIアナウンサーによる放送を開始しています。機械学習による音声合成を用いる事が、放送に与えた変化や、数ある音声合成の中で、なぜAWSを選択したかをお話します。災害時の活用事例としては最新の、平成30年7月豪雨(西日本豪雨)におけるAmazon Pollyの活躍もご報告します。講演の最後には、AWSイベントでは初の紹介となる、Amazon Pollyを使った革新的なソリューションを発表します。

Samurai CIO プレゼンツ!つながっていないモノをつなぐ「荒ぶる IoT 」実践講座 

Who Should Attend?

フジテック株式会社
常務執行役員 友岡 賢二 氏

情シスが AWS で始めた IoT。PoC を短期間に成功させ、気を良くして現場へ。 しかし、現場で本当に使える IoT ソリューションを構築するまでには想定外の様々な試練が!つながっていないモノを最新のテクノロジーと現場力でつなぐ、汗と涙の情シス奮闘記をお届けします。 

Up-Arrow

 

Q:AWS Innovate はどのように視聴できますか?

AWS Innovate はオンラインで視聴できます。登録すると、ログインのためのリンクがメールで配信されます。次回以降はそれを使用して、何度もプラットフォームにアクセスできます。プラットフォームへは 8 月 28 日よりアクセス可能となります。

Q:AWS Innovate はどのような方におすすめですか?
AWS の初心者に対して、Beginners トラックおよび AWSome Day オンライントレーニング セッションがおすすめです。よくある AWS ソリューションについての概要を知りたい方は Solutions トラックがおすすめです。また、今話題の Machine Learning、IoT、Container について詳細を知りたい方はそれぞれにフォーカスしたトラック・セッションがおすすめです。どのセッションも、カテゴリごとに体系的に学べるよう設計されています。

Q : AWS Innovate Japan ではセッションの視聴以外に何ができるのですか?
「バーチャル会場紹介」で、どのような体験ができるのかご覧いただけます。バーチャル会場紹介はこちら ≫

Q:AWS Innovate の参加料金はいくらですか?
AWS Innovate は無料です。

Q:AWS Innovate の登録をどのように確認できますか?
オンライン登録プロセスが完了すると、確認メールが届きます。

Q : スキルチェック後に何か取得できるものはありますか?
トラック毎にある 5 つのセッションをそれぞれ 20 分以上視聴後、スキルチェックをパスすると GENIUS バッジが提供されます。バッジの詳細はこちら ≫

Q : バッジは全部で何種類あるのですか?
バッジは全部で 7 種類あります。セッション視聴や資料ダウンロードなどといった一つ一つのお客様の参加状況によって提供されます。バッジの詳細はこちら ≫

Q : バッジを取得するメリットは何ですか?
全てのバッジを取得すると、「Innovate Champion」バッジが贈られます。さらに「Innovate Champion」バッジを取得した先着 100 名のお客様に 50 ドル分の AWS 無料クーポンをプレゼントします!バッジの詳細はこちら ≫