AWS Innvoate 2018
今すぐ無料参加申込み ≫
今すぐ無料参加申込み ≫
201904-Okazaki

スピーカー:岡嵜 禎
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 本部長 技術統括責任者

概要:
地球上で最もお客様を大切にする企業であること - が、アマゾン、AWSのミッションです。この目標は今日も継続していますが、今や Amazon のお客様は世界中に広がり、また数百万ものお客様、販売業者、コンテンツクリエーター、開発者、エンタープライズを含むまでに成長しました。このセッションでは、AWSを深く理解してもらえるように、AWSの中のメカニズムやカルチャー、組織について解説します。

201904-Takizawa

スピーカー:瀧澤 与一
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 レディネス&テックソリューション本部 本部長 / プリンシパルソリューションアーキテクト

概要:
AWSはグローバルで数百万のアクティブカスタマーが利用しており、お客様の声にもとづき、2018年は1800以上の新サービスや機能追加、改善が行われました。AWSはあらゆる業種、あらゆるワークロードで活用され、お客様はシステムや業務を変革させています。このセッションでは最近のAWSのアップデートについて説明します。

201904-Araki

スピーカー:荒木 靖宏
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部AWSアーキテクチャプラクティスガイドリーダー / プリンシパルソリューションアーキテクト

概要:
すべてのAWS利用はネットワークを介して行われます。AWSをAWSたらしめるネットワークがどのようなものであるのか、AWSとオンプレミスをつなぐパケットを通して解説します。

201904-Kameda

スピーカー:亀田 治伸
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 マーケティング本部 プロダクトマーケティング エバンジェリスト

概要:
クラウドコンピューティングとはどのようなメリットがあるのでしょうか。みなさんのITをまつわる生活の中に、【クラウド】というキーワードが普通に聞かれるようになってきました。このセッションでは、クラウドコンピューティングの基本思想をもとに、そのメリットなどについてお伝えしていきます。


今すぐ無料参加申込み ≫

「AWSome Day」は、AWS クラウドジャーニーのはじめの一歩として、AWS に関する基礎知識を体系的に学ぶ無償のトレーニングイベントです。AWS テクニカルインストラクターが主導するセッションを通じて、コンピューティング、ストレージ、データベース、ネットワークといった AWS のコアサービスを段階的に学ぶことができます。本セッションでは、AWSome Day の内容を 4 セッションに分けてお届けします。

201904-Takahashi
201904-Hiraga

スピーカー:高橋 敏行
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 パートナー技術本部 テクニカルイネーブルメント部 / パートナーソリューションアーキテクト

スピーカー:平賀 博司
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 AWS トレーニングサービス本部 テクニカルトレーナー

概要:
AWS の基礎であるグローバルインフラストラクチャと、その上でご利用いただく仮想ネットワークサービスの Amazon Virtual Private Cloud (VPC)、仮想サーバーの Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)、クラウドならではの動的にサーバー台数を調整できる AutoScaling についてお話しします。
このセッションを通して、AWS のサービスの基本を学習することができます。

スピーカー:高橋 敏行
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 パートナー技術本部 テクニカルイネーブルメント部 / パートナーソリューションアーキテクト

スピーカー:平賀 博司
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 AWS トレーニングサービス本部 テクニカルトレーナー

概要:
このセッションでは、ストレージサービスであるAmazon Simple Storage Service(S3)とAmazon Elastic Block Store(EBS)について、また、Amazon Relational Database Service(RDS)、Amazon DynamoDBをはじめとする各種データベース機能について体系的にご理解いただきます。

スピーカー:高橋 敏行
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 パートナー技術本部 テクニカルイネーブルメント部 / パートナーソリューションアーキテクト

スピーカー:平賀 博司
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 AWS トレーニングサービス本部 テクニカルトレーナー

概要:
AWS を安心してご利用いただくための機能についてのセッションです。Amazon Virtual Private Cloud(VPC)により AWS リソースを起動するための仮想ネットワーク環境をどのようにコントロールするかを学び、AWS Identity and Access Management(IAM)によるユーザーアクセスコントロールについてご理解いただきます。
また、AWS が考えるセキュリティの基本および AWS で用意している各種セキュリティのための取り組みについて紹介します。

スピーカー:高橋 敏行
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 パートナー技術本部 テクニカルイネーブルメント部 / パートナーソリューションアーキテクト

スピーカー:平賀 博司
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 AWS トレーニングサービス本部 テクニカルトレーナー

概要:
ここまでのセッションの中で登場して来た様々なリソースを、いかに効率よく構成するかが実装の観点では重要となります。
AWS では、これまでの実践を通してベストプラクティスや設計の原則を『Well-Architected Framework』として提供しています。その考え方の基本を紹介し、各種利用料金の考え方についてご理解いただきます。


今すぐ無料参加申込み ≫

「AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト」はAWS のテクノロジーを使用して安全で堅牢なアプリケーションを構築し、デプロイするための知識を持っていることを証明する認定資格です。AWSの各ベストプラクティスの観点から出題されます。本ワークショップでは、試験問題を解く際のポイントや理解を深めるためのドキュメントを出題分野ごとにを解説します。また、サンプル問題にもチャンレジいただけます。認定資格取得を目指す方は、ぜひご活用ください。

201904-Nishimura

スピーカー:西村 航
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 AWS トレーニングサービス本部 テクニカルトレーナー

概要:  
信頼性と回復性に優れたストレージを選択する、AWS のサービスを使用した疎結合化メカニズムの設計方法を決定する、多層アーキテクチャソリューションの設計方法を決定する、可用性や耐障害性に優れたソリューションの設計方法を決定する、の 4 つのベストプラクティスに基づいたポイントを紹介します。

スピーカー:西村 航
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 AWS トレーニングサービス本部 テクニカルトレーナー

概要:  
高パフォーマンスなストレージおよびデータベースを選択する、パフォーマンス向上のためキャッシュを使用する、伸縮性とスケーラビリティに優れたソリューションを設計する、の 3 つのベストプラクティスに基づいたポイントを紹介します。

スピーカー:西村 航
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 AWS トレーニングサービス本部 テクニカルトレーナー

概要:  
アプリケーション層の保護方法を決定する、データの保護方法を決定する、単一 VPC アプリケーション向けのネットワーキングインフラストラクチャを定義する、の 3 つのベストプラクティスに基づいたポイントを紹介します。

スピーカー:西村 航
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 AWS トレーニングサービス本部 テクニカルトレーナー

概要:  
コストを最適化したストレージの設計方法を決定する、コストを最適化したコンピューティングの設計方法を決定する、の 2 つのベストプラクティスに基づいたポイントを紹介します。

スピーカー:西村 航
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 AWS トレーニングサービス本部 テクニカルトレーナー

概要:  
出題分野 5 より、運用上の優秀性を実現するソリューションの設計特性を選択する、のベストプラクティスに基づいたポイントを紹介します。また、すべてのセッションを視聴された方のための、試験準備のまとめをお話します。


今すぐ無料参加申込み ≫
201904-SuzukiHiroaki

スピーカー:鈴木 宏昌
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 AWS トレーニングサービス本部 テクニカルトレーナー

概要: 
「AWS認定」とはAWSのクラウドに関する技術スキルと専門知識を証明するための認定資格です。レベルや役割に応じた試験を提供しています。
本セッションでは、AWS認定プログラムの紹介、試験の種類と体系、申し込み手順や注意点等について紹介いたします。AWSとは何かを知りたい方、これからAWS認定試験の申し込みされる方におすすめです。

201904-Takahashi

スピーカー:高橋 敏行
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 パートナー技術本部 テクニカルイネーブルメント部 / パートナーソリューションアーキテクト

概要: 
「AWS認定 クラウドプラクティショナー」の資格取得を目指す方のためのセッションです。この認定資格は、クラウドの概念、セキュリティ、テクノロジー、請求と料金についての基礎知識を問うものです。はじめてAWS認定にチャレンジされる方、これからAWSについての学習をはじめる方におすすめです。
本セッションでは、試験で評価される能力、推奨される知識、出題分野を紹介するとともに、サンプル問題を解いていただきます。また、試験に向けた学習方法をご案内します。

201904-Takahashi

スピーカー:高橋 敏行
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 パートナー技術本部 テクニカルイネーブルメント部 / パートナーソリューションアーキテクト

概要:
「AWS認定 ソリューションアーキテクト – アソシエイト」の資格取得を目指す方のためのセッションです。この認定資格は、AWS のテクノロジーを使用して安全で堅牢なアプリケーションを構築およびデプロイするための知識を証明します。AWS 上での分散システムの設計に関して、1 年以上の実務経験がある方におすすめです。
本セッションでは、試験で評価される能力、推奨される知識、出題分野を紹介するとともに、サンプル問題を解いていただきます。また、試験に向けた学習方法をご案内します。

201904-Yamada

スピーカー:山田 裕進
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 AWS トレーニングサービス本部 テクニカルトレーナー

概要: 
「AWS認定 デベロッパー – アソシエイト」の資格取得を目指す方のためのセッションです。この認定資格は、AWS を使用するクラウドベースのアプリケーションの開発、デプロイ、デバッグについて習熟していることを認定する試験です。AWS ベースのアプリケーション開発および保守に関して 1 年以上の実務経験のある方におすすめです。
本セッションでは、試験で評価される能力、推奨される知識、出題分野を紹介するとともに、サンプル問題を解いていただきます。また、試験に向けた学習方法をご案内します。

201904-SuzukiHiroaki

スピーカー:鈴木 宏昌
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 AWS トレーニングサービス本部 テクニカルトレーナー

概要: 
「AWS認定 SysOps アドミニストレーター – アソシエイト」の資格取得を目指す方のためのセッションです。この認定資格は、AWS プラットフォームでのデプロイ、管理、オペレーションにおける技術的な専門知識の試験です。AWS ベースのアプリケーションの運用に関する 1 年以上の実務経験を持つ方におすすめです。
本セッションでは、試験で評価される能力、推奨される知識、出題分野を紹介するとともに、サンプル問題を解いていただきます。また、試験に向けた学習方法をご案内します。


今すぐ無料参加申込み ≫
201904-Matsuhisa

スピーカー:松久 正幸
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 金融ソリューション部 / 部長

概要:
国内外の金融機関でAWSの採用および活用が進んでいます。本セッションでは代表的な業務を複数取り上げながら、それらの業務をどのようにAWSでアーキテクティングしていくか、セキュリティや可用性の考え方を解説します。

201904-Yamazaki
201904-Sonoda

スピーカー:山﨑 翔太
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 エンタープライズソリューション本部 / ソリューションアーキテクト

スピーカー:園田 修平
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 デジタル・トランスフォーメーション本部 / IoT スペシャリストソリューションアーキテクト

概要: 
IoT は既に商用フェーズにあり、特に製造業界で活用が拡がっています。本セッションでは、スマートプロダクトやスマートファクトリーをはじめとする製造業界でのユースケースと事例、またそれを実現するデザインパターンを紹介し、関連する IoT サービスについて解説します。

201904-Ishii
201904-Hirose

スピーカー:石井 悠太
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 マスメディア ソリューション部 / Technical Solutions ソリューションアーキテクト

スピーカー:廣瀬 太郎
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 メディア エンターテインメントソリューション部 /ソリューションアーキテクト

概要:  
昨今、インターネットを通じた動画配信の需要が増えてきているなかで、動画関連ワークロードを支える基盤としてのクラウドの採用は最もリーズナブルな選択肢となっています。本セッションでは、動画関連のサービスをAWSを活用して構築・運用されているお客様の事例および、アーキテクチャについて解説します。 

201904-Fukuyo

スピーカー:福与 直也
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 パブリックセクター統括本部 技術本部 本部長

概要: 
公共分野においては、中央省庁を中心としてクラウドの検討が進んでおります。公共分野におけるAWSの海外事例とクラウドを導入する上で検討すべき事項と勘所についてご説明をさせて頂きます。

201904-Ishikawa

スピーカー:石川 泰崇
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 ゲームエンターテイメントソリューション部 ソリューションアーキテクト

概要: 
AWS上でゲームを動かす際によく利用されるサービスやアーキテクチャ、事例をご紹介します。

201904-Utsunomiya

スピーカー:宇都宮 聖子
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 デジタル・トランスフォーメーション本部 / 機械学習スペシャリストソリューションアーキテクト

概要:
製造、インターネットメディア、金融、ヘルスケア、様々な業界で機械学習の導入が急速に求められています。AWSでは、お客様の課題に沿って、機械学習環境構築や、効率の良い運用をご支援しています。本セッションでは、AWS上で構築する機械学習の様々なアーキテクチャについて、お客様の事例も交えてご紹介します。

201904-Shimura

スピーカー:志村 誠
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 デジタル・トランスフォーメーション本部 / シニアアナリティクススペシャリストソリューションアーキテクト

概要:
データの活用は、ビジネスの継続的な発展において非常に大きな役割を持ちます。その一方で、データが増えても構成を変えずに処理を行ったり、多種類のデータを適切に管理したり、用途に応じて適切な分析を行ったりできる必要があります。このセッションでは、実際の事例をもとに、AWS の Analytics サービスをどう活用するか解説します。

201904-Takahashi

スピーカー:高橋 敏行
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 パートナー技術本部 テクニカルイネーブルメント部 / パートナーソリューションアーキテクト

概要:
データベースは、企業のシステムにおいて重要なコンポーネントの1つです。AWS ではデータベースを実行する方法に多くの選択肢があります。お客様がオンプレミスで使用しているデータベースを AWS に移行する際に、その選択肢の中から最適なものを選ぶガイドラインを、お客様事例と交えてご紹介します。

201904-Harada

スピーカー:原田 和則
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 レディネス&テックソリューション本部 テクニカルソリューション部 ソリューションアーキテクト

概要:
昨年のAWS BlackBeltオンラインセミナーでご紹介した「AWSで実現するウェブサイトホスティング入門」はインフラエンジニア寄りの内容でお送り致しましたが、今回は装いも新たに「開発者の方」向けの内容で、AWS上でウェブサイトを構築するためよくある構成パターンならびにAWSサービスの一部をご紹介致します。


今すぐ無料参加申込み ≫
201904-Kiriyama

スピーカー:桐山 隼人
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 レディネスソリューション本部 シニアセキュリティソリューションアーキテクト

概要:  
デジタルトランスフォーメーション(DX)というビジネス環境の変化に追随するために、多くの企業でクラウドサービスの活用が進んでいます。環境変化に適応し、新しいビジネスの創出や拡大、最適化を支えるには、DX時代に即した新しいITセキュリティ基盤が必要不可欠です。
クラウドだからこそ実現できるセキュリティとは何かに焦点を当て、DX時代のセキュリティ戦略や、想定されるセキュリティ課題への解決方法を考えます。そして、それらを実現するAWSサービスを紹介し、AWSのより効果的な活用の仕方を説明します。

201904-Ohmura

スピーカー:大村 幸敬
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 インダストリソリューション部 / ソリューションアーキテクト

概要:  
クラウドにシステムを構築しました。さて、その運用はどのように行いますか? AWS上のシステムはオンプレミスと同様の方法で運用することもできますが、運用のための多様なサービス群(Management Tools)やAPIによる自動化を活用することで、組織に合わせた運用をより効率よく実現することができます。このセッションではクラウド運用の原理原則とAWS運用における最新ベストプラクティスをご紹介します。

 

201904-Fukui

スピーカー:福井 厚
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 デベロッパーアドボカシー部 ソリューションアーキテクト、モダンアプリケーション開発スペシャリスト

概要:
オンプレミスのアプリケーションをそのままの構造でAWSへ移行することは可能です。しかしながら、クラウドが提供する様々なサービスを活用することで、ビジネス価値に集中して開発を行うことが可能になります。そのようなクラウドネイティブなアプリケーション アーキテクチャにモダナイズするための考え方や、それらを支えるAWSマネージド・サービスや開発ツールをご紹介します。

 


今すぐ無料参加申込み ≫
201904-Suzuki

スピーカー:鈴木 直
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 プロフェッショナルサービス本部 / プラクティスマネージャ

概要:  
昨今、多くの企業で全社レベルでのクラウド採用、クラウド活用が進んでいます。

本セッションでは、クラウドの全社展開に際し、企業が直面しやすい「障壁」の存在を明らかにするとともに、その障壁を打破する、クラウド推進組織を起点とした効果的なクラウド導入の進め方をご紹介いたします。

201904-Tomita
201904-Asano

スピーカー:冨田 賢
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 AWS トレーニングサービス本部 事業開発部 部長

スピーカー:浅野 佑貴
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 エンタープライズソリューション本部 インダストリアルソリューション部 ソリューションアーキテクト

概要:  
多くの会社がクラウド化を進めるにあたって大きな課題が人材不足です。本セッションではクラウド人材育成の観点で業界のトレンドと各大手企業におけるクラウド人材育成の具体例と成功ノウハウについてご紹介致します。

 

201904-Aizawa

スピーカー:相澤 恵奏
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 パートナー技術本部 テクニカルイネーブルメント部 部長 / シニアパートナー ソリューション アーキテクト

概要:
AWS には、APNパートナーという仕組みがあり、AWSのエコシステムを支える重要なソフトウェア提供会社やシステムインテグレーター(SI)様が数多く登録されています。AWS のクラウドコンピューティングを使ったサービス提供やソフトウェア運用、インテグレーションのご相談が可能です。多くの魅力的なパートナー様が登録されていますので、本セッションでは、みなさまにとってのベストパートナーを見つける方法をご紹介します。