無料お申し込みはこちら
ご登録済みの方はこちら

入門セッションです。AWS サービスの概要に焦点を当てており、参加者は対象のトピックに関する知識が全くない方を対象としています。

中級セッションです。参加者がトピックの入門知識を持っていることを前提に、ベストプラクティス、サービス機能の詳細、およびデモを提供することに焦点を当てています。

上級セッションです。対象のトピックの詳細を提供するセッションです。参加者はそのトピックにある程度精通している方が対象です。ただし、同様のソリューションの実装経験がない場合もあります。

エキスパートセッションです。参加者は、トピックに精通しており、既に独自ソリューションを実装している方が対象です。複数のサービス、アーキテクチャによる実装でテクノロジーがどのように機能するかを解説します。

無料お申し込みはこちら
201910-koizumi

スピーカー:小泉 秀徳
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:
国内外問わず、ヘルスケア・ライフサイエンス領域においてAWSの活用が拡大しています。本セッションでは、業界内でのユースケースと活用事例、関連するAWSサービスとアーキテクチャについてご紹介します。

201910-momose

スピーカー:百瀬 孝三
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:
ホームやオフィス、店舗、工場内の様々な装置や機器、商品をIoTサービスを活用して運用管理、制御するこ とで新たなユーザ体験を提供したり、効率性・品質向上を実現するソリューションが拡がっています。本セッショ ンでは、こうしたスマートプロダクトやスマートファクトリーとよばれるユースケースと事例、およびデザインパター ンを紹介するとともに、関連するAWSサービスについて解説します。

201910-tsuji

スピーカー:辻 正史
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:
本セッションは、製造業におけるクラウド利用の中でも重要な CAE/EDA 領域における High Performance Computing(HPC)ワークロードに関して、関連する AWS サービス、活用事例、デザインパターンをお伝えすることで、HPC ワークロードを AWS 上で活用する為のポイントを解説します。

201910-ando

スピーカー:安藤 正祥
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:
100 年に一度の変革期と言われる自動車業界において、新たな取り組みの推進やアジリティ向上のために AWS の活用が進んでいます。本セッションでは自動車業界におけるお客様事例やユースケースをご紹介し、AWS を使うことでお客様はどのようなメリットを得られるのかをご説明いたします。

201910-kawasaki

スピーカー:川﨑 一青
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:
通信業界のお客様では、コアビジネスである通信ネットワークに関わるシステムから、コンシューマ向けのサービスシステムまで幅広く手がけられており、AWS活用事例も多様です。本セッションでは、通信業で共通的に見られるシステムにおけるAWS活用例を、多数のユーザーとデバイス、ビッグデータ分析、リアルタイム処理、エッジやオンプレミスの併用といった特徴に着目しながら、アーキテクチャパターンとしてご紹介します。

201910-niwa

スピーカー:丹羽 勝久
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:
世界的に電力・ガス業界では、IoTやビッグデータ分析を活用した取り組みによるデジタルトランスフォーメーションが活発化しています。グローバルの先進事例も含めたAWSの活用事例とキーとなる代表的なAWSサービスの概要をご紹介します。

201910-ishibashi

スピーカー:石橋 香代子
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:
Born from Retail, Built for Retailers.
流通・小売業界におけるAWSを活用したクラウドジャーニーはご存知ですか。次世代店舗やオムニチャネルなどのデジタルトランスフォーメーションの軸と既存ワークロード移行などのインフラストラクチャーのモダナイゼーションの軸をベースに、お客様のイノベーションを推進する考え方です。本セッションでは、AWSサービスを活用した需要予測やレコメンデーション、店舗ネットワークのAWS集約などのトレンドとなっているソリューションについて事例やアーキテクチャとともにご紹介します。

201910-kaname

スピーカー:金目 健二
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:
AWS Elemental MediaLive / MediaConnect / MediaConvert / MediaStore / MediaPackage / MediaTailorにおける最新機能、重要機能のUpdateを行います。機能紹介のみならず、ユースケース、注意すべき点なども含めてご紹介致します。

201910-arioka

スピーカー:有岡 紘佑
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:
金融業界のお客様は、コスト削減を主眼におくITトランスフォーメーションから、新サービスを短い時間で開発し世に送り出すデジタルトランスフォーメーションへと、クラウド活用の範囲を広げています。本セッションでは、AWSの最新の活用事例と、それらを実現するアーキテクチャの概要についてご紹介します。

201910-okuno

スピーカー:奥野 友哉
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:
AWS Ground Stationに始まり、航空宇宙産業におけるAWS活用の幅が広がって参りました。このセッションでは航空宇宙産業のどのようなワークロードでAWSを使っていただけるのかの事例と関連サービスをご紹介いたします。

201910-matsumoto

スピーカー:松本 照吾
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:
AWSを活用するためにコンプライアンス対応(政府機関統一基準や医療情報ガイドラインなど)が課題となっている方に対し、国内外の事例を交えたクラウドコンプライアンスの考え方と実践方法をご紹介します。

201910-sakurada

スピーカー:櫻田 武嗣

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:
政府のクラウド・バイ・デフォルト原則に伴い公共機関でのクラウド活用が加速しています。
本セッションでは政府、自治体、教育、医療機関等の事例をはじめ、クラウド導入の際に寄せられる代表的な質問についても解説致します。


無料お申し込みはこちら

「AWSome Day」は、AWS クラウドジャーニーのはじめの一歩として、AWS に関する基礎知識を体系的に学ぶ無償のトレーニングイベントです。AWS テクニカルインストラクターが主導するセッションを通じて、コンピューティング、ストレージ、データベース、ネットワークといった AWS のコアサービスを段階的に学ぶことができます。本セッションでは、AWSome Day の内容を 4 セッションに分けてお届けします。

201904-Takahashi
201904-Hiraga

スピーカー:高橋 敏行
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 パートナー技術本部 テクニカルイネーブルメント部 / パートナーソリューションアーキテクト

スピーカー:平賀 博司
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 AWS トレーニングサービス本部 テクニカルトレーナー

概要:
AWS の基礎であるグローバルインフラストラクチャと、その上でご利用いただく仮想ネットワークサービスの Amazon Virtual Private Cloud (VPC)、仮想サーバーの Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)、クラウドならではの動的にサーバー台数を調整できる AutoScaling についてお話しします。
このセッションを通して、AWS のサービスの基本を学習することができます。

スピーカー:高橋 敏行
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 パートナー技術本部 テクニカルイネーブルメント部 / パートナーソリューションアーキテクト

スピーカー:平賀 博司
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 AWS トレーニングサービス本部 テクニカルトレーナー

概要:
このセッションでは、ストレージサービスであるAmazon Simple Storage Service(S3)とAmazon Elastic Block Store(EBS)について、また、Amazon Relational Database Service(RDS)、Amazon DynamoDBをはじめとする各種データベース機能について体系的にご理解いただきます。

スピーカー:高橋 敏行
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 パートナー技術本部 テクニカルイネーブルメント部 / パートナーソリューションアーキテクト

スピーカー:平賀 博司
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 AWS トレーニングサービス本部 テクニカルトレーナー

概要:
AWS を安心してご利用いただくための機能についてのセッションです。Amazon Virtual Private Cloud(VPC)により AWS リソースを起動するための仮想ネットワーク環境をどのようにコントロールするかを学び、AWS Identity and Access Management(IAM)によるユーザーアクセスコントロールについてご理解いただきます。
また、AWS が考えるセキュリティの基本および AWS で用意している各種セキュリティのための取り組みについて紹介します。

スピーカー:高橋 敏行
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 技術統括本部 パートナー技術本部 テクニカルイネーブルメント部 / パートナーソリューションアーキテクト

スピーカー:平賀 博司
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 AWS トレーニングサービス本部 テクニカルトレーナー

概要:
ここまでのセッションの中で登場して来た様々なリソースを、いかに効率よく構成するかが実装の観点では重要となります。
AWS では、これまでの実践を通してベストプラクティスや設計の原則を『Well-Architected Framework』として提供しています。その考え方の基本を紹介し、各種利用料金の考え方についてご理解いただきます。


無料お申し込みはこちら

「AWS認定ソリューションアーキテクト - アソシエイト」はAWS のテクノロジーを使用して安全で堅牢なアプリケーションを構築し、デプロイするための知識を持っていることを証明する認定資格です。AWSの各ベストプラクティスの観点から出題されます。本ワークショップでは、試験問題を解く際のポイントや理解を深めるためのドキュメントを出題分野ごとにを解説します。また、サンプル問題にもチャンレジいただけます。認定資格取得を目指す方は、ぜひご活用ください。


201904-Nishimura

スピーカー:西村 航
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 AWS トレーニングサービス本部 テクニカルトレーナー

概要:  
信頼性と回復性に優れたストレージを選択する、AWS のサービスを使用した疎結合化メカニズムの設計方法を決定する、多層アーキテクチャソリューションの設計方法を決定する、可用性や耐障害性に優れたソリューションの設計方法を決定する、の 4 つのベストプラクティスに基づいたポイントを紹介します。

スピーカー:西村 航
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 AWS トレーニングサービス本部 テクニカルトレーナー

概要:  
高パフォーマンスなストレージおよびデータベースを選択する、パフォーマンス向上のためキャッシュを使用する、伸縮性とスケーラビリティに優れたソリューションを設計する、の 3 つのベストプラクティスに基づいたポイントを紹介します。

スピーカー:西村 航
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 AWS トレーニングサービス本部 テクニカルトレーナー

概要:  
アプリケーション層の保護方法を決定する、データの保護方法を決定する、単一 VPC アプリケーション向けのネットワーキングインフラストラクチャを定義する、の 3 つのベストプラクティスに基づいたポイントを紹介します。

スピーカー:西村 航
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 AWS トレーニングサービス本部 テクニカルトレーナー

概要:  
出題分野4より、コストを最適化したストレージおよびコンピューティングの設計について、出題分野5より、運用上の優秀性を実現するソリューションの設計特性の選択について、ベストプラクティスに基づいたポイントを紹介します。また、すべてのセッションを視聴された方のための、試験準備のまとめをお話します。


無料お申し込みはこちら

「AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル」は、AWS プラットフォームでの分散アプリケーションとシステムの設計における高度な技術スキルおよび経験を認定します。
本ワークショップでは、試験の出題分野とそれらが AWS でのアーキテクチャ設計および学習対象の具体的な領域にどう位置付けられるかについて説明します。各分野ごとに試験の問題例を紹介し、回答するために知っておくべき知識や考え方について解説いたします。試験準備の学習リソースのひとつとしてご活用ください。

 

本セッションを視聴された方に、AWS 認定模擬試験の無料バウチャーをプレゼント!

AWS Innovate 終了後、ご登録の E メール宛にお送りします。受験に向けた準備に、ご活用ください。


201910-tomita

スピーカー:冨田 修平
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要: 
出題分野「組織の複雑性」より、クロスアカウント認証とアクセス戦略、ネットワーク、およびマルチアカウントのAWS環境について、解説します。

スピーカー:冨田 修平
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要: 
出題分野「新しいソリューションの設計」は、試験において最も比重の大きい分野です。本セッションでは、信頼性や継続性に基づいたソリューション設計の決定について、例題を参考にご紹介します。

スピーカー:冨田 修平
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要: 
出題分野「既存のソリューションの継続的な改善」より、トラブルシューティングソリューションのアーキテクチャおよび、既存のソリューションの運用上の優秀性・信頼性の改善戦略についてご紹介します。

スピーカー:冨田 修平
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要: 
出題分野「コスト管理」より、コスト効率に優れた料金モデル、コスト最適化を保証するためのコントロールの設計と実装等についてのご紹介します。また、今後の試験準備のための学習方法・リソースをお話しします。


無料お申し込みはこちら

201910-hirohashi

スピーカー:広橋 さやか
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要: 
地球上で最もお客様を大切にする企業であること - が、アマゾン、AWSのミッションです。この目標は今日も継続していますが、今や Amazon のお客様は世界中に広がり、また数百万ものお客様、販売業者、コンテンツクリエーター、開発者、エンタープライズを含むまでに成長しました。このセッションでは、AWSを深く理解してもらえるように、AWSの中のメカニズムやカルチャー、組織について解説します。

201910-kaneko

スピーカー:金子 眞治
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要: 
「お客様は誰ですか?」を起点に、新たなお客様体験をお届けするアイデアを、プレスリリースやFAQに整理し、企画・設計するアマゾンのイノベーションメカニズム「Working Backwards」のエッセンスをお伝えします。
本セッションはオンラインでの提供になりますが、できるだけワークショップ形式をご体験いただけるような構成で進めてみたいと思いますので、是非、ご参加ください。

201910-takizawa

スピーカー:瀧澤 与一
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要: 
AWS は、事実上あらゆるクラウドのワークロードをサポートするため、たえずサービスを拡大しています。このセッションでは、2019年4月以降の主なサービスアップデートについてわかりやすく解説します。

201910-kameda

スピーカー:亀田 治伸
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要: 
AWSは、お客様の声をもとに、あらゆるユースケースに対応できるよう、サービスを拡充しています。そのサービスを活用することで、新しいビジネスの実現や、基幹システムの移行など、ユーザは様々なイノベーションを生み出しています。現在提供しているAWSサービスの数は165を超え、多くのユーザーがこれらのサービスを組み合わせ柔軟性の高いITを実現されています。このセッションでは機械学習、AIサービス、IoT、データレイク等のアーキテクチャを事例をもとにご紹介いたします。


無料お申し込みはこちら
201910-takahashi

スピーカー:高橋 敏行
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:
商用データベースから Amazon RDS や Amazon Aurora への移行をするとメリットがあると言われているものの、データベースの移行に関して何を検討し、実際にどのような検証を行い、移行のために何を行わなければならないか、具体的にイメージが出来ない方向けに、最低限おさえておかなければならないポイントに関して 30 分で説明します。

201910-kitazawa

スピーカー:北澤 英崇
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要: 
データベースの移行を行う際に、ハマりがちなポイントに関して、その1、その2 のあわせて4パターンを説明します。もちろん、回避するためにどのような対処が必要なのかも併せて説明しますので、実際にデータベース移行の計画を立てる際に活用頂ける内容です。その1では「移行要件と移行手法」について説明します。

201910-azekatsu

スピーカー:畔勝 洋平
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要: 
データベースの移行を行う際に、ハマりがちなポイントに関して、その1、その2 のあわせて4パターンを説明します。もちろん、回避するためにどのような対処が必要なのかも併せて説明しますので、実際にデータベース移行の計画を立てる際に活用頂ける内容です。その2では「比較と検証」について説明します。


無料お申し込みはこちら
201910-kikuchi
201910-kadota

スピーカー:菊地 信明
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

スピーカー:門田 梓
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:  
各VPN接続とDirect Connectについてのユースケースや、仮想プライベートゲートウェイ経由とトランジットゲートウェイ経由での違いについて解説します。 


無料お申し込みはこちら
201910-sekiyama

スピーカー:関山 宜孝
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:
データレイクはデータドリヴンな組織において広く使用される一般的なアーキテクチャです。 このデータレイクを使うことで、多様なデータを効率的に保管し、ダッシュボードや可視化からビッグデータ処理、リアルタイム分析および機械学習まで、様々な種類の分析が可能になります。 本セッションでは、多数のお客様案件の知見をもとに、AWSクラウドで効果的なデータレイクを設計するためのデザインパターンをご紹介します。

201910-shimura

スピーカー:志村 誠
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要: 
クラウドを活用することにより、大規模データを扱うことの敷居が大きく下がりました。AWS のさまざまなマネージドサービスを活用することで、インフラ管理に時間を取られることなく、データ処理や分析に注力できるようになります。このセッションでは、大規模データの加工整形、定型分析の繰り返し実行、またアドホック分析や機械学習などのさまざまなワークロードを、AWS Glue / Amazon Athena / Amazon SageMaker などのサービスを活用して、サーバーレスの形で実現するためのやり方について解説します。

201910-ozono

スピーカー:大薗 純平
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要: 
企業のデータ分析の中心的な位置づけを担うデータウェアハウスですが、従来は、多様化する分析要件、増え続けるデータ容量に柔軟に対応していくことは容易ではありませんでした。フルマネージド型のクラウドデータウェアハウスであるAmazon Redshiftを活用することで、インフラやキャパシティの管理から解放され、高速でスケーラブルな分析環境を手に入れることができます。本セッションでは、Redshiftをより実践的に活用するためのポイントおよび便利機能をご紹介します。


無料お申し込みはこちら
201910-kawano

スピーカー:川野 純
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:
このセッションではSSD ストレージを使用し、高速なスループットと IOPS、一貫したミリ秒未満のレイテンシーの高パフォーマンスファイルサーバーを完全マネージド型のネイティブ Microsoft Windows ファイルシステムとして提供する Amazon FSx for Windows ファイルサーバーの仕組みや備えている機能などについて解説して行きます。


無料お申し込みはこちら
201910-hirata

スピーカー:平田 敦
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:
少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少や働き方の多様化により、近年注目を集めている働き方改革、柔軟な働き方を実現するソリューションとして、デスクトップ仮想化(VDI)への注目が集まっています。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催も控え、都心混雑回避への切り札として、テレワークへの注目も集まり、VDI導入へ待った無しの状況が訪れています。このセッションでは、クラウドコンピューティングの特性を活かした、フルマネージドVDIサービスであるAmazon WorkSpacesのご紹介を行います。


無料お申し込みはこちら
201910-takahashi-satoshi

スピーカー:高橋 悟史
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:
アプリ開発者、インフラ担当エンジニアの方、モバイルアプリ、Web アプリの認証について悩まれていませんか? セキュリティを担保した上で、可用性やスケーラビリティを備えた認証の仕組みを作るのは非常に工数と時間のかかる作業です。 Amazon Cognito は、サーバレスアーキテクチャーのメリットを享受して、迅速に認証基盤を構築出来るサービスです。 当セッションでは、Amazon Cognito のユースケース、外部認証連携機能、セキュリティ機能、AWS サービスやアプリケーションとの親和性についてご紹介します。

201910-kiritani

スピーカー:桐谷 彰一 
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要: 
AWS環境で利用できる脅威検知サービスと、その仕組み、活用方法を紹介します。セキュリティ対策は、ログの取得や、分析、可視化、インシデント対応などをうまく機能させる必要がある一方、その運用が大変といった現場の声もよく聞かれます。このセッションでは、クラウドだからこそより便利に実現できる、AWSセキュリティ対策をご案内します。


無料お申し込みはこちら
201910-araki-yasuhiro

スピーカー:荒木 靖宏
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:
アンチパターンは、失敗に陥るパターンを類型化し、事例の早期発見と対応策定を目的とします。
本セッションでは、ITシステムにおけるリファクタリングの手段としてAWSがもたらす価値を説明します。特に、オンプレミスでのシステム構築でも登場するコンピューティング、ネットワーク、ストレージ、データベース、セキュリティなどのコアサービスでの陥りがちな問題を説明し、それを解消するAWSの使い方を説明します。


無料お申し込みはこちら
201910-haribara

スピーカー:針原 佳貴
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:  
お客様は、AWS の深く幅広い AI サービスを利用して、簡単に AI アプリケーションを構築することができます。その一例として、顔認証によるイベント受付システムの構築例をご紹介します。これは数千人の社員が集まる Amazon の社内イベントでも実際に使われたもので、その際に構築した Amazon Rekognition を中心としたサーバーレス AI アプリケーションのアーキテクチャや、検討すべきセキュリティについて説明します。

201910-matsumoto-oasamu

スピーカー:松本 修
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:
Amazon Personalizeは、レコメンデーションをかんたんに実現するための機械学習サービスです。今までに機械学習の経験がない開発者も、Amazon.com で長年使用されてきた機械学習技術を使用して、高度なパーソナライゼーション機能を簡単にアプリケーションに組み込むことができます。Amazon Personalizeの基本的な使い方と活用事例をご紹介します。

 

201910-kazusa

スピーカー:上総 虎智
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:  
機械学習サービスの構築で重要なのは継続的な改善サイクルです。AWSのサービスを活用してデータ収集、前処理、可視化などデータハンドリングも含めた機械学習サービスを構築する方法を紹介します。

201910-ohbuchi

スピーカー:大渕 麻莉
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:  
Amazon SageMakerは、すべての開発者に向けたサービスです。機械学習アルゴリズムを書かずとも、プロダクションシステムに組み込むことが可能です。そのために用意されているBuild-in Algorithmと、いくつかの活用方法を紹介します。

 

201910-Utsunomiya

スピーカー:宇都宮 聖子
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:
機械学習のマネージドサービスである Amazon SageMaker を利用することで、開発者の方々は ML モデル開発に注力でき、そのプロセスを加速することができます。ここでは、TensorFlow、PyTorch、Chainer、MXNet などのDL フレームワークにおいて、SageMaker で学習、デプロイに関連する便利な機能や、オンプレミスからの DL コードの移行など、実用的な SageMaker の活用方法を紹介します。

 


無料お申し込みはこちら
201910-Ohmura

スピーカー:大村 幸敬
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:  
AWS Cloud Development Kit (CDK) は Python や JavaScript/TypeScript など 普段お使いのプログラミング言語を使って AWS の構成を管理するためのオフィシャルツールです。7/11に正式リリースになりました。 CDKは AWS CloudFormation のテンプレートを生成するエンジンとして利用でき、初期設定の入ったハイレベルライブラリにより、コード記述量を小さくできることが特徴です。 本セッションではプログラマの方向けに AWS CDK を使い始めるためのポイントをご紹介します。

201910-Suzuki

スピーカー:鈴木 哲詩
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:  
サーバーレスアプリケーションを開発する前提としての開発環境をどのように準備したらいいのでしょうか?今日からサーバーレスアプリケーションの開発を開始するためのプラクティスをお伝えします。

 

201910-Imamura

スピーカー:今村 優太
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:
システムのプロトタイプを作成することは、予定している機能が本当に実現できるのか、事前の技術検証に役立ちます。AWS Amplify を使うことで、AWS のエコシステムを最大限活用し、SPA (Single Page Application) とそのバックエンドサービスを含めたプロトタイプを、サーバーレスの環境上へ、高速かつ簡単に作成することが可能です。 本セッションでは、SPA という技術が登場した背景や概要について解説したうえで、実際に AWS Amplify を用いて SPA とそのバックエンドを構築するまでを、プロトタイプ作成のライブデモとともにご紹介します。

 

201910-Tsukada

スピーカー:塚田 朗弘
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:
柔軟で高機能なカスタマーエンゲージメントサービス、Amazon Pinpoint を中心とした顧客獲得ソリューションを、国内外の事例を交えて解説します。サービスの成長のためには、適切なメッセージを、適切なタイミング、ユーザー、チャネルに送信する必要があります。また、その結果を迅速に可視化し、解析することも重要です。 Amazon Pinpoint では、モバイルプッシュ通知やスケジューリング・A/Bテスト機能、ダッシュボードなど一般的な機能に加え、送信速度調整やカスタムチャネル、Event Stream といったユニークで役立つ機能を提供しており、様々な業種・業態のお客様の多様なニーズに答えます。

 

201910-Fukui

スピーカー:福井 厚
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:
AWSにおけるモダンアプリケーション開発のベストプラクティスについて、AWSが提供するサービスと共にご紹介します。AWSにおけるモダンアプリケーション開発を行うことで、付加価値を生まない重労働はAWSが提供するマネージドなサービスに任せて、本来の価値ある作業に開発リソースを集中して頂くことが可能になります。本セッションにご参加頂くことでクラウドが提供する機能を十分に活用するモダンアプリケーションを開発する方法を学んで頂けます。

 


無料お申し込みはこちら
201910-Hara

スピーカー:原 康紘
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:  
コンテナはまるで仮想マシンのように扱うことができる反面、仮想マシン時代の考え方やアーキテクチャをそのまま持ち込むことはコンテナワークロードにおける代表的なアンチパターンと言えます。 全3部構成の第1部となる本セッションでは、これからコンテナを始める方、すでにコンテナワークロードを持っているけどなんとなく運用している、という方に向けてコンテナの基礎知識を紹介していきます。優れたコンテナワークロード構築のために、オーケストレーションツールだけではなくコンテナそのものの特徴と技術的背景を体系立てて学んでいきましょう。

スピーカー:原 康紘
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:  
コンテナはまるで仮想マシンのように扱うことができる反面、仮想マシン時代の考え方やアーキテクチャをそのまま持ち込むことはコンテナワークロードにおける代表的なアンチパターンと言えます。 全3部構成の第2部となる本セッションでは、 仮想マシン時代とコンテナ時代のプラクティスを具体的に比較していきます。なぜ仮想マシンとコンテナでは考え方を変える必要があるのか、第1部で学んだ基礎知識を元により詳細な内容に踏み込んでいきましょう。

 

スピーカー:原 康紘
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:
コンテナはまるで仮想マシンのように扱うことができる反面、仮想マシン時代の考え方やアーキテクチャをそのまま持ち込むことはコンテナワークロードにおける代表的なアンチパターンと言えます。 全3部構成の最終パートとなる本セッションでは、はじめてのコンテナワークロードを成功させるための各種プラクティスを紹介します。第1部、第2部で学んだコンテナワークロードの特徴とあるべき姿、設計と運用における考え方をベースに、コンテナワークロード成功の確度を上げるための課題設定や具体的な PoC の進め方について学びましょう。

 


無料お申し込みはこちら
201910-Kuramitsu

スピーカー:倉光 怜
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:  
IoTは、既に商用フェーズに入っており、様々な業界で利用され始めています。IoTから生み出させるデータは、多くの場合、膨大な量になります。それらのデータは単に収集して終わりにするのではなく、いかに活用して、新しい価値を生み出すかがポイントとなります。本セッションでは、IoTでこれからデータ分析を検討されている方、どのようにサービスを組み合わせていいか悩まれているお客様を対象に、IoTにおけるデータの特徴、およびIoTデータをAWS上に送信して以降の各種AWSサービスとの連携、分析手法について解説します。

201910-Iizuka

スピーカー:飯塚 将太
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:  
ユーザー認証から商品の購入、そして支払いまでをストレスなく体験できる SmartCooler デモについてご紹介します。本デモは、画像からの物体検出技術を用いることでシステムが購入された商品やその個数を認識することができます。そこで本セッションでは、このデモを実現するために使用した技術や AWS サービス、それらを組み合わせたクラウドアーキテクチャからハードウェア構成、機械学習モデルの開発まで、詳細にご説明します。
デモ詳細: https://twitter.com/awscloud_jp/status/1138709345850368000

 


無料お申し込みはこちら
201910-Shimizu

スピーカー:清水 正直
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:  
Amazon Connect はセルフサービスのクラウド型コンタクトセンターであり、必要な機能が100% all-in-oneで提供されます。このセッションでは、専門知識のないユーザーでもグラフィカルインターフェイスを使って、対応フローの設計、リソースの管理やレポーティングが簡単にできること、また他のAWSサービスを使って顧客体験を更に拡張するためのソリューションについて解説します。


無料お申し込みはこちら
201010-shimokawa

スピーカー:下川 賢介
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:  
サーバーレスでの検討対象として最も多く挙げられる領域に動的Webシステム、モバイルバックエンド、業務系APIがあります。ここには Amazon API GatewayおよびAWS Lambdaを用いた典型的なアーキテクチャパターンが知られています。このセッションでは実績あるパターンとその特徴をご紹介いたします。

スピーカー:下川 賢介
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:  
企業内の業務データや業務で発生したログデータは常に増加し続けています。そうしたデータを処理し続けるためにスケーラブルで管理コストの低いサーバーレスを利用することは理にかなっており、実際、そうした実績が多く存在します。このセッションではイベント駆動のデータ処理・業務処理連携の実績あるパターンとその特徴をご紹介いたします。

 

201910-Shimizu-Takayuki

スピーカー:清水 崇之
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:  
サーバレスアプリケーションを本格的に活用したいデベロッパー向けのセッションです。本セッションでは、サーバレスアプリケーションを本格的に活用するうえで知っておきたい、フレームワーク、CI/CDパイプライン、チューニング、運用と監視について解説します。

 


無料お申し込みはこちら
201910-araki-yasuhiro

スピーカー:荒木 靖宏
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

概要:  
アンチパターンは、失敗に陥るパターンを類型化し、事例の早期発見と対応策定を目的とします。
動作やプロセス、構造について、当初は妥当であったのに、 最終的に悪い結果が繰り返されるパターンはAWSにおいても例外ではありません。

本セッションでは、既存のAWS環境や知識のアップデートを目的としています。
AWSサービス変遷を振り返りつつ、今日のAWSからみたアンチパターンを紹介します。