Solution Seminar Logo_hero

~AWSサービスの最新情報やお客様事例のご紹介~

オンラインで毎週ライブ開催

AWS サービスの最新情報やお客様事例のご紹介を中心に、AI/ML、マイグレーション、サーバーレス、Analyticsなど幅広いテクニカル分野をカバーして実施しております。スピーカーは AWS エキスパートおよび AWS をご活用いただいているお客様が自身の経験を語ります。また、ハンズオンにより AWS を実際に操作できるセミナーの開催も定期的に行なっています。

webinar-bannar_1800x10

 

ソリューション別セミナー

アマゾン ウェブ サービス ジャパン が主催するソリューション別に詳細を解説したセミナーです。
10/20 (木) - 10/22(木)AWS Dev Day Online Japan

対象:
・アプリケーション開発に携わる方

今年も AWS DevDay の季節がやってきました。60を超えるセッションとワークショップで、最新テクノロジーのご紹介とその使いこなしの技、さらに実戦事例までをお届けします。今年はオンライン開催なので、どこからでも受講OK!スキルアップの秋、ぜひこの3日間をご一緒しませんか? まずはスケジュールをおさえましょう!

主催 : アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
協賛:インテル株式会社

詳細・参加お申し込みはこちら »

10/21 (水) AWS Data Lake ハンズオンセミナー

対象:
・データレイク、データウェアハウス、BI , 機械学習環境に課題(コスト、運用、パフォーマンス、使い勝手など)を感じられているIT/システム部門の方々

・データレイクのコンセプトをベースに新しいデータ分析基盤・データ集約基盤をご検討されている IT/システム、ビジネス部門の方々 

データウェアハウスやログ分析,機械学習といった進化する分析環境に柔軟に対応する「データレイク」は今やデータ活用に欠かせないものとなりました。
当セミナーでは、AWSにおけるビッグデータ分析の考え方を座学形式で学んでいただいた後、下記AWS アナリティクスサービスを使った分析パイプラインの構築を通して、「データレイク」と「ビッグデータ分析基盤の構築」を実際にご参加者に体験いただくことをゴールとしています。
これからデータレイクの構築を検討される方にはもちろんのこと、データレイクをさらに効果的に活用したい方にもオススメのセミナーです。

主催 : アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

詳細・参加お申し込みはこちら »

10/21 (水) AWS 専用線アクセス体験ラボ ハンズオントレーニング

対象:
・データセンターやオンプレミスとの接続を検討中のお客様
・AWS Direct Connect を利用したサービスの提供を検討中のパートナー様

アマゾンのクラウドにご興味をお持ちの皆様本トレーニングは同ラボをご使用頂く上での必要な設定方法やネットワークの基礎知識を学んで頂くためのオンラインセミナー形式のトレーニングの後、実際にお客様が接続に使われているPC を使ってお客様のAWS のサービスと専用線を接続させるハンズオンセミナーをリモートで受講頂く内容となっております。

主催 : アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

詳細・参加お申し込みはこちら »

10/22 (木) Amazon Redshift事例祭り(ビジネス編)~Redshift Supports Our Business~

対象:
・データウェアハウスを活用、構築、運用、ご検討されている法人格所属のお客様

Amazon Redshiftは50社以上で公開事例になっている等、多くのお客様に使われています。本イベントでは、実際のお客様の事例も交えて、Redshiftがどうお客様のビジネスの課題を解決しているかお伝えさせていただきます。

主催 : アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

詳細・参加お申し込みはこちら »

10/22 (木) Compute x AWS Graviton2 「Armプロセッサによるコスト最適化」

対象:AWS Graviton2プロセッサ及びGraviton2搭載インスタンスにご興味をお持ちのエンドユーザー、パートナー企業の皆様

AWS 秋の Compute 祭り第三弾として、このウエビナーでは、AWS独自設計のArmプロセッサ「Graviton2」とは何か、AWS Graviton2を搭載したインスタンスを利用するメリット、そしてどのようにコスト最適化を実現するのかご紹介いたします。セミナーの後半では実際にご利用いただいているお客様から実例を交えてお話しいただきます。初心者からエキスパートの方まで、ぜひご参加ください。

主催 : アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

詳細・参加お申し込みはこちら »

10/28 (水) AWS Security Roadshow Japan

対象:企業・組織の中で、セキュリティやコンプライアンスに課題をお持ちの皆様、セキュリティに関する意思決定に関わる管理職や役員の方、公共機関や金融機関のセキュリティ担当者

「AWS Security Roadshow」は、クラウドのセキュリティ・コンプライアンスに関する最新の情報をお客様にお届けすることを目的としています。現在、多くの企業や組織ではテレワーク、リモートワークに移行しており、「ゼロトラスト」に対する議論の活発化等、セキュリティモデルも大きな変革の時期を迎えています。 本イベントでは、お客様が抱える様々なセキュリティに対する課題とその対応方法、実際のお客様のAWSのセキュリティサービス活用事例、今後必要となるセキュリティ対策、AWSのセキュリティの方向性などを包括的にご説明する予定です。

主催 : アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

詳細・参加お申し込みはこちら »

10/28 (水) 「SaaS + サーバーレス/EventBridge」で開発加速化、運用作業軽減

対象:アプリケーション開発に携わる方

変動性が高い現在、検討に時間をかけていると要件や市場のほうが変わってしまう状況です。よりスピード感をもって対応していく必要性が高まっています。いまや、クラウドとその上の SaaS アプリケーションがそうした要件に迅速に応えられるようになってきています。「SaaS + サーバーレス」でどんなことができるのか、いろんな SaaS パートナー様とともにお伝えします。

主催 : アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

詳細・参加お申し込みはこちら »

10/28 (水) SaaS 事業者のための Amazon Redshift 活用法

対象:本セミナーは全てのISV/SaaS事業会社において、サービスの企画、開発、運用をされている方を想定したオンラインセミナーです。AWSの知識レベルは問いません。

SaaS 事業を AWS 上で展開するのはすでに当たり前になっており、AWS では SaaS 事業をささえる多くのサービスがあります。SaaS 事業者にとって、データの集計やレポーティングは欠かせない業務ですが、多くのお客様は RDB に保存したデータに対して集計を行いっています。RDB では「データ量が多すぎる」「 SELECT のレスポンスが遅い」などの課題がありませんでしょうか? 今回は、クラウドベースのデータウェアハウスサービスである Amazon Redshift が RDB とはどこが違いどのような時に使うべきか説明し、実際に RDB のデータを Redshift にロードし分析する簡単なハンズオンをご自身のペースに合わせセルフペースで行います。

主催 : アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

詳細・参加お申し込みはこちら »

11/4 (水) AIでコンタクトセンターの通話録音解析ハンズオンセミナー

対象:
・コンタクトセンターの通話録音データ解析を検討している方
・今後コンタクトセンターでAIを導入を検討している方
・AWSを利用したコンタクトセンターまたはAIの利用に興味がある方

AWSのAI Servicesを利用したコンタクトセンターの通話録音データの解析のハンズオンができます。
One Clickで展開できる通話録音データ解析ソリューション、Voice-of-Customerを利用して、
利用方法の実践をご紹介。

主催 : アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

詳細・参加お申し込みはこちら »

11/11 (水) 秋のスポットインスタンス祭り ~ そろそろクラウドネイティブなコスト最適化はじめてみませんか? ~

対象:
・スポットインスタンスが何かは知っているいるが、スポットインスタンスがどんなワークロードに適用できるのかを知りたい方

・各ワークロードごとにスポットインスタンスの使い方のベストプラクティスが知りたい方

・クラウドネイティブなコスト最適化に興味がある方

AWS のコストが意外と高くなっていて困っている。さらに、事業の先行きも不透明な中で中長期的な継続利用のコミットが必要となるリザーブドインスタンスや Savings Plan の恩恵を得られにくい、といったお悩みをお持ちでないでしょうか。そんな皆様にご紹介したいのが、スポットインスタンスです。中長期の継続利用コミットなしで最大 9 割引で EC2 インスタンスをご利用いただける代わりに、2 分前の通知ありで突然停止される可能性があるという特性をもっています。特に硬派なオンプレミス勢からすると口に出すのも怖いサービスのように思われがちですが、正しく使いこなせればコスト最適化の効果は絶大です。今回のセミナーでは、そんなスポットインスタンス実は怖くないというお話、さらに実際にユースケースとして多いビックデータ解析、HPC ワークロード、ゲームワークロードでの利用事例をもとにお話をさせていただきます。

主催 : アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

詳細・参加お申し込みはこちら »

11/19(木)突然データベースのパフォーマンスが悪化、あなたならどうする?

対象:
・データベースのパフォーマンスチューニングに興味がある方
・現在 AWS のデータベースサービスを検討されている方
・AWS でのパフォーマンスチューニング方法、効果について知りたい方

ある日突然データベースのパフォーマンスが悪化した際に皆さんはどのように対処しますか? また、突然悪化させないためにどのような運用をしていますか? 本セッションでは過去から現在にいたるまでデータベースでどのようなワークロードの状況だったかを捕捉し、パフォーマンス悪化の状況や原因を分析します。また、日々の運用でパフォーマンスを適切に管理するのに役立つ Amazon Aurora PostgreSQL の Query Performance Management についても触れます。後半では、前半で確認したチューニングのサイクルを元に Performance Insights を使って、実際に蓄積した過去データからボトルネックの分析の流れや、突然のパフォーマンストラブルに向けたリアルタイムでの性能状況の確認、ボトルネック分析の流れを見ていきます。

詳細・参加お申し込みはこちら »

11/26(木)ログデータ用のデータレイク&分析環境をクイックに構築するには

対象:
・データレイクとは何のために作られるのか、データレイクとは何かを知りたい方
・AWS にはデータレイク周辺にどういったサービスがあるのかを知りたい方

ログやデータベースに色々なデータが溜まっている。できればデータを集めて分析したいんだけど、どのようにすれば良いか分からない、という方も多いのではないでしょうか。本セッションでは、架空のお客様の相談を元に、AWS のソリューションアーキテクトが、適切な分析環境のアーキテクチャを検討していくところを見ていただくことで、クラウド上でのソリューション選択や、データレイクを作る意味等を学んでいただけます。後半では、前半で検討した、データレイクを中心とした分析環境の主要部分を実際に AWS 上で実装する様子をご覧いただくことで、各サービスの利用方法を学びます。

詳細・参加お申し込みはこちら »

12/3 (木) RDS Online Seminar #3 - Amazon RDS Performance Insights

対象:
・AWS が提供するマネージド型リレーショナルデータベースについて学びたい方

・Amazon RDS で利用できる Performance Insights について学びたい方

・Amazon RDS で利用できる Performance Insights を試してみたい方

本セミナーでは Amazon RDS で利用できる Performance Insights について解説するだけではなく、実際にハンズオンでその利用方法を体験していただきます。

主催 : アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

詳細・参加お申し込みはこちら »

12/10(木)レガシーシステムにサーバーレスを利用して素早くサービスを追加するには

対象:
・AWS にご興味をお持ちのエンドユーザーの皆様

本セッションでは、ある企業がレガシーシステムをAWSへ移行した後、そのシステムと連携する新しいサービスをAWS上でどのように構築すべきかについて分かりやすく解説します。また新しいサービスをプロトタイピングで構築するためのアーキテクチャ設計も行います。

詳細・参加お申し込みはこちら »