投稿日: Jul 13, 2016

AWS Schema Conversion Tool が、Oracle データウェアハウスおよび Teradata から Amazon Redshift への変換に対応するようになりました。SCT はソースデータウェアハウスプラットフォームのアプリケーションおよびカスタムのデータソースコードをアクティブに分析し、Amazon Redshift 向けの適切なソートキーと分散キーで最適化された DDL ステートメントを提供します。

SCT で、埋め込み SQL ステートメントのアプリケーションソースコードをスキャンし、データベーススキーマ変換プロジェクトの一環としてこれらを変換できるようになりました。これにより、データベースだけでなく、関連するアプリケーションも同時に更新できます。

スキーマ変換の実行中、SCT は Oracle および SQL Server のレガシー機能を同等の AWS サービスに変換することにより、クラウドネイティブコードの最適化を行います。例えば、変換後のスキーマでは、メールに Amazon SES、メッセージ送信に AWS Lambda が使用されます。

今回のリリースは、Oracle および SQL Server から PostgreSQL、Amazon Aurora など MySQL 対応エンジンへの変換、PostgreSQL と MySQL 間の変換に対する既存サポートに基づいています。SCT にはあらゆるエンジンと改訂版の評価レポート間の変換規則における、さらなる改善点が含まれています。

AWS Schema Conversion Tool について詳しくは、DMS ホームページまたは SCT ドキュメントをご覧ください。

各開発プラットフォーム用の最新の AWS Schema Conversion Tool は以下のリンクからダウンロードできます。WindowsMacFedoraUbuntu

schema_conversion

ソーシャルメディアで共有:     Twitter   |    Facebook  |    LinkedIn  |    Google+