投稿日: Nov 29, 2016

Amazon S3 ストレージ管理機能のますます充実するポートフォリオに、さらに新しい機能が追加されます。これらの機能により、ストレージの分析と管理が効率化されます。今回のリリースに含まれる新機能は以下のとおりです。

  • S3 オブジェクトのタグ付け – S3 オブジェクトのタグ付けにより、Amazon S3 オブジェクトのアクセスを管理および制御できます。S3 オブジェクトタグは、S3 オブジェクトに適用されるキーと値のペアであり、オブジェクトの存続期間中にいつでも作成、更新、または削除できます。これらを使用すると、Identity and Access Management (IAM) ポリシーの作成、S3 ライフサイクルポリシーの設定、およびストレージメトリクスのカスタマイズが可能になります。これらのオブジェクトレベルタグは、ストレージクラス間の移行を管理し、バックグラウンドでオブジェクトを期限切れにすることができます。
  • S3 分析、ストレージクラス分析 – ストレージクラス分析により、ストレージアクセスパターンを分析し、適切なデータを適切なストレージクラスに移行できます。この新しい S3 分析機能は、アクセス頻度の低いストレージを SIA に移行するための最適なライフサイクルポリシーを自動的に識別します。バケット、プレフィックス、またはオブジェクトタグ全体をモニタリングするようにストレージクラス分析ポリシーを構成できます。頻度の低いアクセスパターンが観察されると、その結果に基づいて新しいライフサイクル時代ポリシーを簡単に作成できます。ストレージクラス分析では、AWS マネジメントコンソールでストレージの使用状況を毎日視覚化することもできます。これらを S3 バケットにエクスポートして、Amazon QuickSight などのビジネスインテリジェンスツールを使用して分析できます。
  • S3 インベントリ – S3 インベントリを使用して、ビジネスワークフローとビッグデータジョブを簡素化、高速化できます。S3 インベントリは、Amazon S3 の同期リスト API の代替スケジュールを提供します。S3 インベントリは、オブジェクトとそれに対応するメタデータの CSV (カンマ区切り値) フラットファイル出力を S3 バケットまたは共有プレフィックスに毎日または毎週提供します。
  • S3 CloudWatch メトリクス – S3 CloudWatch の新しい 13 のメトリクスをモニタリングして警告することにより、Amazon S3 を使用するアプリケーションのパフォーマンスを把握し、向上させます。1 分の CloudWatch メトリクスを受信して、CloudWatch アラームを設定し、CloudWatch ダッシュボードにアクセスして、ダウンロードしたバイトや Amazon S3 ストレージの 4xx HTTP レスポンスのカウントなどのオペレーションとパフォーマンスをリアルタイムに表示できます。クラウドストレージに依存するウェブアプリケーションやモバイルアプリケーションの場合、これらを使用すると、オペレーションの問題を迅速に特定して対応できます。デフォルトでは、S3 バケットレベルで 1 分のメトリクスが利用可能です。また、共有プレフィックスやオブジェクトタグを使用して収集されたメトリクスのフィルタを柔軟に定義でき、メトリクスを特定のビジネスアプリケーション、ワークフロー、または内部組織に合わせることができます。

AWS マネジメントコンソールを使い始めることができます。詳細については、開発者ガイドをご覧ください。