投稿日: Nov 29, 2017

AWS Fargate は、基盤となるインフラストラクチャを管理することなく、コンテナをデプロイおよび管理するテクノロジーです。Fargate を使用すると、アプリケーションを簡単に拡張できます。コンテナのアプリケーションに十分なコンピューティングリソースのプロビジョニングについて心配する必要はありません。何万という数のコンテナを数秒で起動できます。

これまでは、Amazon EC2 インスタンスのクラスターを管理し、インスタンスタイプを選んで、コンテナのスケジューリングを管理し、クラスターの使用率を最適化しなければなりませんでした。Fargate では、こうしたすべての作業がなくなります。Fargate では、Amazon ECS がシームレスに統合されます。Amazon ECS に対して、今すぐアプリケーションを定義するだけです。タスク定義にアプリケーションをパッケージ化して、必要な CPU とメモリを指定し、それぞれのコンテナに必要なネットワーキングポリシーと IAM ポリシーを定義します。すべてを設定すると、Fargate が起動し、コンテナを自動的に管理します。

Fargate では、秒単位で課金され、使った分だけ支払います。支払いは、申請リクエストをコンテナ化した vCPU およびメモリリソースの量に対してです。vCPU とメモリリソースは、コンテナイメージを取得した時点から Amazon ECS タスクが終了するまでを対象として計算され、最も近い秒に切り上げられます。vCPU とメモリリソースは、コンテナイメージを取得した時点から Amazon ECS タスクが終了するまでを対象として計算され、最も近い秒に切り上げられます。

AWS Fargate は、Amazon ECS で使用でき、Amazon EKS のサポートは 2018 年に開始されます。Fargate は、米国東部 (バージニア北部) で使用でき、他のリージョンでもまもなく使用可能になります。

詳しくは、詳細ページをご覧ください。