投稿日: Nov 8, 2017

お客様は、パブリック IP を使用することなく、またインターネット全体を横断するトラフィックを必要とすることなく、Amazon Virtual Private Cloud (VPC) から AWS のサービスにプライベートにアクセスできるようになりました。 

AWS PrivateLink は AWS のサービスに可用性が高くスケーラブルな方法でアクセスするお客様向けに設計された専用テクノロジーで、ネットワークトラフィックが AWS ネットワークの外に出ることはありません。PrivateLink を利用した AWS のサービス用のエンドポイントを作成すると、それらのサービスエンドポイントは VPC でプライベート IP を持つ Elastic Network Interface (ENI) として表示されます。PrivateLink では、AWS のサービスに接続するためにパブリック IP をホワイトリストに追加したり、インターネットゲートウェイ、ネットワークアドレス変換 (NAT) デバイス、またはファイアウォールプロキシを使用してインターネット接続を管理したりする必要がありません。PrivateLink で利用できる AWS のサービスでは AWS Direct Connect 経由のプライベート接続もサポートされるため、お客様独自のデータセンターのアプリケーションは、サービスエンドポイントを使用して Amazon プライベートネットワーク経由で AWS のサービスに接続できます。

現在、AWS PrivateLink で利用できる AWS のサービスには、Amazon EC2、Elastic Load Balancing (ELB)、Kinesis Streams、Service Catalog、および EC2 Systems Manager があり、今後数か月でその他の AWS のサービスのサポートも追加されます。AWS PrivateLink は中国 (北京) を除くすべての商用リージョンでご利用いただけます。各サービスの提供リージョンについては、サービスの詳細をご覧ください。VPC エンドポイントの料金については、VPC 料金表をご覧ください。PrivateLink の詳細については、PrivateLink のドキュメント、および AWS ブログをご覧ください。VPC およびエンドポイントの詳細については、Amazon VPC にアクセスしてください。