投稿日: Jan 19, 2018

このクイックスタート機能は TIBCO Enterprise Message Service (EMS) を Amazon Web Services (AWS) クラウド上のカスタマイズ可能な環境へ自動的にデプロイします。その際、共有ストレージに Amazon Elastic File System (Amazon EFS) を使用します。 

TIBCO EMS はエンタープライズアプリケーション向けに、統一されたメッセージングインターフェイスを提供するために、Java メッセージサービス (JMS) を実装します。これは TIBCO Rendezvous および TIBCO FTL などの他のメッセージングサービスを直接つなぎ、TIBCO BusinessWorks を使用して、他のアプリケーションタイプとサービスを統合します。

AWS は容易にコミュニケーションが取れるように、異なる Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンス上でアプリケーションを実行できるようにすることにより、TIBCO EMS の性能を拡張します。Amazon EFS を使用することにより、AWS でも共有ストレージに専用のハードウェアや高価なディスクアレイ (SAN または NAS) を使用する必要がなくなり、その一方で、すべてのメッセージに優れた耐障害性環境を提供します。

AWS で TIBCO EMS の利用を開始する:

クイックスタートは自動化されたリファレンスデプロイメントで、AWS ベストプラクティスに従って、AWS への主要テクノロジーのデプロイに AWS CloudFormation テンプレートを使用します。このクイックスタート機能は AWS とのパートナーシップにより、TIBCO ソフトウェアのメッセージンググループにより作成されました。