投稿日: May 9, 2018

このクイックスタートでアマゾン ウェブ サービス (AWS) Elastic Beanstalk 環境で blue-green deployment のアーキテクチャを構築します。AWS CodePipeline を使用して、費用対効果の高い耐障害性なアーキテクチャを実現する、継続的な統合または継続的な配信パイプラインを構築します。デプロイは AWS CloudFormation テンプレートによって自動的に行い、約 15 分ほどで完了します。

アプリケーションを同一で異なる 2 つの環境 (blue and green) を持つ Elastic Beanstalk にデプロイすると、可用性は向上してリスクが軽減されます。blue 環境とは、通常はライブトラフィックを処理する本番環境を指します。パイプラインでライブ環境 (blue) のクローン (green) を作成し、それらの間で URL をスワップします。AWS CodePipeline は元の環境にコードをデプロイしてテストやメンテナンスを行いますが、一時的なクローン環境ではライブトラフィックが処理されます。

blue 環境にデプロイ後、コードレビューとテストが完了すると、パイプラインは再び URL をスワップします。blue 環境は再びライブトラフィックを処理し、パイプラインは green 環境を終了させます。

Git から S3 への統合の有無にかかわらず、デプロイが可能です。

クイックスタートは自動化されたリファレンスデプロイメントで、AWS ベストプラクティスに従って、AWS への主要テクノロジーのデプロイに AWS CloudFormation テンプレートを使用します。