投稿日: Aug 20, 2018

連邦情報処理規格 (FIPS) 140-2 は、機密情報を保護する暗号モジュールのセキュリティ要件を規定する米国政府の規格です。FIPS 140-2 に準拠したエンドポイントの提供には、FIPS 検証済み暗号モジュールが使用されます。FIPS は、FedRAMP High ワークロードをサポートするうえでも重要です。これは、クラウド上の FedRAMP ソリューション全体で、FIPS に準拠したかたちで暗号を用いる必要があるためです。

このたび、AWS GovCloud (米国) リージョンの次の AWS サービスで、FIPS 140-2 に準拠したエンドポイントの提供を開始いたしました。
• Amazon Polly
• AWS Lambda
• Amazon Server Migration Service (SMS)
• Amazon API Gateway

FIPS 140-2 のウェブページでは、FIPS 140-2 準拠のエンドポイントを提供する AWS サービスの全一覧をご覧いただけます。

詳しくは、Cryptographic Module Validation Program および AWS GovCloud (米国) FIPS についてのドキュメントをご覧ください。