投稿日: Nov 20, 2018

新しくデザインされた Amazon EC2 スポットコンソールでは、スポット能力のデプロイがシンプルとなり、お使いのアプリケーションの要件に合わせてフリートレコメンデーションも提供されます。今後は次の 3 つの簡単な手順に沿って、多角化およびインスタンスタイプとアベイラビリティーゾーンを通じた柔軟性という、スポットのベストプラクティスに従うことで、素早くスポットインスタンスを起動できます。

最初に、事前設定された計算方法の一覧から、ご使用のアプリケーションの要件に最適となるオプションを選びます。EC2 スポットコンソールでは計算方法に、フレキシブル、ロードバランシング、ビッグデータ、指定継続時間のワークロードといった選択肢をご用意しています。次にアプリケーションのハードウェアの最低要件を、vCPU とメモリ、またはインスタンスタイプを基準に指定できます。最後に、目標の計算キャパシティを vCPU あるいはインスタンスを基準に設定できます。EC2 スポットコンソールは、インプットに基づいてフリートレコメンデーションのリクエストを提供します。リクエストサマリーを参照することで、目標のキャパシティを起動させるための 1 時間当たりの想定コストおよび追加割引について確認することもできます。また、要件に基づいてフリートレコメンデーションのリクエストを編集できます。

EC2 スポットコンソールの利用を開始するには、EC2 スポットコンソールの「スポットインスタンスをリクエストする」をクリックしてください。シンプルな EC2 スポットは、すべてのパブリック AWS リージョンで利用できるようになりました。この機能の詳細については、ドキュメントページを参照してください。