投稿日: Nov 25, 2019

本日 Grafana Labs は、新しくなった Amazon CloudWatch メトリクスデータソースおよびいくつかの新機能を導入しました。Grafana の最新リリース (バージョン 6.5.0 以降) で、クエリをより効率的に行い CloudWatch メトリクスを視覚化する、新しくなったデータソースを使用できます。

このリリースでは、ネイティブの CloudWatch データソースを更新し、コンテキスト (時間や選択したメトリクス) に沿った形で CloudWatch コンソールにクリックでアクセスし、ワイルドカードを使用してメトリクスの動的リストをクエリできるようになりました。これは、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスやコンテナといった AWS リソースのメトリクスモニタリングに役立ちます。Auto Scaling イベントの一部として新しいインスタンスが作成されるとグラフに自動で表示されるため、新しいインスタンス ID を追跡する必要はありません。事前構築されたダッシュボードにより、Amazon EC2、Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS)、AWS Lambda リソースのモニタリングを簡単に開始できます。Amazon CloudWatch と Grafana Labs の両チームは今後も協力し、Grafana を使用する CloudWatch のお客様のため、カスタマーエクスペリエンスの改善に努めます。

新しくなった CloudWatch メトリクスデータソースは、CloudWatch が利用可能なすべての AWS リージョンで使用できます。詳細については、What’s New in Grafana v6.5 または Grafana のドキュメントをご覧ください。