投稿日: Mar 10, 2020

本日、アマゾン ウェブ サービス (AWS) は、Bottlerocket のパブリックプレビューを発表しました。これは、コンテナを実行するために構築されたオープンソースの Linux ベースの新しいオペレーティングシステム (OS) です。Bottlerocket にはシングルステップの更新メカニズムが備わっており、コンテナを実行するために不可欠なソフトウェアのみが含まれています。これらの特性により、お客様は、コンテナオーケストレーターを使用して、OS の更新を最小限の中断で管理できるようになり、コンテナ化されたアプリケーションのアップタイムを改善し、運用コストを削減できます。現在、Bottlerocket は、Amazon EKS での使用がサポートされています。Amazon ECS もまもなくサポートされます

今日のほとんどのコンテナは、コンテナを含むさまざまな形式でパッケージ化されたアプリケーションをサポートするように構築された汎用 OS 上で実行されます。これらの汎用 OS の更新は、パッケージごとに適用されます。パッケージ間の複雑な依存関係によりエラーが発生し、OS の更新プロセスを自動化するのが難しくなります。これとは対照的に、Bottlerocket の更新は 1 ステップで適用およびロールバックできるため、自動化が容易になり、管理オーバーヘッドが削減され、コンテナ化されたアプリケーションのアップタイムが改善します。

Bottlerocket AMI で Amazon EC2 インスタンスを起動し、こちらの手順に従って Amazon EKS クラスターに参加させることで、Bottlerocket を開始できます。Bottlerocket は、GitHub のオープンソースプロジェクトとして開発されています。AWS が提供する Bottlerocket のビルドは、AWS サポートプランの対象となります。詳細については、Bottlerocket ページをご覧ください。