投稿日: May 18, 2021

Kubernetes は急速に進化しており、新機能のリリースとバグ修正が頻繁に行われています。Kubernetes 1.20 リリースの注目点には、安定性が実現された RuntimeClassプロセス ID 制限、デフォルトで有効化された API の優先順位とフェアネス、およびベータ版に移行した kubectl デバッグなどがあります。Kubernetes バージョン 1.20 の詳細については、Kubernetes プロジェクトのリリースノートを参照してください。 

Amazon Elastic Kubernetes Service (EKS) 上の実稼働ワークロードに利用できる Kubernetes バージョンと、クラスターの 1.20 バージョンへの更新方法についての詳細は、EKS ドキュメントを参照してください。Kubernetes 1.20 の Amazon EKS Distro ビルドは、ECR Public Gallery および GitHub から入手できます。

Kubernetes バージョン 1.16 のサポートに関する注意:

Amazon EKS は常に、少なくとも 4 つの Kubernetes バージョンに対するサポートを提供しています。現在、Kubernetes 1.16、1.17、1.18、1.19、および 1.20 が EKS によって完全にサポートされており、これらのリリースのいずれかを使用して新しいクラスターを開始することが可能ですが、四半期ごとの Kubernetes リリースサイクルを考慮すると、すべてのお客様が継続的なアップグレード計画を策定しておくことが重要です。

Kubernetes バージョン 1.16 のサポートは、2021 年 7 月 15 日に終了します。この日から、新しい 1.16 クラスターの作成ができなくなり、最終的には Kubernetes バージョン 1.16 を実行している既存 EKS クラスターのすべてが、Kubernetes バージョン 1.17 の最新プラットフォームに更新されます。

AWS では、可能な限り早急に、既存の 1.16 クラスターとワーカーノードを、少なくとも 1.17 にアップグレードすることをお勧めしています。EKS バージョンのライフサイクルポリシーに関する詳細については、こちらのドキュメントを参照してください。