Amazon Web Services ブログ

Category: Events

【開催報告】新聞・出版業界におけるAWS事例オンラインセミナー

はじめに 新聞・出版業界のお客様による AWS の活用は大変活発になっています。お客様は、自社の豊富なメディアデータやインサイトを生かし、ビジネスの課題を解決するため、様々なアプローチでクラウドを活用されています。 ぜひとも、皆様のご参考になる事例を紹介させていただきたいと考え、10 月 1 日に「新聞・出版業界における AWS 事例オンラインセミナー」と題して、アマゾン ウェブ サービス ジャパン初となる新聞・出版業界に特化した、オンラインイベントを開催させていただきました。国内のお客様による事例紹介が中心となりますが、ワールドワイドでこの業界向けのビジネスを統括している Dominika Rybakowska(ドミニカ・リバコフスカ)より海外の事例をご紹介しました。   「新聞業界AWS活用Overview」 アマゾンウェブサービスジャパン株式会社 ソリューションアーキテクト 八木 達也から、新聞業界におけるAWS活用の 3 つの傾向についてご説明しました。 ・テジタル配信基盤は既に AWS がデファクトスタンダードとなっている ・コンテンツ制作・管理システムへの活用も活発化 ・分析、AI サービスによる新たな付加価値の創造が進んでいる 上記を事例の紹介と、それらの事例において AWS を選択いただいた理由について考察をお話しました。 なお 以下の表は、各国の AWS Summit に登壇いただいたり、Keynote で紹介させていただいたり、事例をインターネットに公開いただいたお客様のロゴを、年代別にプロットしたものとなります。この年からAWSを利用開始したことを示すものではございません、予めご了承ください。 また、コンテンツ制作・管理システムにおいては、映像、音声、画像やテキストデータを機械学習サービスと連携して、制作・編集作業の自動化や効率化推進はもちろん、履歴データを活用したサービスの離反防止、レコメンデーションといった機能を短期間に実現されるケースが増えてきています。 登壇資料: [Slide]   お客様事例紹介 「中日新聞社のクラウドジャーニー」 ~全社的クラウド活用に向けたCCoE立ち上げ及びガイドライン策定~ 中日新聞社 技術局 局次長 兼 ネットワーク部長の近藤 祐司様より、AWS をベースとした統合クラウド基盤を構築したお話とプロフェッショナルサービスを活用された事例について紹介いただきました。新聞社にとって新聞制作システムが稼働する IT インフラは事業の重要基盤。しかし、二重三重の冗長性担保が当然の高コストな状況から変化が訪れており、費用対効果が求められる時代になってきているとのことです。当初 Web […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon Kinesis Video Streams 資料及び QA 公開

先日 (2020/09/30) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「Amazon Kinesis Video Streams」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200930 AWS Black Belt Online Seminar Amazon Kinesis Video Streams AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. Amazon Kinesis Video Streams でクラウドに送りつけた動画は実体はS3に保存されているのでしょうか?動画のストリーミング処理をしつつ、動画ファイルは例えば 30 分 x nといった形で保存しておく場合 KVS の設定のみで可能でしょうか?もしくは Lambda を定期発火させるなどして S3 に Put するような仕組みを組む必要がありますでしょうか? A. Amazon Kinesis Video Streams の特徴より > Amazon Kinesis Video Streams の基盤となるデータストアには […]

Read More

AWS Black Belt オンラインセミナーのご案内 (2020 年 10 月)

こんにちは!AWS Webinar チームです。 10 月と言えば「天高く馬肥ゆる秋」ですね!猛暑を乗り切り、涼しくなってくると食欲増し増しです。 過ごしやすい季節は勉強にももってこいの季節ではないでしょうか? そんな勉強意欲増し増しな 10 月は、7 本のアジェンダを配信予定です!興味のあるトピックはぜひご登録ください。 視聴方法: オンラインセミナー登録ページよりお申し込みください 10 月のスケジュール AWS CloudFormation deep dive 2020 年 10 月 6 日 (火) | 12:00 – 13:00 | IT 知識レベル:★★★★☆ | AWS 知識レベル:★★★★☆ AWS CloudFormation を使うとAWSの構成をテンプレートで管理できます。一方で実際の運用では状況に合わせて多様な使い方が考えられます。本セミナーでは CloudFormation をすでに使っている方向けに、ユースケースに合わせた運用方法や、周辺サービスとの連携についてご紹介します。 対象者 CloudFormation を使った運用を設計しているアーキテクト 実際に運用を行っているエンジニアの方 本セミナーで学習できること CloudFormation の高度な機能 ユースケースに合わせた具体的な利用方法 スピーカー 大村 幸敬 Solutions Architect   AWS […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS IoT Events 資料及び QA 公開

先日 (2020/09/16) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS IoT Events」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200916 AWS Black Belt Online Seminar AWS IoT Events AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. コードレスは良いのですが、複雑な条件を指定していた場合、網羅的なテストケースを書くのがプログラムで UT テストを書くより大変そうだと思うのですが、いかがでしょうか? A. 探知器モデルの各条件に対しての個別のテストコードを書くのは難しいですが、CLI にはデータの投入と取得が用意されていますので、テストしたいデータを投入して、探知器から結果を取得することで、期待した状態になっているかのテストを行うことは可能と思います。 – aws iotevents-data batch-put-message メッセージの送信 – aws iotevents-data describe-detector 探知器の現在の状態を取得 — 今後の AWS Webinar | イベントスケジュール 直近で以下を予定しています。各詳細およびお申し込み先は下記URLからご確認いただけます。皆様のご参加をお待ちしております。 — AWS Summit Online 絶賛開催中!   日本初の AWS […]

Read More

Code シリーズ入門ハンズオンを公開しました!- Monthly AWS Hands-on for Beginners 2020年8月号

こんにちは、テクニカルソリューションアーキテクトの金澤 (@ketancho) です。少しずつ暑さも和らいできましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?私は春先に始めたランニングを梅雨の長雨と夏の暑さを言い訳に中断していたのですが、やらない理由がなくなってしまったのでしぶしぶ再開しようかなと思っているところです。 さて、AWS Hands-on for Beginners シリーズの新コンテンツとして Code サービスハンズオン を追加しました。具体的には、 AWS CodeCommit AWS CodeBuild AWS CodeDeploy AWS CodePipeline の4つのサービスを主に使っていただくハンズオンとなります。これまで Code サービスを使ったことがない方のはじめの一歩にオススメのハンズオンとなっております。 また、今回も記事の後半で、私が独断と偏見で考えた AWS Hands-on for Beginners を使った AWS 学習プランについて紹介したいと思います。前回の記事 では2日間プランの紹介をしましたが、更に2日分追加し、4日間プランとして紹介いたします。ちょうど明日から4連休!ということで、自主学習のマイルストンとしてご活用いただくこともできるかと思います。ぜひご覧ください。 AWS Hands-on for Beginners シリーズ一覧 前回の記事: システム運用の際にご活用いただける2つのハンズオンを公開しました!- Monthly AWS Hands-on for Beginners 2020年7月号   AWS Hands-on for Beginners とは? AWS Hands-on for Beginners は、動画にそって実際に手を動かしながら […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS CloudFormation 資料及び QA 公開

先日 (2020/08/26) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS CloudFormation」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200826 AWS Black Belt Online Seminar AWS CloudFormation AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. AWS CloudFormation テンプレートを作り込む際、実際にスタック作成してトライ&エラーで作り込んでますが、スタック作成せずにテンプレートを検証できる方法はないでしょうか? A. 本 Black Belt の 55 スライド目のとおり、事前にテスト関連ツールにて事前検証可能です。最終的には実環境でのテストが必要ですが、本 Black Belt で紹介した機能を使用して事前に検証することで、実環境でのトライ&エラーを防ぐことができます。 Q. CloudFormation 初心者なのですが、プログラミング経験は豊富なので、これから IaC に携わる場合は、CDK や Pulumi を学習する方がよいでしょうか? A. プログラミング言語に慣れているということであれば、AWS Cloud Development Kit (CDK) から取り組むのも一つの手です。CloudFormation よりも少ない行数で構成管理を実現できる可能性があります。AWS CDK を使うことで CloudFormation を知らなくてよくなる訳ではございません。あくまで […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] AWS EC2 Image Builder 資料及び QA 公開

先日 (2020/08/25) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「AWS EC2 Image Builder」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200825 AWS Black Belt Online Seminar AWS EC2 Image Builder AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. 推奨として、AMI の作成は各リージョンで行った方がいい、あるいは1リージョンで作ったもののコピーがいい、などありますか?リージョン固有の何かがないかと懸念しています。 A. EC2 起動のために AMI はリージョンごとに必要になりますが、EC2 Image Builder はマルチリージョンへのイメージ出力に対応していますので、特別な考慮無く ImageBuilder は作成した AMI を必要なリージョンにコピーできます。ただし、香港やバーレーンなど一部のリージョンについては、サービス利用及びイメージを展開するために事前のリージョン有効化が必要です。また、EC2 Image Builder 実行時にソースイメージとして選択する AMI は、EC2 Image Builder と同じリージョンに存在する必要があります。 Q. スライド:EC2 Image Builder パイプライン 実行時の内部動作テスト後にインスタンス削除となっておりますが、テスト中の EC2 […]

Read More

AWS Summit Online ~ 金融系セッションの見どころのご紹介

皆さんこんにちは、アマゾン ウェブ サービス ジャパンで金融事業開発を担当する飯田です。今回は、9月8日からスタートする AWS Summit Online の金融セッションの見どころについてご紹介します。   AWS Summit Online について AWS Summit Onlineは、今年5月に開催を予定していたAWS Summit Tokyo/Osakaのコンテンツをオンライン化してフルスケールでお届けするものです。9月8日(火)~9月30日(水)の開催期間中、基調講演、お客様事例、AWSセッション、パートナーセッションなど150を超えるコンテンツをオンデマンドで視聴頂けます。また、8日と9日には基調講演など一部ライブ配信を行うものもあります。金融関連のセッションも全てオンデマンドで開催期間中いつでも視聴頂ける予定です。   金融領域におけるAWSの活用動向 金融関連のセッションのご紹介に入る前に、日本の金融領域におけるクラウド活用の状況を振り返っておきたいと思います。AWSは2011年に東京リージョンを開設しました。金融領域では、当初フィンテック企業から活用が始まります。金融機関では、2013年より、ソニー銀行などを皮切りに徐々に利用が広がります。そして、2017年には、三菱UFJフィナンシャル・グループがAWS活用を公表し、AWS Summitにもご登壇頂きました。以降、金融の様々なマーケットセグメントにおいてクラウド活用の検討が本格化し、AWSは、銀行、証券、保険、決済などの領域で活用が広がっています。ユースケースも、顧客口座情報を蓄積するデータレイク、大規模なリスク計算、オンラインバンキングやコールセンターなどの顧客チャネル、モバイル決済サービスの基盤、機械学習を活用した融資審査や不正検知など、ミッション・クリティカルな業務領域へと広がりました。これらのユースケースは既に構築され、活用され、ビジネスへのインパクトを出しています。そして、先行する金融機関では、勘定系などの基幹システムにおけるAWS利用の検討を進めています。AWS Summit の登壇金融機関数も、2017年はわずか4社に過ぎませんでしたが、2020年はフィンテック企業も含めると21社と大幅に拡大しました。   金融セッションの見どころ 今年の金融関連のセッションはメガバンクからフィンテックまで全21社が18のセッションに登壇します。さて、これだけ多くの金融機関がセッションを持つ中でどういった点に着目すれば良いでしょうか。各セッションの詳細については、AWS Summit Onlineのサイトでご覧になって頂ければと思いますが、私からは全体の傾向としての見どころをお伝えできればと思います。 まず第一に、21社の金融関連のセッションのうち、11社については、役員を始めとする経営層の方にご登壇頂きます。SOMPOホールディングス、三井住友信託銀行、日本取引所グループを始め、多くのセッションで経営層の方が自らクラウドの活用戦略を語ります。これは、クラウドの活用が個別プロジェクトのインフラ選定の話ではなく、全社のDX戦略に関わる経営課題として認識されるようになってきたことの表われと言えるでしょう。第二に、金融のクリティカルなユースケースに関するセッションが多いことです。例えば日本カードネットワーク、PayPay、楽天のセッションでは、決済サービス、QUICKはマーケットデータの配信、ソニー銀行は勘定系におけるAWS活用をテーマとしています。これらが構想としてではなく、実装されたものとして、あるいは具体的なアーキテクチャーと共に語られる点において、クラウドの活用のミッション・クリティカル領域への広がりを実感頂けると思います。第三に新規ビジネスモデルの構築や業務改革におけるクラウドの活用です。住信SBIネット銀行のNEOBANK構想、東海東京証券のプラットフォーム戦略では、クラウドを活用することで今までの金融サービスのあり様を変えていく試みが議論されます。また、三菱UFJフィナンシャル・グループは、AI/MLの活用による業務改革の実例をご紹介します。第四にクラウド人材の育成です。多くの金融機関がクラウドをDX戦略の中核に位置付ける中、デジタル人材、クラウド人材の育成は喫緊の課題です。クレディセゾン、東京海上日動火災保険、みずほフィナンシャルグループによるリレーセッションでは、各社各様のデジタル人材育成の取組みが紹介されます。また、ふくおかフィナンシャルグループのセッションは、データレイクをメインのテーマとしていますが、人材育成の観点でも示唆に富むお話となっています。上記以外にも、フィンテック企業からFinatext、マネーフォワード、ネットプロテクションズ、ZEROBILL BANK、ビットバンクに登壇を頂く予定です。   最後に AWS Summit Online において、AWSの活用事例を共有頂いた金融機関、及びご登壇者の皆様に改めて御礼申し上げます。これらのセッションが視聴された皆様のデジタルトランスフォーメーションに貢献できることを願っております。セッションは9月8日~30日までの開催期間中、いつでもオンデマンドで視聴頂けますので、是非ご登録頂き、金融におけるクラウド活用の最新動向を実感頂けたらと思います。セッションについては、サイト内で検索頂くか、セッションIDや金融機関名に基づいて見つけて頂くことが可能です。   下記は金融関連のトピックにてご登壇頂きました企業一覧とセッションIDです(五十音順)。   QUICK(CUS-24, CUS79) クレディセゾン(CUS-26) 住信SBIネット銀行(CUS-81) ZEROBILL BANK(CUS-92) ソニー銀行(CUS-51) SOMPOホールディングス(CUS-21) 東海東京フィナンシャル・ホールディングス(CUS-23) 東京海上日動火災保険(CUS-26) 日本カードネットワーク(CUS-24) 日本取引所グループ(CUS-25) ネットプロテクションズ(CUS-86) Finatextホールディングス(CUS-05) ビットバンク(CUS-93) […]

Read More

AWS Summit Online 前にご視聴ください!9 月 2 日(水)開催:AWSome Day Online Conference で AWS クラウドの基礎を学ぼう!

こんにちは! AWS Webinarチームです。 AWS Summit Online が始まる前に、ぜひお薦めしたいウェビナーの紹介です! AWS クラウドの基礎知識が学べる、約 2.5 時間のウェビナー AWSome Day Online Conference を 9 月 2 日(水)15 時から配信いたします。 AWSome Day Online は 2 名のスピーカーが「オンプレおじさん」と「トレーナー」に扮して、AWS クラウドサービスを解説します。飽きることなく、最後までご視聴いただけます。 新しく AWS クラウドを始めようと思っている方、AWS クラウドの基礎知識がぼんやりしてしてしまったので復習したいと思っている方、どちらの方にもお勧めの内容となっております。ぜひこの機会にご登録・ご視聴ください。   当日は AWS エキスパートがチャット形式による Q&A 対応をいたします。 その場で、テクニカルに関する疑問点を質問を投げかける吹き出しに入力ください。チャット形式でお答えいたします。 またAWSを導入する際に出てくる疑問などにお答えるする「AWS 導入に関するご相談」もチャット形式で対応します ※入力した質問内容は他の視聴者には見えません。 日程:2020 年 9 月 2 日(水) 時間:15:00 開始 – 17:40 終了予定 費用:無料 主催:アマゾン […]

Read More

[AWS Black Belt Online Seminar] FreeRTOS 資料及び QA 公開

先日 (2020/08/19) 開催しました AWS Black Belt Online Seminar「FreeRTOS」の資料を公開しました。当日、参加者の皆様から頂いた QA の一部についても共有しております。 20200819 AWS Black Belt Online Seminar FreeRTOS AWS クラウドサービス活用資料集(すべての過去資料が閲覧できます) Q. もともとは Amazon FreeRTOS という名称だったと思うのですが、”Amazon” がなくなったのはなにか意味があるのでしょうか? A. 名称統一に関して、以下の FAQ に記載がございます。こちらをご覧ください。バージョン 202007.00 以降では、AWS の提供するリポジトリは、“FreeRTOS AWS Reference Integrations” と呼んでおります。 Q. スケジューラの実装方式はタイムスライス方式でしょうか? A. 選択可能です。configUSE_TIME_SLICING フラグをセットします。こちらをご参照ください。 Q. PKCSK11 も Amazon Freertos に実装されている(含まれている)ことでしょうか? それとも、別ダウンロード必要でしょうか? A. FreeRTOS は、PKCS#11 のライブラリを含んでいます。PKCS#11 の実装は、各デバイスベンダー様によって行われております。Partner Device Catalog […]

Read More