AWS Managed Microsoft AD とも呼ばれる AWS Directory Service for Microsoft Active Directory の開始方法について説明します。

ディレクトリの設定後、Amazon EC2 Linux インスタンスおよび Microsoft Windows インスタンスをディレクトリにドメイン参加させることができ、これにより単一の認証情報セットを使用してお客様とお客様のエンドユーザーをアプリケーションおよびリソースに対して認証できます。AWS Managed Microsoft AD を使用することにより、カスタム .NET や SQL Server のアプリケーションなどのディレクトリ対応型ワークロードを AWS クラウドに移行することもできます。

使用を開始するのは簡単です。以下のステップに従ってディレクトリを起動できます。

AWS Directory Service for Microsoft Active Directory

AWS Managed Microsoft AD をセットアップする

ドキュメント

AWS Directory Service には、クラウドのワークロードをサポートする、包括的なディレクトリオプションのセットが用意されています。AWS Directory Service ドキュメント でお客様のユースケース、開発者、管理ガイドに最も適したディレクトリオプションを選択して、ベストプラクティスについて詳しく知ることができます。

動画

AWS Directory Service には、クラウドのワークロードをサポートする、包括的なディレクトリオプションのセットが用意されています。ベストプラクティスと、お客様のユースケースに最適なディレクトリオプションについては、以下の動画をご覧ください。

AWS re:Invent 2017: AWS Directory Service for Microsoft Active Directory Deep Dive (WIN403)
Using Microsoft Active Directory Across On-Premises and AWS Cloud Windows Workloads
オンプレミスドメインおよび AWS Directory Service との信頼関係を構築する方法を教えてください。

チュートリアルとガイド

AWS Directory Service API を使用する

Directory Service API を使用することで、ディレクトリのプロビジョニングと設定をプログラムにより自動化できます。EC2 API では、EC2 Linux および Windows インスタンスの両方をプログラムによりドメインに参加させることもできます。

AWS Directory Service の詳細を確認する

よくある質問のページにアクセスする
構築を始めましょう。
AWS Directory Service の使用を開始する
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ