AWS Managed Microsoft AD とも呼ばれる AWS Directory Service for Microsoft Active Directory の開始方法について説明します。

ディレクトリの設定後、Amazon EC2 Linux インスタンスおよび Microsoft Windows インスタンスをディレクトリにドメイン参加させることができ、これにより単一の認証情報セットを使用してお客様とお客様のエンドユーザーをアプリケーションおよびリソースに対して認証できます。AWS Managed Microsoft AD を使用することにより、カスタム .NET や SQL Server のアプリケーションなどのディレクトリ対応型ワークロードを AWS クラウドに移行することもできます。

使用を開始するのは簡単です。以下のステップに従ってディレクトリを起動できます。

AWS Directory Service for Microsoft Active Directory

AWS Managed Microsoft AD をセットアップする

ドキュメント

AWS Directory Service には、クラウドのワークロードをサポートする、包括的なディレクトリオプションのセットが用意されています。AWS Directory Service ドキュメント でお客様のユースケース、開発者、管理ガイドに最も適したディレクトリオプションを選択して、ベストプラクティスについて詳しく知ることができます。

動画

AWS Directory Service には、クラウドのワークロードをサポートする、包括的なディレクトリオプションのセットが用意されています。以下の動画を視聴して AWS Directory Service の使用をすぐに開始し、ベストプラクティスを学習し、ユースケースに合わせて適切なディレクトリオプションを選択してください。

Introduction to AWS Directory Service (AWS Managed Microsoft AD)
Extend On-Premises Microsoft AD to AWS Cloud Using AWS Managed Microsoft AD
Configure and administer your AWS Managed Microsoft AD
Using Microsoft Active Directory Across On-Premises and AWS Cloud Windows Workloads
AWS re:Invent 2017: AWS Directory Service for Microsoft Active Directory Deep Dive (WIN403)
Domain join Amazon EC2 instances to single AWS Managed Microsoft AD
How to Create Trust Between AWS Managed Active Directory and On-Premises Active Directory

チュートリアルとガイド

AWS Directory Service API を使用する

Directory Service API を使用することで、ディレクトリのプロビジョニングと設定をプログラムにより自動化できます。EC2 API では、EC2 Linux および Windows インスタンスの両方をプログラムによりドメインに参加させることもできます。

Product-Page_Standard-Icons_01_Product-Features_SqInk
AWS Directory Service の詳細はこちら

質問の回答を検索してください。

詳細はこちら 
Product-Page_Standard-Icons_02_Sign-Up_SqInk
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Product-Page_Standard-Icons_03_Start-Building_SqInk
コンソールで構築を開始する

AWS コンソールで AWS Directory Service を使用して構築を開始する。

サインイン