スポットインスタンスアドバイザーによるスポット料金履歴の分析により、中断する可能性が最も少ないプールを判断して、オンデマンド料金を削減できます。スポットインスタンスを選択する前に、お客様はアプリケーションの中断をどの程度許容できるか、およびコスト削減の目標を比較検討する必要があります。中断の頻度が低いほど、スポットインスタンスを利用できる時間は長くなります。

ヒント: 多くのインスタンスタイプにアプリケーションをデプロイすることで、可用性がさらに向上します。複数のインスタンスタイプとアベイラビリティーゾーンにわたる多様性を簡単に実現できるスポットフリートの使用を検討することをお勧めします。

まず、中断する頻度が少ないインスタンスタイプから開始し、アプリケーションの柔軟性と耐障害性を高めながらインスタンスタイプをさらに追加していくことをお勧めします。詳細なヒントやコツについては、ベストプラクティスのセクションをご覧ください。

Amazon EC2 インスタンスを無料でお試しください

Amazon EC2 を無料でお試し

AWS の無料利用枠には毎月 750 時間分の Linux および Windows の t2.micro インスタンスが含まれます(1 年間)。無料利用枠内に抑えるには、EC2 マイクロインスタンスのみを使用してください。

AWS 無料利用枠の詳細はこちら »

Instance type filter:
Instance Type vCPU Memory GiB Savings over On-Demand* 中断の頻度
No results match your criteria.
Display all {{count}} instance types
Display top {{count}} instance types
* オンデマンドと比較したコスト節減は、選択した入札価格に基づくものであり、直近の 30 日間で計算されたものです。ただし、入札不成立のため、お客様のインスタンスが実行されていなかった期間を除きます。料金履歴のデータは複数のアベイラビリティーゾーンの平均を表すものであり、最新ではない可能性があります。現在のスポット料金については、AWS コンソールのスポット料金履歴で、アベイラビリティーゾーンごとに最新の料金情報を確認できます。

Legend:
入札不成立の頻度は、お客様が選択した入札価格よりもスポット料金が上回った期間の平均を表します (直近の 1 か月または 1 週間)。

スポット料金履歴を使用して料金を意識したアプリケーションを構築する方法の例については、(aws-spot-labs) をご覧ください。