基調講演を含む 150 を超える
セッションの資料と動画を公開しています。

いま求められるクラウドの真価: デジタル変革 実践編

line
日々の生活や経済状況が大きく変化する中、多くのお客様でクラウドを活用した取り組みが加速しています。
Try & Learn ができ、お客様への価値提供に集中できること、そしてイノベーションの実現を支えること、これがクラウドの真価ではないでしょうか。

AWS Summit Online では、デジタル変革に舵を切ろうとされているリーダーに向けて、デジタル変革に向けたクラウド活用事例、さまざまな業種・業界でのクラウド移行の最新動向など、AWS クラウドを徹底的に活用しデジタル変革を加速いただくためのポイントを、”できる限り具体的に”かつ”幅広い角度”でご紹介します。

クラウドのさらなる活用をご検討中のリーダー

クラウドのさらなる活用を
ご検討中のリーダー

クラウドを活用したデジタル変革に取り組むリーダー

クラウドを活用した
デジタル変革に取り組むリーダー

ご利用用途・業種別のセッションを見る  
  • ご利用用途・業種別のセッションを見る  
  • クラウド移行
  • 製造・自動車
  • 自動運転・モビリティ
  • 消費財・流通・小売
  • 金融
  • ヘルスケア・ライフサイエンス
  • メディア・エンターテインメント
  • 運輸・サービス
  • 通信
  • 電力・エネルギー
  • ソフトウェア & インターネット
  • ゲーム
line
5 月 11 日 (火) CUS-07

クレディセゾンの DX 戦略とクラウド活用

"成長が著しいカード・決済業界において、リーダーであるクレディセゾンの DX 戦略とクラウド活用をご紹介"
金融機関における DX は、スピード重視で展開していくモード 2 領域の取り組みと、安全性重視で取り組んで行くモード 1 領域とを両立させていく必要があります。クレディセゾンにおける DX の進捗の現状を具体的事例を通じてご紹介し、その中での AWS の活用領域についても解説していきます。


株式会社クレディセゾン IT戦略部、デジタルイノベーション事業部 専務執行役員 CTO (兼) CIO 小野 和俊 氏 

5 月 11 日 (火) CUS-41
「イーデザイン損保 × AWS」お客さま第一主義を貫く戦略と アマゾン ウェブ サービス (AWS) とのコラボレーション

"お客さま第一主義を体現する DX 基盤の構築と、アマゾン ウェブ サービスとのコラボレーションで生まれる新しい価値やサービスについてご紹介します。"
イーデザイン損保では今後の業界変化を見据え、お客さま第一主義を貫く顧客体験を提供するために真の CX 戦略・DX 戦略を定義し、会社全体で変革に取り組んでいます。その取り組みをご紹介すると共に、戦略をささえる IT 基盤として AWS を全面的採用したポイントについてもご紹介いたします。また、AWSとのコラボレーションはIT基盤の利用だけにとどまらず、お客さま指向であるというイーデザイン損保と共通の理念を持つ AWS/Amazon とのコラボレーションプログラムを実施する事によって新しい価値や サービスを生み出そうとしています。


イーデザイン損害保険株式会社 取締役社長 桑原 茂雄 氏

5 月 11 日 (火) CUS-50
ミスミが仕掛ける!製造業の労働生産性改革 meviy(メヴィー)~システム開発加速の鍵は AWS~

"徹底した自動化で環境構築が 3 週間から 3 日へ。システム開発の加速により、製造業の部品調達を革新、労働生産性の向上を実現!"
昨今、日本製造業における労働生産性は下落の一途を辿っています。 今後日本が対峙する未曾有の人手・時間不足の中で如何にして、労働生産性を高め、高い競争力をつけていくかが大きな課題です。meviy(メヴィー)は、設計者がクラウドにアップロードした 3D データから即時見積もり、納期を回答、さらに製造までがデータのみで完結。非効率な作業が大幅に削減され、付加価値の高い時間を創出します。この画期的なサービスの基盤に AWS を採用、サービスを安定運営し、開発を加速することで、更なる利便性の向上を追究しています。


株式会社ミスミグループ本社 常務執行役員 ID企業体社長 吉田 光伸 氏
株式会社ミスミグループ本社 DJ突出戦略グループ チーフディレクター 道廣 隆志 氏
5 月 11 日 (火) CUS-23

急拡大するシェアサイクルサービスの概要 MaaS 実現に向けた AWS 活用~

"新たな移動手段として注目を浴びているシェアサイクルサービスへの AWS 活用と今後の MaaS を見据えた展望について語ります"
近年、新たな移動手段として注目を浴びているシェアサイクルサービス。既存の交通機関を補完する手段として、通勤や観光など様々なシーン・エリアで利用が拡大してきています。本公演では、急拡大するシェアサイクルサービスの概要とシステムについて、ドコモ・バイクシェア社の取り組みおよび、今後の MaaS(Mobility as a Service)を見据えた展望について語ります。


株式会社 ドコモ・バイクシェア 代表取締役 堀 清敬 氏

line

デジタル変革の成功のため、企業内の基幹システム・業務システムのクラウド移行の必然性・重要性が問われはじめています。その一方で、大規模なシステムのクラウド移行には、越えなければならない課題が存在することも事実です。
AWS Summit Online では、ビジネスの成果に結びつくクラウド移行の効果的な進め方、移行を加速するための具体的な手法をご紹介します。クラウド移行を加速するヒントが満載です。

大規模移行を加速する具体的な手法をご紹介する 5 つのセッション ぜひこの順番で聴講ください。

  1. ミッションクリティカルな大型ワークロードのクラウド移行(AWS-19)
  2. クラウド移行における経済性評価の手法とインフラ資産評価ツールの活用(AWS-20)
  3. クラウド移行における「移行計画立案」フェーズの進め方と勘所(AWS-62)
  4. AWS へのマイグレーションを加速する方法(移行実践編)(AWS-25)
  5. エンタープライズ企業におけるクラウドジャーニーの難所とその対策 (または AWS がご支援出来る 6 つのこと) (AWS-61)
5 月 11 日 (火) CUS-01

ZOZOTOWN における Amazon EKS を中心に据えたマイクロサービスアーキテクチャへの変遷

詳細 

"ZOZOTOWNのリプレイス!AWS を利用したマイクロサービスアーキテクチャ設計!"
ZOZOTOWN はサービス提供開始から 16 年の月日が流れており、現在マイクロサービスアーキテクチャへのシステムリプレイスを進めています。本発表では、リプレイス戦略に加え、具体的にどの AWS サービスをどのように利用しているのか、特に EKS を中心に据えたマイクロサービスアーキテクチャをどのように設計しているのかについて、設計思想も含めて詳細をお伝えします。


株式会社ZOZOテクノロジーズ
SRE部 リーダー
瀬尾 直利 氏

5 月 11 日 (火) CUS-35

ミッションクリティカルシステム基盤におけるクラウド移行への挑戦

詳細 

"ミッションクリティカルなシステム基盤のクラウド移行・意思決定に悩まれている企業の皆様へのヒントにしていただける内容です!"
DNP の ICT サービスの中核であるミッションクリティカルシステム基盤の(オンプレ環境からの)クラウド移行についての取組み、チャレンジについてご紹介します。DNP の ICT 事業におけるクラウド技術の位置付けから、導入評価のプロセスにおける検討ポイントや課題、決定要素、さらには現時点での取り組み状況までについてお話しします。金融決済等のサービス基盤のクラウド移行の方向性で悩まれている企業の皆さまへのヒントになれば幸いです。


大日本印刷株式会社
情報イノベーション事業部 ICTセンター システムプラットフォーム開発本部 開発第3部 部長
最上 敦 氏

5 月 11 日 (火) CUS-38
初心者でもできた!CloudEndure を利用した PLMシ ステム群の AWS の移行
詳細 

"内作でゼロから初めた AWS 移行で運用コストを 1/5 にしたプロジェクトを事例として紹介します"
クラウドを利用したことのないチームが初めて、オンプレミスからアマゾン ウェブ サービス(AWS)へのサービス移行を行ったときの経験を事例紹介します。AWS 初心者チームが、プロジェクト発足から 4 か月で無事に 26 システムの移行を完了させることが出来た事例で、これから AWS 移行をやってみようと思う人へ参考になればと思います。


日立Astemo株式会社
情報システム統括本部 担当本部長
里山 元章 氏

line

研究開発、製品設計からスマートファクトリーおよびスマート製品に至るまで、AWS は多くのお客様ですでに利用されている多種多様なクラウドソリューションセットによって、最高レベルのセキュリティを維持しながら、製造業を変革することを支援します。研究開発の効率化、設計環境のクラウド化、新しいスマート製品のビジネスチャンスの作成、バリューチェーン全体での運用効率の向上等に、どのように AWS が活用されているかをご紹介します。

5 月 11 日 (火) CUS-38

初心者でもできた!CloudEndure を利用した PLM システム群の AWS の移行

詳細 

"内作でゼロから初めたAWS移行で運用コストを 1/5 にしたプロジェクトを事例として紹介します"
クラウドを利用したことのないチームが初めて、オンプレミスからアマゾン ウェブ サービス(AWS)へのサービス移行を行ったときの経験を事例紹介します。AWS 初心者チームが、プロジェクト発足から4か月で無事に 26 システムの移行を完了させることが出来た事例で、これから AWS 移行をやってみようと思う人へ参考になればと思います。


日立Astemo株式会社
情報システム統括本部 担当本部長
里山 元章 氏

5 月 11 日 (火) CUS-50
ミスミが仕掛ける!製造業の労働生産性改革 meviy(メヴィー)~システム開発加速の鍵は AWS~
詳細 

"徹底した自動化で環境構築が3週間から 3 日へ。システム開発の加速により、製造業の部品調達を革新、労働生産性の向上を実現!"
昨今、日本製造業における労働生産性は下落の一途を辿っています。 今後日本が対峙する未曾有の人手・時間不足の中で如何にして、労働生産性を高め、高い競争力をつけていくかが大きな課題です。meviy(メヴィー)は、設計者がクラウドにアップロードした 3D データから即時見積もり、納期を回答、さらに製造までがデータのみで完結。非効率な作業が大幅に削減され、付加価値の高い時間を創出します。この画期的なサービスの基盤に AWS を採用、サービスを安定運営し、開発を加速することで、更なる利便性の向上を追究しています。


株式会社ミスミグループ本社
常務執行役員 ID企業体社長
吉田 光伸 氏

株式会社ミスミグループ本社
DJ突出戦略グループ チーフディレクター
道廣 隆志 氏

5 月 12 日 (水) CUS-49

IT 子会社による AWS の社内プラットフォーム化と AWS ID ガバナンス

詳細 

"コングロマリッド製造業における AWS アカウントの管理運営までの道のりと、セキュリティガバナンスについて、IT 子会社が果たす役割を考える"
現在、AWS の活用方法など Web 上で容易に情報が得られるようになり、IT 子会社を介さずともこれらの情報にアクセスすれば各組織である程度の活用ができる時代になりました。そんな中、IT 子会社が果たすべき役割は何なのかを考え、何を実現したのかを紹介します。また、活用し易くなった反面、AWS 環境が容易に作成できるため、セキュリティ上の脅威となり得ます。Panasonic の AWS ID のガバナンス活動についても合わせて紹介します。


パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
IDCサービス事業部 プラットフォームサービス部 クラウド・セキュリティチーム チームリーダー
小倉 達也 氏
5 月 12 日 (水) CUS-25
Visual Story: 即日納品可能なソニーのウェディング・イベントフォトグラファー向けサービス
詳細 

"サーバレスで実現するソニーの先進ソリューション"
結婚式当日のオンラインギャラリーを配信できるイベント・ウェディングフォトグラファー向けの新クラウドサービス「Visual Story」。Visual Story では、カメラ・スマートフォン・クラウド・AI を連携させることにより効率的なワークフローを実現しています。本セッションでは、当サービスとともにそのバックエンドを支える AWS のサーバレスアーキテクチャと活用のポイントをご紹介します。


ソニー株式会社
システム・ソフトウェア技術センター ソフトウェア技術第3部門
長谷川 新 氏

自動運転・モビリティ

line

自動車業界が 100 年に一度の転換期と呼ばれてからすでに数年が経過し、CASE(Connected/Autonomous/Shared/Electrification)は次世代の技術ではなく、今現時点の事業課題として認識されています。AWS では早期からこの領域をご支援し、多くのお客様で先進的な技術による事業展開を図っていただいています。デジタルの力による製品そのものへの付加価値向上と、事業構造の変革の事例をご紹介します。

5 月 11 日 (火) CUS-17

高度運転支援向け画像認識のための Machine Learning Production Line

詳細 

"高度運転支援システム開発プラットフォームに Amazon SageMaker を採用、プロセス自動化と運用コスト削減を実現!"
デンソーの高度運転支援システム向け画像認識開発チームは ML エンジニアの生産性向上や機械学習モデルに対する説明性を確保することを目的に、Amazon SageMaker をはじめとする AWS サービスを活用し機械学習開発プロセスを構築しました。本セッションでは、環境構築によって得られた効果と実現方法、および、オンプレからクラウド移行への判断する際のクラウドエコノミクスのメリットについて、実際の事例を元にご紹介します。


株式会社デンソー
AD&ADAS技術1部 第6技術室 先行技術企画課 担当係長
新原 竜馬 氏

5 月 12 日 (水) CUS-36

CASE を見据えた R&D における Connected Data の AWS クラウド活用事例

詳細 

"自動車業界のメガトレンドを AWS で加速させるビッグデータ活用事例をご紹介!"
自動車開発におけるビッグデータ活用事例として車両(コネクディッドカー)から取得できる高頻度かつ多種多様なデータ群を AWS クラウドとリアルタイムに接続させることで自動車エンジニアのデータ解析サイクル(Design and Development)を加速させた事例を実装したAWSの各種サービスを交えて解説し、さらに Amazon SageMaker Studio を用いたデータ分析から CI/CD のプロセスを紹介します。


日産自動車株式会社
データサイエンス部 課長
俵道 大輔 氏

5 月 11 日 (火) AWS-58

5G によって実現するモビリティー革命最前線

詳細 

いよいよ 5G が現実のものになる通信ネットワーク、新旧のプレイヤーが様々な開発に取り組んでいるモビリティー業界、これらの最新の技術動向、業界の取組み、市場の動きなど、各分野のエキスパートによるパネルディスカッションによって、モビリティーの未来像をお伝えします。


株式会社NTTドコモ
ネットワークイノベーション研究所長 執行役員
中村 武宏 氏

日立Astemo株式会社
ソフトウェア事業部 主管技師長
中村 智明 氏
 
名古屋大学
客員准教授
野辺 継男 氏
 
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
事業開発統括本部 事業開発統括本部長
佐藤 有紀子

5 月 12 日 (水) CUS-37
建設現場の遠隔管理をスマートに 〜建設現場のデジタルツインを実現〜
詳細 

"建設現場デジタルツインを実現!AWSを活用し建物 3 次元モデルにモノやヒトの動きをリアルタイム可視化"
鹿島建設では、生産性の向上と働き方改革の実現を目的に「鹿島スマート生産」を推進しており、建設現場の遠隔管理を支援するリアルタイム現場管理システム「3D K-Field」を開発しました。本システムは、建設現場内の人や資機材の位置をIoTで収集し、BIM モデル上にリアルタイムに 3 次元表示します。現場のカメラ映像など管理に必要な諸情報も表示でき、現場事務所や本社・支店からの遠隔管理を支援します。竣工後の建物管理やスマートシティのデジタルツイン基盤での応用も期待される本システムについて、その導入事例を紹介します。


鹿島建設株式会社
建築管理本部 建築技術部 技術企画グループ
天沼 徹太郎 氏

消費財・流通・小売

line

消費財業界向けには、「Make / Move / Market」というコンセプトのもと、消費財業界での業界課題とソリューションについてのご紹介します。また、流通・小売業界向けには 「Born from Retail, Built for Retailers」というメッセージに込められているように、昨今の消費者行動の大きな変化に合わせて、ニューノーマル時代の顧客とのエンゲージメント、デジタル資産であるデータ活用のポイントなどをご紹介します。

5 月 12 日 (水) CUS-27

ニューノーマル時代における化粧品会社の DX 戦略への取り組み

詳細 

"顧客との新たなデジタル接点であるビューティテックへの取り組み方 (DX 戦略) と、レガシー組織からデジタル組織へ変革の道のりについてご紹介します"
コロナ禍で待ったなしに迫られるシステム対応、会社を取りまく環境の変化、新たな社員の働き方についてどういう考え方で、どのように情報システム部門としてアプローチしていったか(しているか)を実例を踏まえてご紹介します。


株式会社コーセー
情報統括部 グループマネージャー
進藤 広輔 氏

5 月 12 日 (水) CUS-42

カゴメが進めるデジタルトランスフォーメーション(DX)の軌跡

詳細 

"DX プロジェクトから得た、いくつもの学び。ワクワクする事やりましょう!"
トップラインの拡大に向けて、トマトの会社から野菜の会社への変革を進めているカゴメにおいて、新しい商売の種になるデジタルサービス、デジタルプロセスを生み出すべく DX を推進しています。データとデジタル技術を活用して、競争上の優位性を確立する為に、何ができるのか?AWS と試行錯誤した事例をお届けします。


カゴメアクシス株式会社
業務改革推進部 DXグループ
村田 智啓 氏

5 月 12 日 (水) CUS-12
業務改革とシステム刷新、その苦労話と今後の展望
詳細 

ビジネス拡大を見据えた業務改革とシステム移行を並走中、基幹業務システムのクラウド移行を本格的に開始しています。ノウハウが足りない中、苦労していることもありますが、何とか立て直しつつクラウド化したことによるメリットも出始めています。今後の事業拡大とグローバル展開を見据え、インフラ観点・アプリ観点でも採用する技術をアップデートしながら、事業を通しお客様の役に立つ組織に変えていきます。


株式会社良品計画
情報システム部長
山崎 裕詞 氏

5 月 12 日 (水) CUS-10
どこから手を付ける?!レガシーシステムだらけな北の大地の生協が AWS に All in したら
詳細 

"ゼロから始めるクラウドジャーニー。生協が歩み出したレガシーからAWS All inへの第一歩とは?旅に出るヒントを公開!"
さて問題です。あなたは長年の増改築と多岐にわたる事業故にレガシーで複雑化したシステムだらけな企業で、ゼロから AWS を使うことになったらどこから何を始めますか?コープさっぽろは昨年から全てのシステムを AWS へ移行する方針を掲げ、多数のエンジニアを採用しました。そんなコープさっぽろでゼロから AWS 設計をした、リアーキテクティングをしたストーリーを同じ悩みを抱えるあなたに贈ります。


生活協同組合コープさっぽろ
デジタル推進本部システム部 インフラチームリーダー
若松 剛志 氏

生活協同組合コープさっぽろ
デジタル推進本部システム部 エンジニア
山﨑 奈緒美 氏

line

お客様の事例セッションとリレートークを通じて、金融機関におけるクラウド活用の最新動向と各社の取組みをご紹介します。金融におけるクラウド活用が広がるなか、クラウドが金融ビジネスのトランフォーメーションにどのようにインパクトをもたらしているのかを明らかにします。銀行、証券、保険、決済の各領域のイノベーションをリードする登壇者の生の声をご紹介します。

5 月 11 日 (火) CUS-47

【リレートーク】デジタルチャネルを活用したユーザーエンゲージメントの最前線

詳細 

"GMOあおぞらネット銀行:銀行APIというデジタルチャネルを武器に描くユーザ体験
ライフネット生命保険:デジタル接点でのユーザエンゲージメント"
社会環境の変化は、オンライン、モバイル、コンタクトセンター、オープン API など顧客チャネルのデジタル化を加速し、いまやチャネルのデジタル化に始まる各社の取組みは、自社の提供価値をいかにデジタルチャネルと結びつけ、顧客とのエンゲージメントを強化するかへフォーカスしています。本セッションではデジタルネイティブな金融サービスによりユニークなポジションを確立した 2 社に登壇頂き、ビジネス戦略とデジタルチャネルをどう結び付けているのか、AWS はどのような役割を果たしているかについてご紹介頂きます。


GMOあおぞらネット銀行株式会社
企画・事業開発グループ CTO
矢上 聡洋 氏

ライフネット生命保険株式会社
取締役 執行役員 営業本部長
木庭 康宏 氏

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
技術統括本部 金融ソリューション本部 シニア ソリューションアーキテクト
松原 武司

5 月 11 日 (火) CUS-46

【リレートーク】データサービスの多様化と、オルタナティブデータ活用の最新動向

詳細 

"オルタナティブデータと呼ばれる各種多様なデータを提供、そして活用する試みについて、東京証券取引所、QUICK、野村アセットマネジメント様よりお話しいただきます"
多くの金融機関が新しい付加価値を生み出すために、データの利活用に取組んでいます。なかでも、クラウドを始めとするテクノロジーの進展により、従来コストや技術の観点で活用が難しかったオルタナティブデータに注目が集まっています。本セッションでは、オルタナティブデータの活用に積極的な取り組みを進める 3 社よりその取組み内容と、その中で AWS が果たす役割についてリレー形式でご紹介。ますます多様化するデータ、配信・流通手段、そして産学連携・業界横断でのデータ活用の取り組みなどについてお話いただきます。


株式会社 東京証券取引所
情報サービス部 マーケットデータサービス企画グループ 課長
保坂 豪 氏

株式会社QUICK
サービスプロダクト本部 副本部長
山内 康弘 氏

野村アセットマネジメント株式会社
資産運用先端技術研究部 デジタル企画グループ シニア・マネージャー
笠島 久司 氏

野村アセットマネジメント株式会社
資産運用先端技術研究部 先端技術研究グループ シニア・データエンジニア
白熊 ルネ 氏

5 月 11 日 (火) CUS-34
【MUFG 事例セッション】金融リスク分析ワークロードのクラウド最適化に向けた MUFG の取り組み
詳細 

金融機関は各種規制対応のために、日々膨大なデータをもとにリスク分析を行っております。こうした分析には大量のコンピューター資源が必要であることと、突発的な規制変更にも対応する必要があることから、これまで大規模なシステム投資を余儀なくされてきました。MUFG では全社的なクラウド推進のなか、こうした変化対応力を求められる領域で積極的にクラウドを採用し、コストの削減や変化対応力の獲得といった点で効果を発揮しています。本セッションでは同領域でのクラウド最適化を実現するまでの取り組みについてお話します。


三菱UFJインフォメーションテクノロジー株式会社
市場決済基盤部 マネージャー
秋山 展盛 氏
line

ヘルスケア・ライフサイエンス (HCLS) 業界全体で、多様なクラウド活用が進んでいます。研究機関、製薬企業、スタートアップ、デジタルネイティブ企業など様々なステークホルダーによる最新動向を、一連のセッションでご紹介します。とりわけ、大規模なヘルスケアデータをスケーラブルかつセキュアに活用することで、創薬研究や医療のデジタルトランスフォーメーションを加速するような事例を中心に、各界の第一人者に概説いただきます。

5 月 12 日 (水) CUS-20

アマゾン ウェブ サービス(AWS)を活用したがんゲノム解析基盤

詳細 

"ゲノム研究・医療の動向、クラウドを活用したゲノム解析の様々な事例や取り組みを紹介!!"
ゲノム情報の分析により個人レベルで最適な治療を選択するプレシジョン・メディシンが本格的に始まりつつあります。こうした状況で、加速度的に蓄積するゲノムデータを効率的に解析・共有するために、クラウドの利用が不可欠になりつつあります。本セッションではまず、ゲノム研究・医療の動向、クラウドを活用したゲノム解析の様々な事例を紹介します。次に、私たちが開発しているクラウド上でのがんゲノム解析パイプライン、AWS に配備されているパブリックゲノムデータを使った知識探索基盤などについて紹介させていただきます。


国立がん研究センター 研究所
ゲノム解析基盤開発分野 分野長
白石 友一 氏

5 月 12 日 (水) CUS-14

第一三共の全社データ分析基盤~データ利活用の促進をめざしてデータレイクを構築~

詳細 

"Transformation を進める第一三共が製薬業界におけるデータ利活用をどのように推進したか事例交えてご紹介します"
第一三共株式会社では、全社的なデータ利活用促進の一環として、AWS 上にデータ分析基盤を構築し、2020 年から運用を開始しています。本セッションでは、第一三共におけるデータ分析基盤構築の目的、利用事例、それらを実現するためのソリューションの概要、製薬業界で求められるコンピュータ化システムのバリデーション (CSV) 対応の考え方、今後のデータ利活用の方向性などについて紹介します。


第一三共株式会社
DX企画部 DX企画グループ長
上野 哲広 氏

5 月 12 日 (水) CUS-08
コロナ禍で急拡大したオンライン診療を支えるMedTech スタートアップ ~MICIN の挑戦~
詳細 
"クラウド活用した医療変革により、いつでも、どこでも、誰でも、質の高い医療を受けられるようになる。そんな世界を目指して"
株式会社MICIN は、医療×テクノロジーの分野で成長を続けるスタートアップ企業です。コロナ禍で急拡大したオンライン診療をはじめ、医療データを AI などで解析・活用するなど、医療における未来の当たり前を作るために日々尽力をしています。
本セッションでは、ビジネス観点からは、医療領域でクラウドサービスを活用したプロダクト展開の事例を紹介。テクノロジー観点からは、医療領域で特に厳しい要件を求められるセキュリティ・コンプライアンス対応を考慮したアーキテクチャや、データ基盤の構築事例などを概説します。

株式会社MICIN
SVP / DM of Telemedicine / Head of Engineering and Design
塩浜 龍志 氏

5 月 12 日 (水) CUS-43
先進デジタルネイティブ企業が支援する、調剤薬局のデジタルトランスフォーメーション (DX)
詳細 

"エムティーアイとサイバーエージェントがグループ会社を通じて参入する、調剤薬局向けクラウドサービスの動向を解説"
新型コロナや法改正の影響を受け、調剤薬局業界では DX が急速に進んでいます。先進的なデジタルネイティブ企業は、自社の強みを活かして患者中心の薬局 DX を支援しています。本セッションでは、エムティーアイが、クラウド電子薬歴「Solamichi」にて AWS App Mesh を導入し、数千の薬局への急激な展開に耐える高可用性をセキュアに実現した事例をご紹介。サイバーエージェント子会社の MG-DX は、オンライン服薬指導「薬急便」のビデオ通話に Amazon Chime SDK を採用した事例をお話しします。


株式会社エムティーアイ
取締役副社長 ライフ・エンターテインメント・スポーツ事業本部長 兼 テクノロジー本部長
泉 博史 氏

株式会社MG-DX
開発本部 CTO
辻 純 氏

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
事業開発統括本部 インダストリー事業開発部長 (公益・ヘルスケア・ライフサイエンス業界)
佐近 康隆

line

メディア・エンターテインメント業界では、様々な領域でクラウド活用が進んでいます。コンテンツ配信とその分析、視聴者とのエンゲージメントを高める施策など、お客様の最新動向をお伝えします。メディア・エンターテイメントを支えるテクノロジーの鍵となるクラウドの最前線をご確認ください。

5 月 11 日 (火) CUS-16
AWS を使った日テレ系ライブ配信の概要
詳細 

"民放初 TVer 上での放送同期配信を実現した日テレ系ライブ配信の概要と、それを実現したフレーム精度の切り替えを実現する CloudPlayout ソリューション "KRONOS" のご紹介"
日本テレビでは日テレ系ライブ配信というサービスを 2020 年 10 月から 12 月にかけて提供しました。これは、地上波放送と同じ時間帯に同じ番組をインターネットで配信するサービスであり、AWS 上に構築したプレイアウトシステム(KRONOS)を軸として実現しました。その取り組み及び結果を KRONOS 開発を行った PLAY 社とともにご紹介します。


日本テレビ放送網株式会社
ICT戦略本部 エンジニアリングディビジョン 担当副部長
松本 学 氏

株式会社PLAY
取締役COO
宮島 大輔 氏
5 月 11 日 (火) CUS-29

『forTUNE meets』Amazon Chime SDK の使用例と開発プロセスについて

詳細 

"エンタテインメント向けシステム開発の独特な開発プロセスとは?"
コロナ禍で半ば強制的に、リアルイベントが、オンラインにシフトすることになりました。決められたイベント期日までに開発期間が十分に設定されていない中で、また、サービス仕様の最終系が見えない中での設計の進め方と出来上がったシステム構成についてご紹介します。


株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
コーポレートビジネスマーケティンググループ
阿部 龍次郎 氏

5 月 11 日 (火) CUS-04
新しい視聴率の作り方 ~ 20,000 台のセンサ × 15,000 倍の処理量 × クラウドマイグレーション~
詳細 

"10% のために 15000 倍の処理をする?オンプレ&メインフレームの老舗企業が、新しい視聴率を作るために取り組んだこと"
リアルタイム、タイムシフト、個人視聴率といった 2020 年 4 月開始の「新しい視聴率」を提供するため、ゼロから始めたクラウドマイグレーション。20,000 台のセンサから届き続ける視聴データを、これまでの 15,000 倍の処理をしつつ視聴率にする仕組みをご紹介。SavingsPlansや RI の全社共有も、Amazon Athena を使った分析によって適正管理を実現しました。メインフレームのクラウド化やAWS Fargateを用いたコンテナ化、ARM アーキテクチャ採用など、今後の取り組みについてもお伝えします。


株式会社ビデオリサーチ
IT/技術推進局 システム開発・運用部 シニアフェロー
豊島 潤一

5 月 11 日 (火) CUS-11

メディアドゥ新プラットフォーム出版 ERP とブロックチェーン基盤のご紹介

詳細 

"メディア企業の持つデジタルコンテンツ活用とその可能性について、新たなプラットフォームを構築した株式会社メディアドゥにお話いただきます"
地殻変動の続くメディア業界において、求められているのはコンテンツ資産を活用した「既存事業のデジタル変革」と「新しいビジネスの構築」です。こうしたメディア業界におけるコンテンツの最大利用を後押しするためメディアドゥでは新たなプラットフォームの構築を目指しています。今回のセッションでは、出版業界で煩雑な売上・印税管理が行える SaaS 型の出版 ERP システムについてと、デジタルコンテンツをアセットとして管理するブロックチェーン基盤について、リレー方式でご紹介します。


株式会社メディアドゥ
CTO
泉 純一郎 氏

株式会社メディアドゥ
IPマーケティング企画室 エンジニアリングチーム Fellow
沓名 雅司 氏

line

生活スタイルや働き方が変革期を迎える中、テクノロジーを活用した新しい取り組みに注目が集まっています。生活者の視点でサービスを提供することが求められている業界で、デジタル変革に向けた取り組みが、業界を横断し広がり始めています。クラウドを活用し、よりスピーディに、さらなる顧客サービス向上にむけた取り組み事例をご紹介します。

5 月 12 日 (水) CUS-28

DevOps チーム構築のための AWS サーバーレス起点の技術ガイドライン策定

詳細 

"グローバル視点での開発効率化を目指し、サーバーレスを中心としたガイドラインを作成"
これまで IT システムの開発に伴うセキュリティ対応や開発ノウハウの共有は開発現場だけの局地的な対応でやりくりしてきましたが、国内外のニアショア、オフショアを含めた開発をより効率化するために、全社標準化の策定を実施。既存システムへの適用ではなく、未来への投資ということでサーバレスアーキテクチャを核にセキュリティを重視した形で、計画、開発、運用の観点で AWS の Professional Service を活用して取り組みました。その検討に至った背景や導入に向けた活動、今後の展開についてご紹介します。


トランスコスモス株式会社
サービス推進総括デジタルテクノロジー推進本部 執行役員
山根 径 氏

5 月 12 日 (水) CUS-37

建設現場の遠隔管理をスマートに
〜建設現場のデジタルツインを実現〜

詳細 

"建設現場デジタルツインを実現!AWS を活用し建物3次元モデルにモノやヒトの動きをリアルタイム可視化"
鹿島建設では、生産性の向上と働き方改革の実現を目的に「鹿島スマート生産」を推進しており、建設現場の遠隔管理を支援するリアルタイム現場管理システム「3D K-Field」を開発しました。本システムは、建設現場内の人や資機材の位置をIoTで収集し、BIM モデル上にリアルタイムに 3 次元表示します。現場のカメラ映像など管理に必要な諸情報も表示でき、現場事務所や本社・支店からの遠隔管理を支援します。竣工後の建物管理やスマートシティのデジタルツイン基盤での応用も期待される本システムについて、その導入事例を紹介します。


鹿島建設株式会社
建築管理本部 建築技術部 技術企画グループ
天沼 徹太郎 氏

5 月 12 日 (水) CUS-30
JAL におけるアプリ観点からのクラウド活用の進化
詳細 

"ハイブリッドクラウドでどのように AWS を活用しているか。アプリ開発における AWS 活用 3 ステップ!実例を交えてご紹介します"
弊社におけるクラウドの活用は、既存基盤の老朽化や、サーバ構築までの時間短縮、設定作業の自動化等のシステム基盤観点から始まりました。一方、アプリ開発の観点では、クラウド活用は当初「サーバの設置場所が外部施設へ移るだけ」という以外に特段意識していませんでした。その後、クラウドの全容を知るにつれ、アプリの作り方により、スピードのみならず、コストや安定性、DR 対応など、様々なメリットが得られることに気付きます。弊社におけるアプリ観点からのクラウド活用の段階的な進化について、現状を共有させて頂きます。


日本航空株式会社
IT企画本部 IT推進企画部 部長
高屋 出 氏

5 月 11 日 (火) CUS-23
急拡大するシェアサイクルサービスの概要 〜MaaS実現に向けた AWS 活用〜
詳細 

"新たな移動手段として注目を浴びているシェアサイクルサービスへの AWS 活用と今後の MaaS を見据えた展望について語ります"
近年、新たな移動手段として注目を浴びているシェアサイクルサービス。既存の交通機関を補完する手段として、通勤や観光など様々なシーン・エリアで利用が拡大してきています。本公演では、急拡大するシェアサイクルサービスの概要とシステムについて、ドコモ・バイクシェア社の取り組みおよび、今後の MaaS(Mobility as a Service)を見据えた展望について語ります。


株式会社 ドコモ・バイクシェア
代表取締役
堀 清敬 氏

line

スマートフォン、ブロードバンドの普及は人々のコミュニケーションやつながり方を劇的に変えています。日本では、5G の商用サービスが始まり、デジタル基盤を担う重要な社会インフラとして注目が集まっています。通信業界における AWS の活用事例についてご紹介します。

5 月 11 日 (火) CUS-06

ドコモ CCoE のコスト最適化の取り組みについて

詳細 

"900 以上の AWS アカウントを使っているドコモがどのように運用し、コスト最適化を図っているのかのノウハウをご紹介致します"
NTTドコモでは長年 AWS 上で多くのシステムを構築・運用をしています。我々のクラウドCoE(Center of Excellence)チームでは、社内のクラウド導入を促進するべくアカウント管理やコスト管理に始まり、クラウド上でのセキュリティや開発のガイドライン、自動アセスメントツールやコスト可視化ツールの提供など様々な取り組みを行っております。本セッションでは、その中でもコスト最適化についてご紹介させて頂きます。


株式会社NTTドコモ
イノベーション統括部 担当課長
住谷 哲夫 氏

株式会社NTTドコモ
イノベーション統括部 担当
奥田 絢香 氏

5 月 11 日 (火) AWS-58

5G によって実現するモビリティー革命最前線

詳細 

いよいよ 5G が現実のものになる通信ネットワーク、新旧のプレイヤーが様々な開発に取り組んでいるモビリティー業界、これらの最新の技術動向、業界の取組み、市場の動きなど、各分野のエキスパートによるパネルディスカッションによって、モビリティーの未来像をお伝えします。


株式会社NTTドコモ
ネットワークイノベーション研究所長 執行役員
中村 武宏 氏

日立Astemo株式会社
ソフトウェア事業部 主管技師長
中村 智明 氏

名古屋大学
客員准教授
野辺 継男 氏
 
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
事業開発統括本部 事業開発統括本部長
佐藤 有紀子

5 月 11 日 (火) AWS-16

AWS を顧客が必要とする場所に延伸する:AWS が提案する新しいハイブリッドの形(Amazon Outposts、AWS Local Zones、AWS Wavelength)

詳細 

企業は、コスト削減、機敏性の向上、イノベーションの迅速化を目的に、急速なペースで AWS クラウドを採用しています。ほとんどのワークロードは容易にクラウドに移行できますが、一部のワークロードは低レイテンシー、ローカルでのデータ処理、データ保管に関する規制などの理由で、オンプレミスに留まっています。一方でお客様は、クラウドからオンプレミス、エッジノードまで、すべての環境で同じインフラストラクチャ、サービス API、ツールを使用してワークロードを実行したいと考えています。このセッションでは、オンプレミスの拠点から大規模なメトロセンター、5G ネットワークまで、お客様が必要とするほぼすべての場所に AWS を拡張することで、AWS がどのように新たな形でハイブリッド環境を提供するかを知ることができます。


アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
技術統括本部 レディネスソリューション本部 ソリューションアーキテクト
松尾 康博
 
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
コンピュート事業本部 シニアソリューションアーキテクト
鄭 昌浩
line

エネルギーシステム改革の進展により、電力・ガス業界では市場競争が激化しています。そのような背景から、データを有効活用して、オムニチャネルで顧客体験価値を向上していくことが求められています。クラウドを活用したデジタル変革の取り組み事例をご紹介します。

5 月 12 日 (水) CUS-05

TEPCO が挑戦した AI × オムニチャネルコンタクトセンター - Amazon Connect 活用

詳細 

"月間 100 万件のお問い合わせを対応するコールセンターの抜本的な業務変革の取り組みをご紹介します"
東京電力グループで小売電気事業・ガス小売事業を担う東京電力エナジーパートナーでは、コールセンターで月間 100 万件におよぶお問い合わせを受け付けています。私たちは、抜本的な業務変革によるコールセンターのコスト削減と CX 向上を目指し、レガシーシステムからの脱却、オムニチャネル化、そして Amazon Connect のオープンな拡張機能を活用した AI との連携に挑戦しました。大規模かつ複雑なコールセンターの変革にはいろいろなハードルがありましたが、どのように乗り越えていったのかご紹介します。


東京電力エナジーパートナー株式会社
DX推進室 課長
今野 拓也 氏

東京電力エナジーパートナー株式会社
DX推進室 メンバー
飯塚 孝高 氏

5 月 11 日 (火) CUS-54

Amazon の気候変動に対する取り組み ~「カーボンゼロ」スタジアム Climate Pledge Arena のご紹介とともに

詳細 

気候変動に対する Amazon の取り組みについて、現在建設中のスタジアム Climate Pledge Arena のメイキングビデオ映像を交えてお届けいたします。 Amazon は再生可能エネルギーの使用の促進、パリ協定目標の 10 年前倒し達成など炭素排出量ゼロを目指し様々なコミットメントを掲げています。この活動のシンボルとも言えるのが、カーボンゼロを目標に進められる Climate Pledge Arena スタジアムの建設です。 最先端テクノロジーを駆使して、持続可能な未来を目指す Amazon の活動の数々をご覧ください。


アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
事業開発統括本部 統括本部長
佐藤 有紀子
5 月 11 日 (火) AWS-08

AWS の分析マネージドサービスでデータ活用を加速しよう!

詳細 

オープンソースソフトウェア(OSS) を分析に利用する多くのお客様は、データを分析して価値を見出すために利用すべき時間と労力を運用に使っています。AWS のマネージドサービスを使うと運用の手間を省き、より多くの時間と労力をデータ分析に活用できるようになります。本セッションでは、データ分析ワークロードにおける典型的な OSS 運用の課題を解決するマネージドサービスの魅力と活用事例についてご紹介します。


アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
技術統括本部 レディネスソリューション本部 ソリューションアーキテクト, アナリティクス
川村 誠
line

BtoB、BtoC 向けのプラットフォームやソフトウェア・インターネットサービスなどのビジネスの基盤として、AWS クラウドは多くの企業に活用いただいています。変化の激しいこの業界では、クラウドをいかに使いこなすかが重要なテーマとなっています。デジタルテクノロジーを活用した新しいビジネスモデルの成功を見据えたとき、どのようにクラウドサービスを活用すべきなのか、最新のテクノロジーを採用するポイントをご紹介します。

5 月 11 日 (火) CUS-15

ヤフーのマーケティング事業を支える分析環境の構築と発展

詳細 

"PB (ペタバイト) クラスのデータを取り扱うデータレイクを AWS に構築、数百人が利用する分析基盤に至るまで"
ヤフー マーケティング事業における分析環境の構築、及びこれからの分析環境についてお話しします。30 人以上の分析官が利用するオンプレミス分析環境における既存の課題と AWS への移行、AWS に合わせた業務の再構築、データマネジメント、オンプレミス環境との共存などの課題をいかに解決してきたか、これからの事業拡大を分析基盤という側面でどう支えていくか、などをお話いたします。


ヤフー 株式会社
マーケティングソリューションズ統括本部 テクノロジーサービス本部 データインテリジェンス部 リーダー
荒川 元秀 氏

5 月 11 日 (火) CUS-24

楽天の大規模 AWS ネットワークインフラの運用方法

詳細 

"ネットワークエンジニア視点で大規模ハイブリッド環境で Transit Gateway を導入したノウハウをご紹介します"
楽天グループ株式会社は AWS Summit 2020 で発表した、ビジネス中核となる決済システムを含め、様々な事業体でAWSを活用しています。2020 年末、更なる拡張性と可用性を目指し、AWS Transit Gateway の導入、ならびに VGW からの接続移行を成功させました。本セッションでは、AWS Transit Gateway に関する設計思想や移行手順、またオンプレネットワーク側の一部定型業務の自動化事例をご紹介いたします。


楽天グループ株式会社
グローバルテクノロジー統括部 Vice Group Manager
藤井 博貴 氏

5 月 12 日 (水) CUS-48
急成長の Social Live 事業「Pococha」の課題と Amazon IVS の活用
詳細 

"急成長の Social Live 事業で必要な高い安定性や安定した低遅延を実現した Social Live アプリ「Pococha」による Amazon IVS 活用事例"
ソーシャルライブサービスはリアルタイムに双方向コミュニケーションするため、一般的なアプリよりも高い安定性を要求されます。また、ユーザーによってネットワークコンディションが異なるため、安定した低遅延を提供することが難しいです。ソーシャルライブアプリ「Pococha」は巣篭りの影響もあり急成長を遂げましたが、急増するユーザーのアクセスに対し上記課題の解決が必要でした。本セッションでは、Pococha がこれらの課題への解決策として Amazon IVS の導入を行った事例についてご紹介します。


株式会社ディー・エヌ・エー
執行役員 ライブストリーミング事業本部長
住吉 政一郎 氏

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
技術統括本部 ゲームエンターテイメントソリューション部 ソリューション アーキテクト
岩井 泰児

5 月 12 日 (水) CUS-33
金融機関・事業会社向けマネーフォワード Fintech プラットフォームとそれらを支えるセキュアなデータ基盤
詳細 

"Fintech をリードする Money Forward が紹介する、セキュアなデータ活用の取組みとそれを支える技術"
マネーフォワードは、toC の家計簿サービスや toB のバックオフィス SaaS の提供に加え、金融機関・事業会社様向けにアカウントアグリゲーション、アナリティクス、各種フロントサービスを統合した「マネーフォワード Fintech プラットフォーム」を提供しております。本セッションでは、プラットフォームの概要、今後の展開などをお話しするほか、プラットフォームを支えるデータ基盤のインフラ環境の構築や、様々なデータの統合・活用を AWS を通じて、どのように行っているかをご紹介いたします。


株式会社マネーフォワード
マネーフォワードエックスカンパニー
カンパニー執行役員
亥子友基 氏

株式会社マネーフォワード
関西開発本部
本部長
村上 勝俊 氏

line

多くの利用実績を誇る AWS のゲーム業界における活用方法や事例を交えたセッションをご用意しました。ゲームの世界では、加速度的にクラウド活用が進んでいます。ゲームサーバー構築やデータ分析をはじめ、ゲーム開発の俊敏性やコスト削減に取り組んだ事例まで、AWS がどのようにゲームに進化をもたらしているかご紹介します。

5 月 12 日 (水) CUS-19

#ゲームでは離れないでいよう -カプコンが Amazon SageMaker で離脱予測をしてみた-

詳細 

"大人気モンスターハンターライダーズ における SageMaker 活用術を大公開! カプコンにおける課題解決と今後の展望をご紹介"
どのようなサービスでもユーザー満足度を向上させ、ユーザー数増加させることはとても重要です。しかし、いくら新規ユーザーが増えてもすぐに離脱してしまっては全体的なユーザー数の増加にはつながりません。そこでカプコンは Amazon SageMaker を使用してユーザーの離脱予測を行いました。前処理、システム構築、学習方法など、ユーザーの離脱予測に使用した技術とその活用方法について説明します。


株式会社カプコン
CS第二開発統括 システム基盤部 ネットワーク基盤室
中村 一樹 氏

5 月 12 日 (水) CUS-22

AWS Direct Connect を活用したハイブリッドネットワークを構築して開発環境を整える

詳細 

"昨年対戦ニンジャガムアクションゲーム『ニンジャラ』をリリース、そのリモートゲーム開発を支えたAWS活用ノウハウを今回ちょっぴり教えて頂きます"
弊社では、データーセンターをクロージングする前から、AWS を様々な場面で活用してきましたが、その中でも社内サーバーとゲーム開発環境を如何にして最適するか考え、実現してきました。今回、その一部ですが、昨今のリモート開発事例を踏まえながら少しだけお話いたします。


ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
CTO
菊池 貴則 氏

5 月 12 日 (水) CUS-45
遊戯王ニューロンにおける Amazon SageMaker の活用 大規模画像データの MLOps 基盤構築
詳細 

昨年 6 月にリリースされた遊戯王オフィシャルカードゲーム公式アプリケーション「遊戯王ニューロン」のカメラ検索機能では、物体検出・画像分類モデルを利用したカード画像認識処理を実現しています。約 10000 種類のカード分類のための学習モデルの生成や、大量の学習データの生成・精度評価等の処理のパイプライン化に Amazon MWAA と Amazon SageMaker を活用しました。課題に対するアプローチや実例・Tips と、AI/ML@Tokyo #7 での発表にアップデートを加えた内容を紹介いたします。


株式会社コナミデジタルエンタテインメント
制作支援本部 技術開発部 プログラマー
田中 秀和 氏

5 月 12 日 (水) CUS-48
急成長の Social Live 事業「Pococha」の課題と Amazon IVS の活用
詳細 

"急成長の Social Live 事業で必要な高い安定性や安定した低遅延を実現した Social Live アプリ「Pococha」による Amazon IVS 活用事例"
ソーシャルライブサービスはリアルタイムに双方向コミュニケーションするため、一般的なアプリよりも高い安定性を要求されます。また、ユーザーによってネットワークコンディションが異なるため、安定した低遅延を提供することが難しいです。ソーシャルライブアプリ「Pococha」は巣篭りの影響もあり急成長を遂げましたが、急増するユーザーのアクセスに対し上記課題の解決が必要でした。本セッションでは、Pococha がこれらの課題への解決策として Amazon IVS の導入を行った事例についてご紹介します。


株式会社ディー・エヌ・エー
執行役員 ネットサービス事業本部 副本部長
住吉 政一郎 氏

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
技術本部 アソシエイト ソリューション アーキテクト
岩井 泰児